しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネスで「門番のように」呼吸を観察する。「マインドフルネス 気づきの瞑想」その11

f:id:englishforhappiness:20180127082315p:plain

マインドフルネスの基本である「呼吸に気づく・観察する」やり方を解説した本に、
良く出てくるのが「門番のように」という表現です。その意味と注意点を、「マインド
フルネスのバイブル」とも呼ばれているロングセラー「マインドフルネス 気づきの
瞑想 」より、バイリンガルでご紹介します。

 

A gatekeeper does not take into account any detail of the people entering a house.
All he does is notice people entering the house and leaving the house through the gate.
Similarly, when you concentrate you should not take into account any detail of your
experience. Simply notice the feeling of your inhaling and exhaling breath as it goes
in and out right at the rims of your nostrils.

門番は、門を通って中に入ってくる人たちの細かいところまであまり見ません。人が
門を出入りするところだけを見ています。この門番のように、私たちが心を統一
しようとするとき、瞑想で経験するものの細かいところまでは気にしないでください。
ただ、吸うたび吐くたびに鼻孔に触れる感覚のみに気づくのです。

 

As you continue your practice, your mind and body become so light that you may feel
as if you are floating in the air or on water. You may even feel that your body is springing
up into the sky.

実践を続けるうちに、心と身体は非常に軽くなり、空中に浮いているような、水面に
浮かんでいるような感覚がするかもしれません。あるいは身体が空に飛び上がるような
感覚がするかもしれません。

 

When the grossness of your in-and-out breathing has ceased, subtle in-and-out
breathing arises. This very subtle breath is your mind’s object of focus. This is the sign of
concentration. This first appearance of a sign-object will be replaced by a more and more
subtle sign-object.

荒々しい「吸う・吐く」の呼吸がやんだとき、呼吸は微細になるのです。この微細な
呼吸を、心の集中対象にしてください。微細な呼吸を感じることが、心が集中している
兆候なのです。この感覚は、さらに微細な感覚へ、またさらに微細な感覚へと、少し
ずつ変わっていくでしょう。

 

This subtlety of the sign can be compared to the sound of a bell. When a bell is struck
with a big iron rod, you hear a gross sound at first. As the sound fades away, the sound
becomes very subtle. Similarly, the in-and-out breath appears at first as a gross sign.
As you keep paying bare attention to it, this sign becomes very subtle.

呼吸の感覚は、鐘の音になぞらえることができます。大きな鉄の棒で鐘を打ったとき、
最初は大きな音が鳴り響きます。その大きな音は徐々に消え、小さくなっていきます。
これと同様に、瞑想を始めたときは荒々しい呼吸を感じるでしょう。しかし、その
荒々しさに注意深く気づくにつれ、呼吸の感覚は非常にきめ細やかになっていきます。

 

But the consciousness remains totally focused in the rims of the nostrils. Other
meditation objects become clearer and clearer, as the sign develops. But the breath
becomes subtler and subtler as the sign develops. Because of this subtlety, you may not
notice the presence of your breath.

と言いましても、心は鼻孔の縁にしっかり留まったままです。感覚が育つにつれ、呼吸
以外の瞑想対象はだんだん明らかになってきますが、呼吸のほうはだんだん微細に
なっていきます。あまりにも微細になりますから、呼吸をしているという感覚に
気づかなくなるかもしれません。

 

Don’t get disappointed thinking that you lost your breath or that nothing is happening
to your meditation practice. Don’t worry. Be mindful and determined to bring your feeling
of breath back to the rims of your nostrils. This is the time you should practice more
vigorously, balancing your energy, faith, mindfulness, concentration, and wisdom.

こうなったとき、呼吸がなくなったとか、瞑想で何も得られなかったと気を落とさない
ようにしてください。心配しないでください。細心の注意を払い、努力して、鼻孔の
縁に触れる感覚に気づくようにするのです。このときこそ、精進。信・気づき・集中・
智慧のバランスをとって実践を続けるときなのです。

 

Mindfulness in Plain English

Mindfulness in Plain English

 

  

 

マインドフルネス

マインドフルネス

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約