しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 宗教を越えて」その4。心のあり方が、あなたの幸福を左右する。

f:id:englishforhappiness:20180624070329p:plain

お金があって、健康で、友達もいる。それでも、なお、本当に幸せかどうか
わからない、という場合があると言います。お金も、健康も、友達も、いつ無くして
しまうかわからない。不安がある限り、本当に幸せとは言えない。――ある意味、
贅沢な悩みとも言えますが、現状に満足できず、いつまでも消えない幸福を追い求めて
しまうのは、人間として、しかたのないことかもしれません。ダライ・ラマは、この
問題に対して、宗教の指導者という立場からではなく、すべての人の幸せを願う
心から、ひとつの明確な答えを導き出しています。バイリンガルで、どうぞ。

 

The role of our minds in determining our happiness can be easily illustrated. Imagine
two people diagnosed with the same terminal illness, say an advanced form of
untreatable cancer.

私たちの幸福を左右するのは、心のあり方なのです。それについてはごく簡単に説明
できます。同じ不治の病に、たとえば治療の施しようのない末期ガンにかかっていると
診断された二人の患者がいるとしましょう。

 

One of them responds to this news with anger and self-pity, obsessively focusing on the
unfairness of the situation, while the other responds with calm acceptance. In both cases
the material condition, in terms of physical health and suffering, is the same. But the first
person incurs additional psychological and emotional pain, while the person with a calm
mind is better equipped to carry on with life and continue to experience the things that
bring joy――family perhaps, or dedication to certain causes, or reading. The only
difference between the two is in their state of mind.

ひとりはこの事実を知らされて、人生はなんと不公平なことかと憤り、自己憐憫
浸ります。もうひとりは、平静にその事実を受け止めます。肉体の状態は同じ、苦しみ
は同じであっても、前者は病だけでなく心や感情面での苦しみも背負いこみますが、
後者は平静な心をもって事態を受け止めることができます。両者の物理的状況は、病気
と苦しみをかかえているという点では同じですが、前者はさらに心理的、感情的苦痛
まで背負いこんでいます。逆に、平静な心をもって病を受け止めた人は、喜びを
もたらせしてくれるもの(家族や読書やある種の目標に夢中になるなど)を楽しみ
ながら、人生を生き抜くことができます。両者の違いはただ心の状態にあるだけ
なのです。

 

With inner resilience it is possible, even in extremely aggravating circumstances,
to maintain a degree of happiness. And yet, without this inner strength, no amount of
sensual gratification can ever make us happy.

心の中にしなやかな力があれば、きわめて劣悪な環境でも一定の幸福を維持することが
できます。しかしこの内なる力を欠いていると、いかに五感の喜びがあろうと、
そこから幸せが得られることはないのです。

 

But if peace of mind is our first defense against hardship and suffering, there are also
other crucial factors which greatly contribute to our level of genuine happiness and joy.
Recent scientific research suggests that chief among these are a sense of purpose
which transcends narrow self-interest and a feeling of being connected with others or
of belonging to a community. The root of both of these, I believe, is compassion or
warm-heartedness.

苦難への最初の防御壁となってくれるのが心の安らぎならば、真の幸福や喜びに
役立ってくれるはずの大切な要素もあるはずです。近年の科学的な調査によると、
ひとつは狭量な利己心を乗り越えた目的感であり、もうひとつは他者とつながっている
という感覚、あるいは共同体(コミュニティ)への帰属感覚です。そしてその二つの
おおもととなっているのが、慈愛と思いやりの心なのです。

  

 

Beyond Religion: Ethics for a Whole World

Beyond Religion: Ethics for a Whole World

 

  

ダライ・ラマ宗教を超えて

ダライ・ラマ宗教を超えて

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約