しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 思いやること」その10。誰かの優しさがなければ、生きていけない。

f:id:englishforhappiness:20180803062338j:plain

「タフでなければ生きていけない、優しさがなければ生きている資格がない」という
有名なセリフがありますが、あなたの優しさは、あなた自身のためだけでなく、周りの
誰かにとっても大切なもの。人と人との関係において、優しさは、欠かせないものだと
言うのです。お互いを優しく思いやることが、なぜ大切なのか、ダライ・ラマ
解説を、バイリンガルでお届けします。

 

We are all born helpless. Without a parent’s kindness we could not survive, much less
prosper. When children grow up in constant fear, with no one to rely on, they suffer their
whole lives. Because the minds of small children are very delicate, their need for
kindness is particularly obvious, but adults need kindness, too.

私たちはみな、無力な赤ん坊として生まれてきます。親の優しさがなければ、成長する
どころか生き延びることもできません。頼れる人がおらず、絶えず不安を感じて育った
子どもたちは、生涯苦しむことになります。幼い子どもの心はとても傷つきやすい
ので、明らかに優しさを必要としています。しかし、大人も優しさを必要として
いるのです。

 

If someone greets me with a nice smile, and expresses a genuinely friendly attitude,
I appreciate it very much. Though I might not know that person, or even understand their
language, my heart is instantly gladdened. On the other hand, if kindnmess is lacking,
even in someone from my own culture whom I have known for many years, I feel it.
Kindness and love, a real sense of sisterhood and brotherhood, these are very precious.
They make community possible, and therefore are an essential part of any society.

誰かが優しい笑顔であいさつをし、心から友好的な態度を示してくれたら、私はとても
ありがたく感じます。知らない人だったり、言葉さえ通じない人かもしれませんが、
心はたちまち喜びで満たされます。反対に、同じ文化を持つ長年の知り合いだったと
しても、優しさに欠けていれば気づきます。優しさと愛情、真の意味での兄弟愛、
これらは非常に尊いものです。こうしたものがあってはじめてコミュニティが成り立つ
わけですから、あらゆる社会の根幹をなすものだといえます。

 

As small children, we depend on the kindness of our parents. In old age, again we
depend on the kindness of others. Between childhood and old age we falsely believe
we are independent, but this is not so.

幼い頃はみんな、親のやさしさに依存しています。そして年をとると再び、ほかの
人たちの優しさに依存するようになります。子ども時代と老後以外の期間は、「自分は
自立している」と勘違いしていますが、実際はそうではありません。

 

Human society exists because it is impossible to live in complete isolation. We are
interdependent by nature, and since we must live together, we should do so with
a positive attitude of concern for one another. The aim of society must be the
compassionate betterment of all from one lifetime to the next――not just humans,
but all beings living on this planet.

人間社会が存在するのは、誰も一人で生きていくことはできないからです。互いに
支え合うのが人間の本質ですし、共に暮らさなくてはならない以上、お互いを思いやる
ポジティブな姿勢で暮らしたいものです。社会の目標は、あらゆるすべてを、世代を
追うごとに思いやりを持って向上させていくことにほかなりません。これは人間だけ
ではなく、地球で暮らす命を持つものすべてのことです。

 

When you gain more appreciation both for the kindness intentionally bestowed on you
by others and for the unintended kindness reflected in the goods and services you
depend on daily, you will contribute to a healthier society. Without appreciation of
kindness, society breaks down.

ほかの人が直接示してくれた優しさにも、日々利用している商品やサービスに無意識に
込められた優しさにも、もっと感謝の念を持ちましょう。そうすれば、さらに健全な
社会に貢献できるでしょう。優しさへの感謝がなければ、社会は崩壊してしまいます。

 

いかがでしたか?ちなみに、冒頭で引用した「タフでなければ生きていけない、優しさ
がなければ生きている資格がない」は、レイモンド・チャンドラーのハードボイルド
小説『プレイバック』の中のセリフで、原文は以下の通りです。

 

If I wasn’t hard, I woudn’t be alive. If I couldn’t ever be gentle, I woudn’t deserve to be
alive.

 

How To Be Compassionate: A Handbook for Creating Inner Peace and a Happier World

How To Be Compassionate: A Handbook for Creating Inner Peace and a Happier World

 

 

 

思いやること こころを育てるための小さなコツ

思いやること こころを育てるための小さなコツ

 

 

 

How to Be Compassionate: A Handbook for Creating Inner Peace and a Happier World

How to Be Compassionate: A Handbook for Creating Inner Peace and a Happier World

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約