しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

ハーバード超人気講座「HAPPIER」その12。他人を幸せにすることが、結局、自分自身を幸せにする? Harvard University’s most popular course “HAPPIER” No.12――Does making others happy eventually make oneself happy?

 

f:id:englishforhappiness:20181216082950j:plain

「情けは他人(ひと)のためならず(実は自分のため)」ということわざがありますが、
私たちは、他人を助ければ助けるほど、幸せになると言います。ただし、それには一つ
条件がある――解説をバイリンガルでお届けします。

As the saying goes, “Compassion is not only for others but for oneself,” the more we help
others, the happier we become: on one condition――more to come both in English and
in Japanese.

 

 

ほかの人たちの幸せに貢献することで、私たちは充実感と喜びを受け取ります。
したがって、ほかの人たちを助けることは、明らかに、私たちの幸せに貢献します。
ただし、ほかの人たちを助けることは、自分の幸せよりも、ほかの人たちの幸せを優先
することではありません。ここが重要なところです。

Contributing to other people’s happiness provides us with meaning and pleasure, which
is why helping others is one of the essential components of a happy life. Of course it is
important to keep in mind the distinction between helping others and living for others
happiness.

 

 

自分の幸せを追求していないとき、私たちは真の自分を押さえつけています。そして
それは、ほかの人たちを助けようとする意欲を私たちにけっしてもたらさないはず
です。不幸せな人間は、けっして心からは他人を思いやれません。そして、他人を
思いやれないという自覚が、その人間をますます不幸せにすることになります。

If we do not make the pursuit of our own happiness a priority, we are hurting ourselves
and, by extension, our inclination to help others. An unhappy person is less likely to be
benevolent――and that leads to further unhappiness.

 

 

肯定心理学の先駆者の一人、バーバラ・フレドリクソンは、彼女自身の研究を通じて、
「幸せには心を広げる働きがある」という事実を突き止めるに至りました。「私たちは
幸せなとき、内側に向いた、狭い、自己中心的な視野を超えて、その先にある、ほかの
人たちがほしがっているもの、必要としているものを、より良く見ることができる」と
彼女は言います。

Research by Barbara Fredrickson suggests that positive emotions broaden the scope of
our attention. When we’re happy, then, we are more likely to see beyond our narrow,
inward-looking, and self-centered perspective and focus on others’ needs and wants.

 

 

私たちは、自分に意義と喜びを感じさせてくれるうえに、ほかの人たちを助けることに
なる活動に従事することで、自分の幸せをもっとも強化します。

We often enhance our happiness to the greatest extent when we pursue activities that
provide us with meaning and pleasure and that help others.

 

 

何かを行なうことに決めるとき、私たちは、これは自分を本当に幸せにするのだろうか
と自問すべきです。この自問に対して、私たちの内なる声が「イエス」と答えてきたと
したら、その活動はまず間違いなく、ほかの人たちの幸せを損ないうる種類のものでは
ありません。私たちの誰もが、少なくとも心の奥では、「ほかの人たちを不幸せにする
ことは、自分を不幸せにすることでもある」ということをよく知っているからです。

When making choices, we first need to ask ourselves what would make us happy
independent of how much it might contribute to the happiness of others. We must then
ask ourselves whether what we want to do would deprive others of their ability to pursue
their own happiness――because if it would, we would be undermining our happiness.

 

 

私たちが意識していようといまいと、私たちには、慈悲の心と正義感が生まれながらに
して備わっています。そのために、人を傷つけると、私たちはその代償を、究極の通貨
(幸せ)で、いやでも支払わなくてはなりません。私たちはそのようにできているの
です。

Our empathic inclinations, our inner sense of justice, inevitably lead us to pay the price in
the ultimate currency when we hurt people.

 

 

幸せは、自己の利益を他者の利益のために放棄することによってもたらされるものなど
ではありません。幸せとは、そのために必要なさまざまな要素を、日々の活動のなかに
バランスよく取り入れることによって、もたらされるものなのです。

Happiness is not about sacrifice, about a trade-off between present and future benefit,
between meaning and pleasure, between helping ourselves and helping others. It is
about synthesis, about creating a life in which all of the elements essential to happiness
are in harmony.

 

 

Happier: Can You Learn to Be Happy?

Happier: Can You Learn to Be Happy?

 

  

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

 

  

Happier: Learn the Secrets to Daily Joy and Lasting Fulfillment

Happier: Learn the Secrets to Daily Joy and Lasting Fulfillment

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約