しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマの仏教入門」その1。ブッダのすべての教えの根本にあるものとは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.1――What is the root of all of the Buddhist teaching?

f:id:englishforhappiness:20190411065358j:plain

人生の大問題に答えながら、仏教の基本的な世界観を表した「ダライ・ラマの仏教
入門」。正直言って、入門者にとってはかなり難解で、仏教の基本的な知識を知った後
で読んだほうがいいかもしれません。ただし、仏教の専門用語が豊富に登場するので、
英語を通して仏教を学ぶことに役立つと思います。まずは、仏教の基盤である
「慈悲(思いやり)」について――バイリンガルで、どうぞ。

In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama presents the basic world view of Buddhism
while answering some of life’s most profound and challenging questions. Honestly
saying, this book is rather difficult for beginners to understand. So, it might be better to
read it after having the basic knowledge of Buddhism. However, it will help you learn
Buddhism through English, because it contains an abundant technical terms of Buddhist
teachings. First, I bring to you, both in English and in Japanese, the commentary of
“compassion” that is the foundation of Buddhism.

 

 

 

 

Money has its uses, but it is limited. Among worldly powers and possessions, there are,
doubtless, good things, but they are limited. However, from a Buddhist viewpoint, mental
development will go from life to life, because the nature of mind is such that if certain
mental qualities are developed on a sound basis, they always remain and, not only that,
can increase. In fact, once properly developed, good qualities of mind eventually
increase infinitely. Therefore spiritual practice brings both happiness in the long-term and
more inner strength day by day.

お金は有用ですが、有限です。次の人生まで持って行くことはできません。世俗的な
権力や財産のなかにも、確かに良いものがありますが、これも有限です。一方、仏教の
視点から言えば、心の発達は今生から来世へと存続していきます。心の性質は死を
超えて存続するものですから、もしある種の心の性質が堅い基盤の上に発達する
ならば、それはつねに存続し、そればかりか増大させることができます。実際、
いったん正しく心が開発されたならば、心の持っている良い性質はついには無限に増大
していくのです。それゆえ精神の修養は、未来永劫にわたる幸福と、日々増大し
つづける内なる力の両方をもたらしてくれるのです。

 

 

Meditation is needed in developing mental qualities. The mind is definitely something
that can be transformed, and meditation is a mean to transform it. Meditation is the
activity of familiarizing your mind, making it acquainted, with the new meaning. Basically
it means getting used to the object on which you are meditating.

心の性質を開発していく際には瞑想が必要とされます。心は確実に変えることができる
ものです。瞑想は心を転換する手段なのです。瞑想にはあなたの心を新しい意味、
つまり瞑想の対象になれ親しませる機能があります。

 

 

What is the main thrust of Buddhist practices concerning behavior? It is to tame one’s
mental continuum――to become non-violent. In general in Buddhism, the vehicles, or
modes of practice, are divided into Great and Lesser. The Great Vehicle is primarily
concerned with the altruistic compassion of helping others, and the Lesser Vehicle is
primarily concerned with the non-harming of others.

仏教修行の主眼は「心の連続体(心相続)」を穏やかにし、非暴力を実践することに
あります。一般に仏教では大乗、小乗の二つの修行の形態があります。大乗の修行
では、主に利他の慈悲心を提唱し、小乗の修行では他のものを傷つけない慈悲心を
おおむね提唱しています。

 

 

Thus, the root of all of the Buddhist teaching is compassion. The excellent doctrine of the
Buddha has its root in compassion, and the Buddha who teaches these doctrines is even
said to be born from compassion. The chief quality of a Buddha is great compassion, this
attitude of nurturing and helping others being the reason why it is suitable to take refuge
in a Buddha.

このようにあらゆる「仏教の教え」(法=ダルマ)の根本には慈悲があります。仏陀
素晴らしい教えは慈悲に根ざしています。この教えを説いた仏陀(仏)は慈悲から
生まれたとさえ言われます。仏陀の主な性質は大慈悲心です。他のものを救い、育む
この大いなる慈悲を持っているということが、仏陀へ帰依する理由なのです。

 

 

All religions are the same in having powerful system of good advice with respect to the
practice of compassion. The basic behavior of non-violence, motivated by compassion,
is needed not only in our daily lives but also nation to nation, throughout the world.

あらゆる宗教は慈悲の修行を勧めるという点で共通しています。慈悲を動機とする
非暴力という基本的な「行」は、私たちの日常生活ばかりか世界中の国々においても
必要とされているものなのです。

 

 

In this weblog, I don’t introduce, from this book to you, the meticulous commentaries on
“dependent-arising and emptiness” that are the important wisdoms of Buddhist
teachings. Instead, I recommend “Thich Nhat Hanh: The Heart of Understanding” that is
an easy-to-understand commentary book of “The Heart Sutra” which helps you
understand “emptiness” intuitively. If you are interested, please read it.

この本では、仏教の重要な知恵である「縁起と空(くう)」について詳細な解説が
なされていますが、本ブログでは紹介いたしません。その代わり、「般若心経」を
わかりやすく解説してあり、「空」を直感的に理解できる、「ティク・ナット・ハンの
般若心経」をお薦めしておきます。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

 

 

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

 

 

The Heart of Understanding 20th Anniversary Edition edition

The Heart of Understanding 20th Anniversary Edition edition

 

 

 

ティク・ナット・ハンの般若心経

ティク・ナット・ハンの般若心経

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約