しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマの仏教入門」その2。仏教的見地からの、「怒り」への対処法とは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.2――What is the way to take care of “anger” from a Buddhist perspective?

 

f:id:englishforhappiness:20190413065413j:plain

人生の大問題に答えながら、仏教の基本的な世界観を表した「ダライ・ラマの仏教
入門」。この本から、私たちを幸せから遠ざけている原因のひとつである「怒り」への
対処法をご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。

In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama presents the basic world view of Buddhism
while answering some of life’s most profound and challenging questions. From this book,
I bring to you, both in English and in Japanese, the way to take care of “anger” that is
one of the causes which keep us away from happiness.

 

 

 

 

There is a practice in which in order to identify hatred――how the hatred object appears,
how one’s mind reacts, what the nature of hatred is, and so forth――one allows the mind
to generate hatred and then watches it, but this is not a case of displaying hatred
externally and fighting with another person. If there is danger of your going outside with
an angry attitude, it is better to lock your door――with yourself inside――and then
generate anger and examine it!

たとえば、「怒りを表に表わす」という悪い行為について考えてみましょう。仏教には
いかにして憎い対象が心に現れるのか、いかにして心が反応するのか、怒りの本質とは
何か、というような「怒り」というものを見極めるための修行があります。この修行に
おいては心に怒りを生じさせ、それからその怒りを観察します。しかし、この修行は
外側に怒りを発散し、誰かと争うということを意味してはいません。もし怒りに満ちた
態度を外に表わしそうになったならば、あなたは心のドアを閉めて、あなた自身の内部
にとじこもり、そこで怒りを生じさせ、それを研究してみるのがよいでしょう。

 

 

For certain types of mental problems, such as depression and some other mental crises,
it can be helpful to let them out by talking about them; this reduces the uncomfortable
inner feeling.

ある種の心の問題――失望、なんらかの精神的危機――にとっては、それらを口に
出して外に表わすことが良いこともあります。外に出すことは内部に溜まっていた
不快な感情を減少させます。

 

 

For other kinds of mental crisis, such as anger or strong attachment, the more you
express them the more they will occur; with these types, restraint will cause them to
weaken.

しかし、別の種類の精神的危機、たとえば、怒り、あるいは執着などの煩悩は、
あなたがそれを外に表わせば表わすほど、それは昂進していきます。この種の感情は
抑制するほうがより有効な処置となります。

 

 

However, restraint does not just mean that when you develop anger or attachment to
a high degree, you attempt at that moment to control it, for that is very difficult. Rather,
in daily practice you should continuously reflect on the benefits and advantages of
compassion, love, kindness, and so forth and reflect on the disadvantages――the
faults――of anger.

抑制すると言っても、それは怒りや執着が頂点にまで高まったときに、それを
コントロールするということを意味するものではありません。それはとても困難なこと
です。それよりもむしろ毎日の修行のなかで、継続的に慈悲あるは優しさなどの持つ
利益や利点を考察し、他方では、怒りや執着などのマイナスの感情の持つ不利益や欠点
を考察するべきです。

 

 

In addition, in this weblog, I recommend the bestseller, “Thich Nhat Hanh: Anger” that
teaches us the concrete and effective measures to take care of “anger”.

追加として、このブログでは、「怒り」への具体的かつ効果的な対処法を教えてくれるベストセラー「ティク・ナット・ハン: 怒り」をお薦めしておきます。

  

  

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

  

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

  

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

  

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

 

 

  

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約