しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「不安をたしかな『自信』に変える奇跡の方法」その4。被害者意識から抜け出し、不安に対処する能力をアップさせる7つの方法とは? “Feel the fear and do it anyway”No.4――What are the seven methods that enable you to escape from the victim mentality and increase your ability to handle the fear?

f:id:englishforhappiness:20190429081751j:plain

何か新しいことに挑戦しようとすると、不安が沸き上がり、足がすくんでしまう。
多くの人にそんな経験があるのではないでしょうか。「とにかく、やってみよう 不安
をたしかな『自信』に変える奇跡の方法」は、あなたを行動から遠ざけている「不安」
の複雑さを解き明かし、対処の仕方を教えてくれる考え方やエクササイズ、その他の
具体的な方策を知ることができる世界的ベストセラー。その中から、「被害者意識」
から抜け出して、自分の人生に責任を持つために、不安に対処する能力をアップさせる
7つの方法をご紹介します。バイリンガルで、どうぞ。

When you try something new, you feel fear that prevents you from stepping forward.
Many people might have that kind of experience. “Feel the fear and do it anyway” is the
world bestseller which gives us many concepts, exercises and other devices to help you
unravel the complexities of “fear” which keeps you away from action and thus help you
deal with it. From this book, I bring to you, both in English and in Japanese, the seven
methods that increase your ability to handle the fear in order to escape from “the victim
mentality” and to take responsibility for your life.

 

 

 

 

1Taking responsibility means never blaming anyone else for anything you are being,
  doing, or feeling.

“Never?” you say. “But this time it really is his fault” (or her fault, or the boss’s fault, or my
son’s fault, or the economy’s fault, or my mother’s fault, or my friend’s fault!). “Really, it
is!” If I missed anyone or anything, just add it to the list. Until you fully understand that
you
, and no one else, create what goes in your head, you will never be in control of your
life.

1決して他人を責めない

「例外なしに、絶対に?」と、あなたはお聞きになるかもしれませんね。「だって今回
は本当に彼のせい(または、彼女、上司、景気、母親に父親、友達のせい)なの。本当
に!」と。ただし、あなたの考え方を生み出しているのは、他の誰でもないあなた自身
なのだと完全に理解するまで、決して自分の人生をコントロールできるようには
なりません。

 

 

The point to remember is that when you blame any outside force for any of your
experience of your life, you are literally giving away all your power and thus creating
pain, paralysis and depression.

留意すべきなのは、自分の人生経験について外の勢力に責任を追わせようとしている
とき、あなたは文字通りすべてのパワーを放棄しているということです。

 

 

2Taking responsibility means not blaming yourself.

I know this sounds contradictory, but it is not. Anything that takes away your power or
your pleasure makes you a victim. Don’t make yourself a victim of yourself!

2自分を責めない

矛盾しているように聞こえるでしょうが、そうではありません。パワーや喜びを奪う
すべてのものが、あなたを被害者にします。自分で自分をその犠牲にしないで下さい。

 

 

For some, this is more difficult than not blaming others. Once you become aware that
you have created so much of your unhappiness, you may have a tendency to punish
yourself and put yourself down. “There I am messing up my life again. I’m hopeless.
When will I ever learn?”

他人を責めないでいることよりも、自分を責めないほうが難しいという人もいます。
自分の不幸のどれほど多くを自分自身が生み出していたか気づくと、自分を罰したり、
けなしてしまいがちです。「ほら、また自分から人生を滅茶苦茶にしている。私は
救いようがない。いつになったら学習するつもり?」と。

 

 

This, again, is not taking responsibility for your experience of life. It is important to
understand that you have always done the best you possibly could, given the person you
were at any particular time. Now that you are learning a new way of thinking, you can
begin to perceive things differently and possibly change many of your actions.

これもまた、自分の人生経験に責任を取る態度ではありません。大切なのは、自分が
いつでも与えられた力を存分に尽くしてきたと考えることです。あなたは新しい考え方
を学びつつあるのですから、物事を違った視点から見ることができるようになり、
多くの行動も変えていくこともできるはずです。

 

 

There is never any need to be down on yourself. Nothing is your “fault.” Yes, you cause
your unhappiness, but this is no reason to cast blame. You’re simply on the path toward
greater self-fulfillment, and it is a lengthy process of trial and error.

自分を嫌いになる必要は「絶対に」ありません。あなたはなにも悪くありません。
確かに、あなたの不幸の原因はあなた自身です。でも、それは自分を責める理由には
なりません。あなたはより大きな自己実現に向かって歩んでいるところであり、それは
試行錯誤の長いプロセスなのですから。

 

 

3Taking responsibility means being aware of where and when you are NOT taking
   responsibility so that you can eventually change.

3責任を「取っていない」部分を認識する

 

 

I wasn’t taking responsibility for my life. I was still expecting the men in my life to “make
me happy.” I finally learned there is only one person in the world who can make me
happy, and that is ME!

私は人生に責任を持ってはいませんでした。男性が悪い私を「幸せにしてくれること」
をまだ期待していました。そして私はついに、自分を幸せにしてくれる人はこの世界に
たったひとりしかいないことに気づいたのです。それは「私」でした!

 

 

I might add that if someone is not supplying your basic needs to be nurtured and loved,
certainly you would serve yourself by leaving. But first you must ask yourself, “Is it that
(s) he is so terrible, or is it simply that I am not taking responsibility for my experience of
life?”

大切にされ、愛されたいという基本的な欲求を相手が満たしてくれない場合、あなたは
きっと別れることで解決しようとするでしょう。でも、まず自問する必要があります。
「彼(彼女)がそんなにひどいのだろうか。それとも私が自分の人生に責任を果たして
いないのだろうか」

 

 

If you are satisfied that simply do not choose to spend your life with this person, then it is
also taking responsibility to move on with the intention of finding a more compatible
partner.

その相手と人生を共にしないと決めたことに自分で満足できるなら、それはもっと一緒
にやっていけるようなパートナーを見つけるために前進することであり、人生に責任を
果たしていることになります。

 

 

4Taking responsibility means handling the Chatterbox.

This is the little voice inside, the voice that tries to drive you crazy――and often
succeeds! I’ll bet some of you don’t even know it’s there, but I promise you it holds the
key to all your fears. It’s the voice that heralds doom, lack and losing.

4「おしゃべり屋」に対処する

心のなかのあの小さな声、あなたをイライラさせようとして――時にはまんまと成功
する、あの声のことです。その存在にも気づいていない人がいるかもしれませんが、
それがあらゆる不安のカギを握っています。その声は不吉な運命や欠乏感、喪失を予告
します。

 

 

We are all victims of our Chatterbox at some point in our lives. You don’t have to hang
out with enemies, even if they are within yourself. By the way, once you get rid of the
negativity your Chatterbox brings, you will really begin to enjoy being alone.

人生のある時点で、誰もがこの「おしゃべり屋」の被害を受けます。敵と一緒に生きて
いく必要はありません。たとえそれがあなたの内面に存在しているとしてもです。
「おしゃべり屋」がもたらすネガティブな考えを取り去ることができれば、ひとりで
いることを心から楽しめるようになります。

 

 

5Taking responsibility means being aware of payoffs that keep you “stuck.”

Payoffs explain why we choose to perpetuate what we don’t want in our lives. Once you
understand payoffs, your behavior will make much more sense to you.

5ハマッていることによって受けている「報酬」に気づく

そうすることで、なぜ自分は人生に望んでいないことを永遠に続けていこうとして
いるのかがわかります。その結果を理解すれば、自分の行動がもっと道理の通った
ものに感じられるでしょう。

 

 

Jean

Jean was feeling horribly stuck in her job and wanted desperately to get out. She viewed
herself as a victim. Poor Jean! Her Chatterbox constantly played the “if only” game. If
only the job market were a little better, she wouldn’t have a problem. If only she had
better skills, there would be more opportunity. What was really keeping Jean at her job?
What were the payoffs?

ジーンの場合

ジーンは仕事に完全な行き詰まりを感じて、必死でそこから抜け出したいと思って
いました。自分は被害者だと考えていました。彼女の「おしゃべり屋」は絶え間なく
「もし・・・だったら」という妄想ゲームをしていました。就職事情がもう少し上向き
なら、問題はないのに。もっと自分に技術があれば、機会はもっと広がるのに。何が
ジーンを現在の仕事にとどめているのでしょう。その「報酬」はいったい何でしょう。

 

 

By remaining a victim, Jean had clearly become comfortable. She didn’t have to face
possible rejection in her search for a new job. Although she hated her job, it was easy.
She knew she could handle it; she didn’t have to question her competence. She put in
her hours and didn’t have to expend any additional energy. And the job was relatively
secure.

被害者の立場にとどまることで、明らかにジーンの居心地はよくなっています。新しい
仕事探しをして、突きつけられる可能性のある「拒絶」に直面する必要はありません。
仕事は大嫌いですが、ラクでもあります。やりこなせると分かっていますし、自分の
能力に疑問を感じる必要もありません。決められた時間を費やせば、それ以上の
エネルギーを注ぎ込む必要はなく、しかも安定している仕事です。

 


Once Jean became aware of all her payoffs, she had at least three choices. The first was
to stay where she was and continue to be miserable. The second was to stay where she
was and choose to enjoy her job. The third was to choose to find a more satisfying job.

すべての「報酬」を認識できたら、その先の選択肢は少なくとも三つあります。一番目
は、現状にとどまってみじめな生活を続けること。二番目は、現状にとどまって仕事を
楽しむこと。三番目は、もっと満足のいく仕事を見つけることです。

 

 

What did she ultimately do? After recognizing the payoffs for what they were, she was
able to break away and find a new job. As long as she was in the victim mode, she was
stuck. As soon as she realized she was choosing to stay because of the payoffs, and not
because of her “if only”s,
she was able to move.

最終的に彼女はどんな行動を取ったでしょう。「報酬」をきちんと認識した彼女は、
現状を断ち切って新しい仕事を見つけました。被害者モードに浸っていたとき彼女は
まともに機能できませんでした。自分がそこにとどまることを選択していたのは、
それによってもたされる「報酬」のためであって、「もし・・・だったら」と妄想して
いたことに無関係だと気づくと、彼女はすぐに行動を起こすことができました。

 

 

6Taking responsibility means figuring out what you want in life and acting on it.

Set your goals――then go out and work toward them. Figure out what kind of space you
would like to live in・・・then create it. It doesn’t take a lot of money to create
a peaceful, loving home for yourself.

6人生に望んでいるものを見極め、それに取り組む

目標を定めましょう。立ち上がり、それに向けて努力しましょう。どんな空間で自分が
生活したいのかを考えて、そうした空間を創り出しましょう。穏やかで過ごしやすい
家をつくるために大金は必要ありません。

 

 

Look around and see who you would love to include in your circle of friends・・・then
pick up the phone and make plans to get together. Don’t sit around waiting for them to
call you.

周囲を見渡して、友達の輪に加えたい人について考えましょう。その人に電話を
かけて、一緒に遊ぶ計画を立てましょう。相手の電話をただ待っていたりしないこと。

 

 

Check out your body. Determine what you need to do to create what looks and feels
healthy・・・then make it happen.

自分の身体をチェックしてみましょう。健康に見える、健康に感じられるためにする
必要のあることを確定して、それを実現させましょう。

 

 

Most of us do not “sculpt” our lives. We accept what comes our way・・・then we gripe
about it.

私たちの多くは自分の人生を「みずから創り出す」ことをしません。ただ、与えられた
ものを受け入れ、それについて不満を並べるだけです。

 

 

Many of us spend our lives waiting――waiting for the perfect mate, waiting for the
perfect job, waiting for perfect friends to come along.

私たちは待つことに人生を費やします。完璧なパートナーを待ち、完璧な友達が
やってくるのを待っています。

 

 

There is no need to wait for anyone to give you anything in your life. You have the power
to create what you need. Given commitment, clear goals and action, it’s just a matter of
time.

けれども、自分の人生に何かを与えてくれる人を待っている必要はまったく
ありません。あなたは自分に必要なものを創り出すパワーを持っています。やる気と
はっきりした目標、そして行動力がともなえば、あとは時間の問題です。

 

 

7Taking responsibility means being aware of the multitude of choices you have in any
   given situations.

As you go through each day, it is important to realize that at every moment you are choosing the way you feel. When a difficult situation comes into your life, it is possible to
tune in to your mind and say, “Okay, choose.” Are you going to make yourself miserable
or content? Are you going to visualize scarcity or abundance? Are you going to put
yourself down for getting angry with your husband or are you simply going to notice what
insecurity you were feeling at the time and discuss it with him? The choice is definitely
yours. Pick the one that contributes most to your aliveness and growth.

7いつでも、さまざまな選択肢があることを認識する

毎日の生活のなかで、あなた自身が一瞬一瞬の自分の感じ方を選んでいると気づくこと
が大切です。困難な状況に直面したときには、心に耳を傾けて「さあ、どっちに
する?」と、聞くこともできます。

・みじめな思いをするか?それとも満足するか?

・わびしさを思い描くか?それとも豊かさを思い描くか?

・相手に腹を立てている自分を嫌だと思うか?それとも自分が一時的に不安を感じて
    いることを認識して、相手と話し合うか?

それはあなたの判断です。人生の活性化と成長に一番役立つ選択肢を選べば
いいのです。


 

Feel the Fear . . . and Do It Anyway (r): Dynamic Techniques for Turning Fear, Indecision, and Anger into Power, Action, and Love

Feel the Fear . . . and Do It Anyway (r): Dynamic Techniques for Turning Fear, Indecision, and Anger into Power, Action, and Love

 

 

 

とにかくやってみよう──不安や迷いが自信と行動に変わる思考法

とにかくやってみよう──不安や迷いが自信と行動に変わる思考法

 

 

 

Feel the Fear and Do It Anyway

Feel the Fear and Do It Anyway

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約