しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙:禅と日本文化」その13。禅と茶道の共通点とは? “Daisetz Suzuki: Zen and Japanese culture” No.13――What is common to Zen and the tea-cult?

 

f:id:englishforhappiness:20190923081626j:plain

日本文化の基盤であると言われている禅。日本文化を世界に紹介することに多大な貢献
をした、鈴木大拙の名著で学びましょう。禅と茶道の共通点に関して解説――
バイリンガルで、どうぞ。

Zen is said to be the foundation of Japanese culture. Let’s learn Zen through the
masterpiece by Daisetz Suzuki, who made a great contribution to introducing Japanese
culture to the world. He gives us commentaries on what is common to Zen and the
tea-cult――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

What is common to Zen and the tea-cult is their constant attempt at simplification. The
elimination of unnecessaries is achieved by Zen in its intuitive grasp of final reality and
by the tea-cult in the art of living which is typified by serving tea in the tea-room.

禅の茶道に通うところは、いつも物事を単純化せんとするところに在る。この不必要な
ものを除き去ることを、禅は究極実在の直覚的把握によって成しとげ、茶は茶室内の
喫茶によって典型化せられたものを生活上のものの上に移すことによって成しとげる。

 

 

The tea-cult is the estheticism of primitive simplicity. Its ideal to come close to Nature is
realized by sheltering oneself under a thatched roof and sitting in a room which is hardly
ten feet square, but which must be artistically constructed and furnished.

茶は原始的単純性の洗練美化である。自然に親しむというその理想を実現するために、
茅の屋根の下に身を寄せ、わずか四畳半ではあるが構造と調度に技巧を凝らした小室に
坐るのである。

 

 

Zen also aims at stripping off all the artificial wrappings humanity has devised
supposedly for its own solemnization. Zen first of all combats the intellect, for in spite of
its practical usefulness the intellect goes against our attempt to delve into the depth of
our being.

禅の狙うところも、人類が己を勿体づけるために工夫したと思われるような、いっさい
の人為的な覆いものをはぎとる点にある。禅がまず知性と闘うのは、知性というものが
実用には役立つであろうが、われわれが自分の存在をふかく掘り下げようとするのを
妨げるからである。

 

 

Philosophy may propose all kinds of questions for their intellectual solution, but it is
never meant to give us spiritual satisfaction, which must be accessible to every one of
us, however intellectually undeveloped he is.

哲学はあらゆる問題を提供して知的解決を要求しようとするが、われわれの精神的満足
はそれによって、かならずしも与えられぬ。しかし、何人も知識的にはあまり発達して
いなくても、精神上の安心はえなければならぬ。

 

 

Philosophy is open only to those who are specifically endowed along its own line,
showing that it cannot be a subject of universal appreciation. Zen, or, more broadly
speaking, religion is to cast off all one thinks he possesses, even life, and to get back to
the last state of being, the “Original Abode,” or to one’s own Father or Mother. This can
be done by every one of us, for we are what we are because of it, or him, or her, and
without the latter we are nothing.

哲学の途はその傾向を具えている特殊の人々にのみ開かれ、一般鑑賞の題目とは
なりえない。禅、さらに広くいって宗教は、人がその持っている一切物を、生命を
さえ、かき捨てて、最後の存在状態・「本住地」、または「父母未生前本来、面目」に
帰ることである。これはわれわれの誰でもなしうることである。われわれはそういう
ものによって、現在身をえているのであって、そういうものがなければわれわれは
無(ナッシング)である。

 

 

This is to be called the last stage of simplification, since things cannot be reduced to any
simpler state. The tea-cult symbolizes it in a solitary hut erected under an old pine-tree.
The form once thus symbolized, allows itself to be artistically treated. It goes without
saying that the principle of treatment is to be in perfect conformity with the original idea
which prompted it, that is, of elimination of unnecessaries.

これを最後の単純化と称していいのは、物事をこれ以上単純な状態にかえすことは
できないからである。茶はそれを老松の蔭に建てられた一茅屋によって象徴する。その
形態はかように象徴化された以上は、技巧的に扱われてもかまわないのであるが、
いうまでもなく、これを扱う指導原理は、それを起した独創的な観念、すなわち不要物
の除去ということとまったく一致しているという点にある。


対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約