しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その1。日本の叡智が世界に訴えた「愛の必要性」とは? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.1――What is the “necessity for love” which a Japanese of wisdom appealed to the world?

f:id:englishforhappiness:20191017061216j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。冷戦時代に彼が世界に
訴えた「愛の必要性」を全文ご紹介します。まずは、”Selected Works of D.T. Suzuki
VolumeⅢ”の解説文から――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world. I
introduce the whole content of the “necessity for love” which he appealed to the world in the time of the Cold War. First, the commentary on his message, found in ”Selected Works of D.T. Suzuki VolumeⅢ” ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Suzuki lived through many years of war and into the atomic age, long enough for his
views on human conflict to evolve and deepen. His prowar discourses, which began with
his early works from the 1900s that positively deal with Buddhist views on war, lessened
significantly, particularly after he married Beatrice Erskine Lane (1878-1939).

鈴木大拙は、長年にわたる戦争から核の時代へと生き抜き、拡大深刻化する人類の紛争
に対する自らの考えを持つに至った。1900年代から始まる初期の著作における、仏教徒
の意見を積極的に関わらせようとする、彼の戦争賛成の論調は、特にビアトリス・
レーンと結婚した後から、著しく影を潜めた。

 

 

This essay was originally a speech presented at the International Exhibition in Brussels
in 1958, when the nuclear arms race spurred by the Cold War was developing. To his
Western audience, he here maintains, with a brief mention of the French philosopher
Simone Weil (1909-1943), that dualistic thoughts lead us to destructive, arrogant concept
of power which causes alienation, whereas love is all-embracing.

このエッセイは、もともと、冷戦が引き金となった核兵器開発競争が拡大しつつあった
1958年に、ブリュッセル万国博覧会で行なわれたスピーチである。西洋の聴衆に対する
このスピーチで大拙は、フランスの哲学者シモーヌ・ウェイル(1909-1943)に短く言及
し、二元論的思考による破壊的かつ傲慢な「力」の概念が人々を疎外する原因を
もたらすのに対して、愛が一切を抱擁することを主張している。

 

 

He further urges that a network of universal fellowship is urgently needed as an antidote
to the violence of the Cold War. Instead of diplomatic and political negotiations that failed
to stop mass killing and destruction, he emphasizes the significance of the
loving-kindness, which illuminates the darkness of human ignorance.

さらに、冷戦が引き起こす暴力への喫緊の解毒剤として、普遍的仲間意識の
ネットワークが必要であることを迫っている。大量殺人や大量破壊を止められ
なかった、外交や政治による交渉のかわりに、人類の無知という暗闇を照らし出す、
親愛(loving-kindness)の重要性を強調しているのだ。(日本語は私訳です)

 

 

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約