しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その3。仏教の観点から見た、「本当の愛」が目覚める時とは? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.3――When does “true love” begin to be realized, from a Buddhist perspective?

 

 

f:id:englishforhappiness:20191021054752j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。仏教の観点から、
「本当の愛」が目覚める時について解説――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
He gives us the commentaries, from a Buddhist perspective, on when “true love” begins
to be realized ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

The moral teaching of individualism with all its significant corollaries is very fine indeed,
but we must remember that the individual is nonexistent when he is isolated from other
individuals and cut off from the group to which he belongs, whether the group be
biological or political or cosmological.

個人主義の道徳の教えは、さまざまの意義ある成果を生んで、まことに結構である。
しかし、個人は他の人々から孤立し、その属している集団――それは生物的な集団、
政治的な集団、宇宙論的な集団など、さまざまであろうが――から切り離される時、
もはや存在しないということを忘れてはならない。

 

 

Mathematically stated, the number one can never be one, never be itself, unless it is
related to other numbers, which are infinite. The existence of a single number by itself is
unthinkable. Morally or spiritually, this means that the existence of each individual,
whether or not he is conscious of the fact, owes something to an infinitely expanding and
all-enwrapping net of loving relationship, which takes up not only every one of us but
everything that exists. The world is a great family, and we, each of us, are its members.

数学的にいうならば、一という数は、無限に存する他の数と関係しないかぎり、一では
ない、それ自身ではありえない。一つの数それ自体の存在などということは考えられ
ない。これを道徳的もしくは精神的にいえば、それぞれの個人の存在は、その事実を
意識すると否とにかかわらず、無限にひろがり一切を包む愛の関係網に、何らかの
おかげをこうむっているということである。そしてその愛の関係網は、われわれ
のみならず、存在するものすべてを漏らさず摂取する。実にこの世は一大家族にして、
われわれひとりひとりがそのメンバーなのである。

 

 

I do not know how much geography has to do with the molding of human thought, but the
fact is that it was in the Far East that a system of thought developed in the seventh
century which is known as the Kegon school of philosophy. The Kegon is based on the
ideas of interfusion, or interpenetration, or interrelatedness, or mutual unobstructedness.

人間の思想の造型に、地理がどれほど関係あるものか、自分にはわからない。だが、
事実、七世紀の頃、”華厳(けごん)哲学” として知られる一つの思想体系が開花したの
は、極東の地においてであった。華厳は、たがいに融通し、たがいに滲透し、たがいに
関連し、たがいにさまたぐることなしという考え方に基づく。

 

 

When this philosophy of the interrelatedness of things is rightly understood, love begins
to be realized, because love is to recognize others and take them into consideration in
every way of life. To do to others what you would like them to do to you is the keynote of
love, and this is what naturally grows out of the realization of mutual relatedness.

この一切の相依相関を説く哲学が正しく理解される時に、”愛” が目覚める。なぜなら
ば、愛とは他を認めることであり、生活のあらゆる面において他に思いを致すこと
だからである。「すべての人に為(せ)られんと思うことは、人にもまたそのごとく
せよ。」これが愛の要旨であり、これは、相依相関の認識からおのずと生まれてくる
ことである。

 

 

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約