しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その4。「力(power)」が暴れ狂い、周囲を破壊しまわる時とは? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.4――When does “power” run amok and play havoc all around?

 

f:id:englishforhappiness:20191023061552j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。「力」が暴れ狂い、
周囲を破壊しまわる時について解説――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
He gives us the commentaries on when “power” runs amok and plays havoc all around
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

The idea of mutual relationship and consideration excludes the notion of power, for
power is something brought from outside into a structure of inner relationship. The use of
power is always apt to be arbitrary and despotic and alienating.

たがいに関係をもち、たがいに思いやるという考え方は、力の観念を排除する。
力とは、内的関係の体制の中に外から持ち込まれるものだからである。力の行使は
つねに、専断、独裁、疎外に向かう。

 

 

What troubles us these days is no other than a crookedly exaggerated assertion of the
power concept by those who fail to see into its true nature and therefore are not capable
of using it for the benefit of all.

近頃、われわれが憂慮するのはほかでもない、力の本性を見抜けないで、したがって、
それを全体の利益のために用いることのできぬやからが、力の概念を買いかぶって主張
することである。

 

 

Love is not a command given us by an outside agent, for this implies a sense of power.
Excessive individualism is the hotbed in which power feeling is bred and nourished,
because it is egocentric, in the sense that it asserts itself arrogantly, and often violently,
when it moves out of itself and tries to overrule others.

愛とは、われわれに外から与えられる命令ではない。外からの命令には、力の意味が
ふくまれている。行きすぎた個人主義は、力の思いを育てはぐくむ温床である。
なぜならば、それは自己中心的なものであって、ひとたび外に向かって動き出し、他人
を支配しようとしはじめると、はなはだ尊大に、またしばしば、はげしい手段をもって
自己を主張する。

 

 

Love, on the contrary, grows out of mutuality and interrelationship, and is far from
egocentric and self-exalting. While power, superficially strong and irresistible, is in reality
self-exhausting, love, through self-negation, is ever creative, for it is the root of
existence. Love needs no external, all-powerful agent to exercise itself. Love is life and
life is love.

それに反して、愛は、相依相関の心から生まれ、自我中心、自己強調とはほど遠い。
力が、表面は強く、抵抗しがたく見えながら、実はみずからを枯渇させるものである
のに反し、愛は自己否定を通して、つねに創造的である。愛は、外部の全能なるものを
待たずして、みずから働く。愛は生命、生命は愛である。

 

 

Being an infinitely complicated network of interrelationship, life cannot be itself unless
supported by love. Wishing to give life a form, love expresses itself on all modes of
being. Form is necessarily individualistic, and the discriminating intellect is liable to
regard form as final reality; the power concept grows out of it. When the intellect
develops and pursues its own course, being intoxicated by the success it has achieved
in the utilitarian fields of human activity, power runs amok and plays havoc all around.

生命は、かぎりなく錯綜した相依相関の網であるから、愛の支えなくしては生命たり
得ない。愛は、生命に形を与えようとして、さまざまのすがたに自己を表現する。形は
必然的に個別である。そして分別する知性は、とかく形を究極の実体とみなしがち
である。力の概念はここから生まれる。知性が発達し、その独自の道を進んで、
人間活動の実利的分野でおのれがおさめた成功に夢中になってくると、力が暴れ狂い、
周囲を破壊しまわる。

 

 

Love is affirmation, a creative affirmation; it is never destructive and annihilating,
because unlike power it is all-embracing and all-forgiving. Love enters into its object and
becomes one with it, while power, being characteristically dualistic and discriminative,
crushes any object standing against it, or otherwise it conquers it and turns it into
a slavish dependent.

愛は肯定である。創造的肯定である。愛はけっして破壊と絶滅には赴かない。なぜなら
ば、それは力とは異なって、一切を抱擁し、一切を許すからである。愛はその対象の中
に入り、それと一つになる。しかるに、力は、その特質として二元的、差別的で
あるから、自己に相対するものをことごとく粉砕し、しからずんば、征服して奴隷的
従属物と化さねばやまぬ。

 

 

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約