しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その5。西欧人は、なぜ「自然を征服あるいはコントロールする」のか? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.5――Why do the Westerners “conquer or control nature”?

 

f:id:englishforhappiness:20191025061002j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。西欧人が「自然を征服
あるいはコントロールする」背景にある「力の観念」について解説――バイリンガル
で、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
He gives us the commentaries on the “notion of power” which exists behind the
“conquest or control of nature” by the Westerners ――more to come both in English and
in Japanese.

 

 

 

Power makes use of science and everything that belongs to it. As long as science
remains analytical and cannot go beyond the study of infinitely varied forms of
differentiation and their quantitative measurements it is never creative. What is creative
in it is its spirit of inquiry, which is inspired by love and not by power. Where there is any
cooperation between power and the science, it always ends in contriving various
methods of disaster and destruction.

力は、科学ならびにそれに属するすべてのものを利用する。科学は、分析的であるに
とどまり、無限に多様な差別相とその量的測定の学たることを越えないかぎり、
とうてい創造的ではあり得ない。科学において創造的なものは、その探究の精神で
あるが、それは愛によって鼓舞されるものであって、力によってではない。力と科学
との間に何らかの協力が行なわれる時には、その結果は、いつでも、さまざまの災害と
破壊の手段を考え出すことになる。

 

 

Love and creativity are two aspects of one reality, but creativity is often separated from
love. When this illegitimate separation takes place, creativity comes to be associated
with power. Power really belongs to a lower order than love and creativity. When power
usurps creativity, it becomes a most dangerous agent of all kind of mischief.

愛と創造力とは一つの実体の両面のすがたであるが、創造力はしばしば愛から
切り離される。この不幸な分離が行なわれる時、創造力は力と結びつくことになる。力
は実は、愛や創造力より下位のものである。力が創造力をわがものとする時、それは
あらゆる禍(わざわ)いをひきおこす危険きわまりない要因となる。

 

 

The notion of power as aforesaid grows inevitably out of a dualistic interpretation of
reality. When dualism neglects to recognize the presence of an integrating principle
behind it, its native penchant for destruction exhibits itself rampantly and wantonly.

前述のように、力の観念は、実在の二元的解釈から必然的に生まれる。二元論が、その
背後に統合する原理のあることを認めようとしない時、その生来の破壊的傾向は、奔放
に、ほしいままに露呈される。

 

 

One of the most conspicuous examples of this display of power is seen in the Western
attitude toward Nature. Westerners talk about conquering Nature and never about
befriending her. They climb a high mountain, and they declare the mountain is
conquered. They succeed in shooting a certain type of projectile heavenward and then
claim that they conquered the air. Why do they not to say that they are now better
acquainted with Nature? Unfortunately, the hostility concept is penetrating every corner
of the world, and people talk about “control,” “conquest,” “condition,” and the like.

この力の誇示のもっとも顕著な一例が、西欧の人々の自然に対する態度にみられる。
かれらは自然を征服するといって、けっして自然を友とするとはいわない。かれらは
高い山に登っては、山を征服したと公言する。天のかたに向かってある種の発射物を
打ち上げることに成功すると、今度は、空を征服したと主張する。なぜかれらは、
いまやわれわれは自然とよりいっそう親しくなった、とは言わないのか。不幸なこと
に、敵対観念が世界のすみずみにまで滲透して、人々は「支配」、「征服」、「管制」
等々を口にする。

 

 

The notion of power excludes the feelings of personality, mutuality, gratitude, and all
kinds of relationship. Whatever benefits we may derive from the advancement of the
sciences, ever-improving technology, and industrialization in general, we are not allowed
to participate in them universally, because power is liable to monopolize them instead of
distributing them equally among all fellow beings,

力の観念は、人格とか、相互依存とか、感謝とか、その他さまざまの相互関係の心を
斥(しりぞ)ける。われわれは、科学の進歩、たえず改善される技術、ならびに工業化
一般によっていかなる恩恵を引き出そうとも、みながひとしくその恩恵にあずかること
は許されない。なぜならば、力は、われわれ人類同胞の間にひとしく恩恵を分配しない
で、それを独占しがちだからである。

 

 

Power is always arrogant, self-assertive, and exclusive, whereas love is self-humiliating
and all-comprehensive. Power represents destruction, even self-destruction, quite
contrary to love’s creativeness. Love dies and lives again, while power kills and is killed.
力はつねに尊大で、独断的で、排他的である。それに反して、愛はおのれを低うし、
一切を包括する。力は破壊を意味し、自己破壊をさえあえてする。愛の創造性とは
まったく反対である。愛は死に、そしてふたたび生きる。しかるに力は殺し、そして
殺される。

 

 

 

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約