しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その7。日本の禅の達人が、冷戦時代に、どうしても世界に訴えたかったこととは? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.7――What did a Japanese Zen master, by all means, want to appeal to the world in the time of the Cold War?

f:id:englishforhappiness:20191029062125j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。彼が、冷戦時代に、
どうしても世界に訴えたかったこととは?――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
What did he, by all means, want to appeal to the world in the time of the Cold War?
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Love trusts, is always affirmative and all-embracing. Love is life and therefore creative.
Everything it touches is enlivened and energized for new growth. When you love
an animal, it grows more intelligent; when you love a plant, you see into its every need.
Love is never blind; it is the reservoir of infinite light.

愛は信頼する。つねに肯定し、一切を抱擁する。愛は生命である。ゆえに創造する。
その触れるところ、ことごとく生命を与えられ、新たな成長へと向かう。あなたが動物
を愛すれば、それはしだいに賢くなる。あなたが植物を愛すれば、あなたはその欲する
ところを見抜くことができる。愛はけっして盲目ではない。それは無限の光の泉
である。

 

 

Being blind and self-limiting, power cannot see reality in its suchness; and therefore,
what it sees is unreal. Power itself is unreal, and thus all that comes in contact with it
turns into unreality. Power thrives only in a world of unrealities, and thus it becomes the
symbol of insincerity and falsehood.

まなこ盲(めしい)、みずからを限定するがゆえに、力は実在をその真相において見る
ことができない。したがって、その見るところのものは虚妄である。力それ自体もまた
虚妄である。そこで、これに触れるものも、またすべて虚妄性と化する。力は虚妄の
世界にのみ栄え、かくて、偽善と虚偽の象徴となる。

 

 

To conclude: Let us first realize the fact that we thrive only when we are cooperative by
being alive to the truth of the interrelationship of all things in existence. Let us then die to
the notion of power and conquest and be resurrected to the eternal creativity of love,
which is all-embracing and all-forgiving.

終りにあたり、くりかえし言う。存在するものすべての相依相関の真理に目覚め、
たがいに協力する時、はじめてわれわれは栄えるのだという真実を、まず自覚しよう
ではないか。そして、力と征服の考えに死して、一切を抱擁し、一切を許す愛の永遠の
創造によみがえろうではないか。

 

 

As love flows out of rightly seeing reality as it is, it is also love that makes us feel that
each of us individually and all of us collectively are responsible for whatever things, good
or evil, go on in our human community, and we must therefore strive to ameliorate or
remove whatever conditions are inimical to the universal advancement of human welfare
and wisdom.

愛は、実在をあるがままに正しく見ることから流れ出る。そこで、われわれに次のこと
を教えてくれるのも、また愛である。すなわち、われわれ――個別的に言えばわれわれ
のひとりひとり、集合的に言えばわれわれのすべて――は、善にあれ悪にあれ、この
人間社会に行なわれることの一切に責任がある。だから、われわれは、人類の福祉と
智慧の全体的発展を妨げるような条件を、ことごとく改善もしくは除去するように
努めなければならないのである。


 

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約