しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「岡倉天心: 日本の目覚め」その1。明治維新における日本の急速な成長の謎を解く名著。 “OKAKURA Tenshin: The Awakening of Japan” No.1――A masterpiece that solves a mystery of Japanese sudden development in the Meiji Restoration.

f:id:englishforhappiness:20191208083022p:plain

「日本の目覚め(1904)」は、日本有数の英語の達人、著者・岡倉天心が、世界に向けて真の日本を伝えることに成功した歴史的傑作。「日本とは何か?」を英語で外国人に説明しようとする人にとって必読の書です。まずは、第1章から――バイリンガルで、どうぞ。

“The Awakening of Japan (1904)” is the historical masterpiece in which, Okakura Tenshin , the author and one of the Japan’s greatest masters of English, successfully conveyed true Japan to the world. It is a must-read for those who try to explain, “What is Japan?” to foreign people in English. First, I introduce the chapter 1――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Has not the West as much to unlearn about the East as the East has to learn about the West? In spite of the vast sources of information at the command of the West, it is sad to realize today how many misconceptions are still entertained concerning us.

東洋が西洋について知らねばならないと同様に、西洋は東洋について頭を入れかえる必要はないであろうか。西洋は広大な諸方面から自由に情報を得ることができるにもかかわらず、今日なお、実に多くの誤解を我々に関して抱いている事情を見れば悲しむべきことである。

 

 

We do not mean to allude to the unthinking masses who are still dominated by race prejudice and that vague hatred of the Oriental which is a relic from the days of the crusades. But even the comparatively well-informed fail to recognize the inner significance of out revival and the real goal of our aspirations.

我々は心なき大衆を指して言うのではない。そういう人たちは今もなお、人種的偏見や十字軍時代の名残である東洋人に対する彼 (か) の漠然たる嫌悪の心に支配されているのである。しかし比較的有識者でさえも、我々の復活の内面的意味とわが抱負の真の終局目的はこれを認めることができないのである。

 

 

It may be that, as our problems have been none of the simplest, our attitude has been often paradoxical. Perhaps the fact that the history of East Asiatic civilization is still a sealed book to the Western public may account for the great variety of opinions held by the outside world concerning our present conditions and future possibilities.

これは、我々の問題が決して単純なものでなかったから、我々の態度がしばしば逆説的であったためかもしれない。あるいは、東方アジア文明の歴史が今なお一般西洋人には全然知られていないという事実によって、わが国の現状および将来性に関して国外の人々の抱く諸説の紛々たるゆえんを説明することができるであろう。

 

 

Our sympathizers have been pleased to marvel at the facility with which we have introduced Western  science and industries, constitutional government, and the organization necessary for carrying on a gigantic war. They forget that the strength of the movement which brought Japan to her present position is due not less to the innate virility which has enabled her to assimilate the teachings of a foreign civilization than to her capability of adopting its methods. With a race, as with the individual, it is not the accumulation of extraneous knowledge, but the realization of the self within, that constitutes true progress.

我々に同情を寄せる人々は、泰西の科学、産業、立憲政治および大規模の戦争を行うに必要な組織等を我々が極めて容易に輸入したことに驚嘆してくれたが、日本を今日の地位に達せしめた形勢変動の力強さは、日本が外国の方法を採用する能力をもっていたことにもよるが、これに劣らず、外国文明の教えを同化するを得しめた天賦の気力によっていることを忘れている。民族についても個人の場合と同様に、真の進歩を構成するものは、外部的知識の蓄積ではなくて内部に存する自己の実現である。

 

 

With immense gratitude to the West for what she has taught us, we must still regard Asia as the true source of our inspirations. She it was who transmitted to us her ancient culture, and planted the seed of our regeneration. Our joy must be in the fact that, of all her children, we have been permitted to prove ourselves worthy of the inheritance.

西洋がこれまで我々に教えてくれたことに対して多大の感謝の念を抱いているが、やはりアジアをば我々の霊感の真の源泉と見なさなければならない。アジアこそはその古代文化を我々に伝え、我々の更生の種子を植えてくれたものであった。アジアの数ある子供たちの中で我々がその継承者たるにふさわしいことを実証するを許された事実を、我々は喜ばなければならない。

 

 

The Awakening of Japan (Classic Reprint)

The Awakening of Japan (Classic Reprint)

  • 作者:Kakuzo Okakura
  • 出版社/メーカー: Forgotten Books
  • 発売日: 2012/06/16
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

  

日本の目覚め (土曜文庫)

日本の目覚め (土曜文庫)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約