しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 日本的霊性」その2。「モンゴル来襲」によって、日本人の精神は根底から危機を体験した。 “SUZUKI Daisetsu: Japanese Spirituality” No.2――With the Mongol invasions the psyche of the Japanese experienced a crisis at its roots.

 

f:id:englishforhappiness:20191228064815j:plain

禅など仏教をアジア以外の世界に紹介したことで有名な、鈴木大拙。彼が日本人に
向けて書いた「日本的霊性」の中からの英訳抜粋をご紹介します。鎌倉時代
「モンゴル来襲」が日本人の精神または霊性に与えた決定的な影響について解説――
バイリンガルで、どうぞ。

 

SUZUKI Daisetsu was a well-known figure in the introduction of Buddhism, including
Zen, to the non-Asian world. I introduce to you the English selection from “Japanese
Spirituality” which he wrote to Japanese people. He gives us commentaries on the
critical influence on the psyche or spirituality of the Japanese by the Mongol invasions in
the Kamakura period――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

I believe one of the external factors involved in the elevation of consciousness that
stimulated Shinto thought was, once again, the Mongol invasions. Since Heian times the
Japanese had indulged themselves in the dream that they were living in some kind of
insular Eden. Suddenly, they saw the approach of an external and hostile force, and this
made them take another look at themselves. Of course, prayers were invoked at shrines
whose lineage were rich in traditional and historic associations. But the Japanese were
also required to reconsider the concepts and ideas that had led to the continued
subsistence of such shrines.

神道思想を刺激して、自覚を高めしめた一つの外的因子は、これ亦蒙古襲来であると
思う。平安時代以来東亜の孤島で桃源の夢を貪って居たわれらの祖先が、急に敵性を
持った外力が加わって来るのを見て、自分というものを見直さなければならなく
なった。国家に由緒ある神社に祈祷を捧げるもさることであるが、思想的に神社を存在
せしめて居るものは何だろうかと考えることも亦しなければならなかった。

 

 

It is my opinion that the Mongol invasions had a remarkable influence upon the growth of
Japanese introspective life. Although the often expressed tendency is to treat the
Kamakura period solely from a political angle, there is a sore need for a study of
Kamakura history that will earnestly try to trace the psychic or spiritual foundation of the
Japanese people.

自分の考えでは、蒙古来襲は日本人の内省的生命の発展に非常な影響を与えたもので
ある。鎌倉時代は往々に政治的にのみ取り扱われんとする傾向があるが、本当に日本人
の精神的及び霊性的展開を跡づけんとするには、この方面からの鎌倉史の研究が
もっとも必要である。

 

 

In Man’yo times the Japanese seishin was still primitive, manifesting merely a childlike
simplicity and artlessness. Heian times were still not favored with an opportunity that
would permit the Japanese to discover the spirituality lying hidden at the end of deep
self-introspection. But now, because of gravely serious political developments, because
of many forces in motion within and without, the psyche or spirituality of the
Japanese――which had during this time been gradually nurtured along, smoothly and
otherwise――experienced a crisis at its roots. The Japanese were obliged to consider
whether or not their own resources were really capable of dealing with the impending
invasions.

万葉時代では、日本精神はまだ原始的・嬰孩的(えいがいてき)素朴性を表現したに
すぎぬ。平安時代では、まだ自分を深く反省してその底に潜んで居る霊性を見出す
だけの機会に恵まれなかった。しかしその間に漸を逐うて養われて来たもの――順縁的
にまた逆縁的に育て上げられた日本人の精神が、霊性が、政治的大変動――すなわち
内外から動き出してきた諸勢力のために、その根底において危機を感じた。自分の
持って居るものが、果たしてこれらの襲撃に対して抵抗し得るか、どうかと検討
しなければならなくなった。


 

Selected Works of D.T. Suzuki, Volume III: Comparative Religion (English Edition)

Selected Works of D.T. Suzuki, Volume III: Comparative Religion (English Edition)

 

 

日本的霊性 完全版 (角川ソフィア文庫)

日本的霊性 完全版 (角川ソフィア文庫)

 

 

Download the whole English text in PDF

https://terebess.hu/zen/mesterek/Suzuki-Japanese-Spirituality.pdf

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約