しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「宗教やイデオロギーの陰の面」を認めることの大切さとは?―What is the importance of acknowledging the “shadow of religion and ideology”? 「ユヴァル・ノア・ハラリ( Yuval Noah Harari) : 21 Lessons for the 21st Century」No.5。

  

f:id:englishforhappiness:20200129062145p:plain

何人かが指摘しているように、「サピエンス全史」「ホモ・デウス」など、2000万部
以上の世界的ベストセラーの著者・ユヴァル・ノア・ハラリは、仏教の影響を強く
受けているように見えます。「宗教やイデオロギーの陰の面」を認めることの大切さを
解説――バイリンガルで、どうぞ。

As some people indicate, it seems that Yuval Noah Harari, who is the author of world
best-sellers of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind”
“Homo Deus: A Brief History of Tomorrow,” is strongly influenced by the Buddhist
teachings. He gives us commentaries on the importance of acknowledging the “shadow
of religion and ideology”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

For example, Christianity has been responsible for great crimes such as the Inquisition,
the Crusades, the oppression of native cultures across the world, and the
disempowerment of women. A Christian might take offence at this and retort that all
these crimes resulted from a complete misunderstanding of Christianity. Jesus preached
only love, and the Inquisition was based on a horrific distortion of his teachings.

たとえばキリスト教には、異端審問や十字軍の派遣、世界中の先住民族文化の迫害、
女性の力の剥奪といった大きな罪の責任がある。そう言われると、キリスト教徒は腹を
立て、こうした罪はみな、キリスト教を完全に誤解したためになされたと反論するかも
しれない。イエス・キリストは愛しか説いておらず、異端審問はこの教えの恐ろしい
歪曲に基づいていた、と。

 

 

We can sympathize with this claim, but it would be a mistake to let Christianity off the
hook so easily. Christians appalled by the Inquisition and by the Crusades cannot just
wash their hands of these atrocities――they should rather ask themselves some very
tough questions. How exactly did their ‘religion of love’ allow itself to be distorted in such
a way, and not once, but numerous times?

この主張には共感しうるが、そう簡単にキリスト教を無罪放免にしたら誤りになる。
異端審問や十字軍の派遣にぞっとしたキリスト教徒は、これらの残虐行為とあっさり
縁を切るわけにはいかない。そうする代わりに、とても難しい疑問を自らに投げかける
べきだ。いったいぜんたい、どうして「愛の宗教」は自らがそんなふうに歪曲される
のを許したのか?それも、一度だけではなく、何度も。

 

 

Protestants who try to blame it all on Catholic fanaticism are advised to read a book
about the behavior of Protestant colonists in Ireland or in North America. Similarly,
Marxists should ask themselves what it was about the teachings of Marx that paved the
way to the Gulag, scientists should consider how the scientific project let itself so easily
to destabilizing the global ecosystem, and geneticists in particular should take warning
from the way the Nazi hijacked Darwinian theories.

すべてをカトリックの狂信的行為のせいにしようとするプロテスタントは、
アイルランドや北アメリカでのプロテスタントの入植者がどんな振る舞いをしたかが
書かれた本を読むといい。同様にマルクス主義者は、マルクスの教えのどんなところ
が、強制労働収容所への道を拓いたのか自問するべきだし、科学者は科学的要素が
グローバルな生態系を不安定にさせる行為に、どうしてこれほど簡単に荷担して
しまったかを考えるべきだし、とくに遺伝学者は、ナチスに進化論の諸説を
乗っ取られてしまったことを戒めとするべきだ。

 

 

Every religion, ideology, and creed has its shadow, and no matter which creed you follow
you should acknowledge your shadow and avoid the naïve reassurance that ‘it cannot
happen to us’.

どの宗教やイデオロギーや信条にも陰の面があり、どの信条に従おうと、自分の陰の面
を認め、道を誤るようなことは「私たちには起こるはずがない」などという甘い考えを
抱いて安心するのは避けるべきだ。

 

 

Secular science has at least one big advantage over most traditional religions, namely
that it is not terrified of its shadow, and it is in principle willing to admit its mistakes and
blind spots.

世俗主義の科学には、大半の伝統的宗教よりもずっと有利な点が少なくとも一つある。
すなわち、自分の陰の面に恐れをなしておらず、進んで自分の誤りや盲点を認める建前
になっていることだ。

 

 

If you believe in an absolute truth revealed by a transcendent power, you cannot allow
yourself to admit any error――for that would nullify your whole story. But if you believe in
a quest for truth by fallible humans, admitting blunders is an inherent part of the game.

もしあなたが、超越的な力によって明かされる絶対的な真実を信じていたら、どんな
誤りを認めることも自分に許せない。認めたら、自分が信じている物語全体が無効に
なってしまうからだ。だが、誤りを犯しがちな人間による真実の探求の価値を信じて
いるなら、失敗を認めることも、自ずとその探究の一端となる。

 

 

This is also why undogmatic secular movements tend to make relatively modest
promises. Aware of their imperfections, they hope to effect small incremental changes,
raising the minimum wage by a few dollars or reducing child mortality by a few
percentage points.

教条主義的な世俗主義の運動が、比較的慎ましい約束しかしない傾向にある理由も
そこにある。そうした運動は、自らの不完全性を心得ているので、最低賃金を数ドル
上げたり、小児死亡率を数パーセント下げたりといった、小さな変化を少しずつ
もたらすことを期待している。

 

 

It is the mark of dogmatic ideologies that due to their excessive self-confidence they
routinely vow the impossible. Their leaders speak all too freely about ‘eternity’, ‘purity”
and ‘redemption’, as if by enacting some law, building some temple, or conquering some
piece of territory they could save the entire world in one grand gesture.

教条主義的なイデオロギーは、自信過剰であるために、不可能な目標の達成を常習的に
誓うのが特徴だ。そうしたイデオロギーの指導者は、「永遠」「純粋」「救済」
といったことについて好き勝手に語る。まるで、何か法を決めたり、神殿を築いたり、
どこかの領土を征服したりすれば、全世界を一気に救えるかのように。

 

 

As we come to make the most important decisions in the history of life, I personally
would trust more in those who admit ignorance than in those who claim infallibility. If you
want your religion, ideology, or world view to lead the world, my first question to you is:
‘What was the bigger mistake your religion, ideology or world view committed? What did
it get wrong?’ If you cannot come up with something serious, I for one would not trust
you.

私たちがこれからの生命の歴史の中で最も重要な決定を下すにあたって、私としては、
無謬性(むびゅうせい)を主張する人よりも無知を認める人を信頼したい。もしあなた
が、自分の宗教かイデオロギーが世界観に世界を導いてほしいのなら、私は真っ先に
問いたい。「あなたの宗教かイデオロギーか世界観が犯した最大の過ちは何か?その
宗教かイデオロギーか世界観は、何を誤解していたか?」と。もしあなたが、何か重大
なことを思いつけないのなら、少なくとも私は、あなたを信用しないだろう。

 

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

 ※ご参考に(For your reference)。

Beyond Religion

Beyond Religion

  • 作者:Dalai Lama
  • 出版社/メーカー: HarperCollins India
  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: ペーパーバック
 

 

ダライ・ラマ宗教を超えて

ダライ・ラマ宗教を超えて

 

 

Beyond Religion: Ethics for a Whole World by H. H. Dalai Lama(2016-03-09)

Beyond Religion: Ethics for a Whole World by H. H. Dalai Lama(2016-03-09)

  • 作者:H. H. Dalai Lama
  • 出版社/メーカー: Brilliance Audio
  • 発売日: 1628
  • メディア: CD
 

  

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約