しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

仏教で読み解く「サピエンス全史」その8。仏教は、「幸福の本質」をどのように捉えているか?Reading “Sapiens: A Brief History of Humankind” through Buddhism. No.8――How does Buddhism grasp the ”essence of happiness”?

f:id:englishforhappiness:20200227041412j:plain

「サピエンス全史」「ホモ・デウス」など、2000万部以上の世界的ベストセラーの
著者・ユヴァル・ノア・ハラリが、仏教が2500年にわたって研究してきた「幸福の
本質」について解説――バイリンガルで、どうぞ。

Yuval Noah Harari, who is the author of world best-sellers of over 20 million copies such
as “Sapiens: A Brief History of Humankind” “Homo Deus: A Brief History of Tomorrow,”
gives us commentaries on the “essence of happiness,” which Buddhists have studied for
2500 years――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Buddhism has assigned the question of happiness more importance than perhaps any
other human creed. For 2,500 years, Buddhists have systematically studied the essence
and causes of happiness, which is why there is a growing interest among the scientific
community both in their philosophy and their meditation practices.

仏教はおそらく、人間の奉じる他のどんな信条と比べても、幸福の問題を重要視して
いると考えられる。2500年にわたって、仏教は幸福の本質と根源について、体系的に
研究してきた。科学界で仏教哲学とその瞑想の実践の双方に関心が高まっている理由も
そこにある。

 

 

Buddhism shares the basic insight of the biological approach to happiness, namely that
happiness results from processes occurring within one’s body, and not from events in the
outside world. However, starting from the same insight, Buddhism reaches very different
conclusions.

幸福に対する生物学的な探究方法から得られた基本的見識を、仏教も受け容れている。
すなわち、幸せは外の世界の出来事ではなく身体の内で起こっている過程に起因する
という見識だ。だが仏教は、この共通の見識を出発点としながらも、まったく異なる
結論に行き着く。

 

 

According to Buddhism, most people identify happiness with pleasant feelings, while
identifying suffering with unpleasant feelings. People consequently ascribe immense
importance to what they feel, craving to experience more and more pleasures, while
avoiding pain. Whatever we do throughout our lives, whether scratching our leg,
fidgeting slightly in the chair, or fighting world wars, we are just trying to get pleasant
feelings.

仏教によれば、たいていの人は快い感情を幸福とし、不快な感情を苦痛と考える
という。その結果、自分の感情に非常な重要性を認め、ますます多くの喜びを経験する
ことを渇愛し、苦痛を避けるようになる。脚を掻くことであれ、椅子で少しもじもじ
することであれ、世界大戦を行なうことであれ、生涯のうちに何をしようと、私たちは
ただ快い感情を得ようとしているにすぎない。

 

 

The problem, according to Buddhism, is that our feelings are no more than fleeting
vibrations, changing every moment, like the ocean waves. If five minutes ago I felt joyful
and purposeful, now these feelings are gone, and I might well feel sad and dejected.

だが仏教によれば、そこには問題があるという。私たちの感情は、海の波のように
刻一刻と変化する、束の間の心の揺らぎにすぎない。5分前に喜びや人生の意義を
感じていても、今はそうした感情は消え去り、悲しくなって意気消沈しているかも
しれない。

 

 

So if you want to experience pleasant feelings, I have to constantly chase them, while
driving away the unpleasant feelings. Even if I succeed, I immediately have to start all
over again, without ever getting any lasting reward for my troubles.

だから快い感情を経験したければ、たえずそれを追い求めるとともに、不快な感情を
追い払わなければならない。だが、仮にそれに成功したとしても、ただちに一から
やり直さなければならず、自分の苦労に対する永続的な報いはけっして得られない。

 

 

What is so important about obtaining such ephemeral prizes? Why struggle so hard to
achieve something that disappears almost as soon as it arises? According to Buddhism,
the root of suffering is neither the feeling of pain nor of sadness nor even of
meaninglessness. Rather, the real root of suffering is this never-ending and pointless
pursuit of ephemeral feelings, which causes us to be in a constant state of tension,
restlessness and dissatisfaction. Due to this pursuit, the mind is never satisfied. Even
when experiencing pleasure, it is not content, because it fears this feeling might soon
disappear, and craves that this feeling should stay and intensify.

そのようなはかない褒賞を獲得するのが、なぜそこまで重要なのか?現れたが早いか
消えてなくなるものを達成するために、なぜそれほど苦労するのか?仏教によれば、
苦しみの根源は苦痛の感情でも、悲しみの感情でもなければ、無意味さの感情でさえ
ないという。むしろ苦しみの真の根源は、束の間の感情をこのように果てしなく、
空しく求め続けることなのだ。そして感情を追い求めれば、私たちはつねに緊張し、
混乱し、不満を抱くことになる。この追求のせいで、心はけっして満たされることは
ない。喜びを経験しているときにさえ、心は満足できない。なぜなら心は、この感情が
すぐに消えてしまうことを恐れると同時に、この感情が持続し、強まることを渇愛する
からだ。

 

 

People are liberated from suffering not when they experience this or that fleeting
pleasure, but rather when they understand the impermanent nature of all their feelings,
and stop craving them. This is the aim of Buddhist meditation practices. In meditation,
you are supposed to closely observe your mind and body, witness the ceaseless arising
and passing of all your feelings, and realize how pointless it is to pursue them.

人間は、あれやこれやのはかない感情を経験したときではなく、自分の感情はすべて
束の間のものであることを理解し、そうした感情を渇愛することをやめたときに
初めて、苦しみから解放される。それが仏教で瞑想の修練を積む目的だ。瞑想するとき
には、自分の心身を念入りに観察し、自分の感情がすべて絶え間なく涌き起こっては
消えていくのを目の当たりにし、そうした感情を追い求めるのがいかに無意味かを悟る
ものとされている。

 

 

When the pursuit stops, the mind becomes very relaxed, clear and satisfied. All kinds of
feelings go on arising and passing――joy, anger, boredom, lust――but once you stop
craving particular feelings, you can just accept them for what they are. You live in the
present moment instead of fantasizing about what might have been.

感情の追求をやめると、心は緊張が解け、澄み渡り、満足する。喜びや怒り、退屈、
情欲など、ありとあらゆる感情が現れては消えることを繰り返すが、特定の感情を渇愛
するのをやめさえすれば、どんな感情もあるがままに受け容れられるようになる。
ああだったかもしれない、こうだったかもしれないなどという空想をやめて、今この
瞬間を生きることができるようになるのだ。



 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2015/04/30
  • メディア: ペーパーバック
 

  

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Audiobooks
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: CD
 

 

Nonduality: In Buddhism and Beyond

Nonduality: In Buddhism and Beyond

  • 作者:David R. Loy
  • 出版社/メーカー: Wisdom Publications
  • 発売日: 2019/06/04
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

※ His latest work(最新作)

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約