しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ホモ・デウス」の幸せになる読み方。その8。伝統宗教に代わって、人々の心をひとつにしている教義とは何か? Reading “Homo Deus: A Brief History of Tomorrow” for Happiness. No.8――What creed has replaced traditional religions to unite people’s minds?

 

f:id:englishforhappiness:20200314064106j:plain

「サピエンス全史」「ホモ・デウス」など、2000万部以上の世界的ベストセラーの
著者・ユヴァル・ノア・ハラリによれば、宗教とは、社会秩序を維持して大規模な
協力体制を組織するための手段だった、とのことです。では、現在、宗教に代わって
人々の心をひとつにしている教義とは?――バイリンガルで、どうぞ。

According to Yuval Noah Harari, who is the author of world best-sellers of over 20 million
copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind” “Homo Deus: A Brief History of
Tomorrow,” religion was a tool for preserving social order and for organizing large-scale
cooperation. Then, what creed has replaced traditional religions to unite people’s minds
now? ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

The antidote to meaningless and lawless existence was provided by humanism,
a revolutionary new creed that conquered the world during the last few centuries. The
humanist religion worships humanity, and expects humanity to play the part that God
played in Christianity and Islam, and that the laws of nature played in Buddhism and
Daoism.

意味も神や自然の法もない生活への対応策は、人間至上主義が提供してくれた。
人間至上主義は、過去数世紀の間に世界を征服した新しい革命的な教義だ。
人間至上主義という宗教は、人間性を崇拝し、キリスト教イスラム教で神が、仏教と
道教で自然の摂理がそれぞれ演じた役割を、人間性が果たすものと考える。

 

 

Whereas traditionally the great cosmic plan gave meaning to the life of humans,
humanism reverses the roles and expects the experiences of humans to give meaning to
the cosmos. According to humanism, humans must draw from within their inner
experiences not only the meaning of their own lives, but also the meaning of the entire
universe. This is the primary commandment humanism has given us; create meaning for
a meaningless world.

伝統的には宇宙の構想が人間の人生に意味を与えていたが、人間至上主義は役割を逆転
させ、人間の経験が宇宙に意味を与えるのが当然だと考える。人間至上主義によれば、
人間は内なる経験から、自分の人生の意味だけでなく森羅万象の意味も引き出さ
なくてはならないという。意味のない世界のために意味を生み出せ――これこそ
人間至上主義が私たちに与えた最も重要な戒律なのだ。

 

 

Accordingly, the central religious revolution of modernity was not losing faith in God;
rather, it was gaining faith in humanity. It took centuries of hard work. Thinkers wrote
pamphlets, artists composed poems and symphonies, politicians struck deals――and
together they convinced humanity that it can imbue the universe with meaning.

したがって、この近代以降の中心的宗教革命は、神への信心を失うことではなく、
人間性への信心を獲得することだった。それには、何世紀にもわたって懸命に努力を
重ねなければならなかった。思想家は論説を書き、芸術家は詩を作ったり交響曲を作曲
したりし、政治家は取り決めをまとめ、彼らが総がかりで人類に、森羅万象に意味を
持たせることができると確信させた。

 

 

To grasp the depth and implications of the humanist revolution, consider how modern
European culture differs from medieval European culture. In 1300 people in London, Paris
and Toledo did not believe that humans could determine by themselves what is good
and what is evil, what is right and what is wrong, what is beautiful and what is ugly. Only
God could create and define goodness, righteousness and beauty.

この人間至上主義の革命の深遠さと意義を理解するには、現代ヨーロッパの文化が中世
ヨーロッパの文化とどう違うかを考えるといい。1300年には、ロンドンやパリやトレド
の人々は、何が善で何が悪か、何が正しく何が間違っているか、何が美しく何が醜いか
を、人間が自ら決められるとは思っていなかった。善や正義や美を創造し、定義しうる
のは、神だけだった。

 

 

Today things are very different. For centuries humanism has been convincing us that we
are the ultimate source of meaning, and that our free will is therefore the highest
authority of all. Instead of waiting for some external entity to tell us what’s what, we can
rely on our own feelings and desires. From infancy we are bombarded with a barrage of
humanist slogans counselling us; ‘Listen to yourself, be true to yourself, trust yourself,
follow your heart, do what feels good.’

今日では事情は大違いだ。私たちが意味の究極の源泉であり、したがって、人間の
自由意志こそが最高の権威であると、人間至上主義は何世紀もかけて私たちに納得
させてきた。私たちは何かしら外的なものが、何がどうだと教えてくれるのを待つ
代わりに、自分自身の欲求や感情に頼ることができる。私たちは幼い頃から、
人間至上主義のスローガンをこれでもかとばかりに浴びせかけられる。そうした
スローガンは「自分に耳を傾けよ、自分に忠実であれ、自分を信頼せよ、自分の心に
従え、心地良いことをせよ」と勧める。

 

 

Jean-Jacques Rousseau summed it all up in his novel Emile, the eighteen-century bible of
feeling. Rousseau held that, when looking for life’s rules of conduct, he found them ‘in
the depth of my heart, traced by nature in characters which nothing can efface. I need
only consult myself with regard to what I wish to do; what I feel to be good is good, what
I feel to be bad is bad.’

ジャン=ジャック・ルソーは、感情についての18世紀の聖書とも言うべき小説
『エミール』の中でそれをそっくり要約している。ルソーは、人生における行動規準を
探すと、それが「自分の心の奥底に、何物も消し去ることのできない文字で、自然に
よって書き込まれている」のを見つけた。「自分が何をしたいと望んでいるか、善いと
感じていることが善いかどうか、悪いと感じていることが悪いかどうかに関しては、
自分自身の意見を聞きさえすればいいのだ」

 

 

 

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

 

 

 

 

 

 

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2015/04/30
  • メディア: ペーパーバック
 

  

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Audiobooks
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: CD
 

  

 

※ His latest work(最新作)

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約