しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「悟りを生きる」。その12。「スピリチュアルな体験」は、そのまま幸福につながるか? “Living Realization” No.12―Do “spiritual experiences” directly lead to happiness ?

 

f:id:englishforhappiness:20200423053023j:plain

「スピリチュアルな体験」は、あなたにも起こり得る。だが、それを幸福につなげる
ために覚えておいてほしいことがある――解説を、バイリンガルで、どうぞ。

“Spiritual experiences” can happen to you. However, you should remember something
for them to lead to happiness――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Spiritual experiences can be beautiful. Enjoy them totally if they occur. However, each
experience is temporary, no matter how spiritual or unspiritual it is perceived to be. This
realization is not about having a particular experience. It is not about becoming
a witness, in order to witness experience. Neither is it about a separate person having
an experience. It is the recognition of awareness as that to which all experiencing
happens, regardless of its content.

素晴らしいスピリチュアルな体験をすることはあります。それが起きた時には、
心ゆくまで堪能してください。でも、崇高な体験であろうとなかろうと、体験はどれも
一時的なものです。本書で言及している悟りは、特別な体験をすることでは
ありません。そういう体験をして、それが本当に起き得ることを証明しましょうと
言っているわけでもありません。またそういう体験をした個人について書いているわけ
でもありません。どのような内容であろうと、あらゆる体験が起きる場である気づきを
認識してもらいたいのです。

 

 

Every experience is permeated by awareness, no matter whether it is a spiritual
experience full of love and peace, or the experience of arguing with your spouse. All
experiences are equal. To perceive reality in any other way sets up a duality, in which
pleasurable or comfortable experiences are sought, while painful or uncomfortable
experiences are pushed away. Even when we have pleasurable spiritual experiences, there
is no need to try to recreate those past experiences. To chase after some memory is just
more seeking.

愛と平安に満ちあふれたスピリチュアルな体験であろうと、配偶者とのけんかで
あろうと、あらゆる体験には気づきが浸透しています。すべての体験は同等です。現実
を現実とは異なる目で見ることで二元性が設定され、その中で楽しく快い体験が追求
され、苦しく不快なものは退けられます。喜ばしいスピリチュアルな体験をした
としても、そのような過去の出来事をもう一度体験するために努力する必要は
ありません。何らかの記憶を追いかけるのも、単に追求が増えるだけです。

 

 

If you seek spiritual experiences that you’ve heard about from teachers, or other seekers,
you reduce those experiences to concepts. You then experience a seeking toward those
concepts, believing that they will provide freedom.

指導者や探求者たちから伝え聞いたスピリチュアルな体験を追求する時、あなたはその
体験を単なる概念に変えてしまっています。あなたはそのような体験によって自由に
なれると信じながら、その概念を目指して追求することになります。

 

 

If you notice, even the seeking towards some concept or experience is a present
appearance, coming and going to awareness. When you see yourself seeking towards the
concept of a future spiritual experience, just notice the thought and rest in thought-free
awareness.

でもよく見れば、特定の概念や体験を追求することでさえも今に現れていることで
あって、気づきに訪れて去っていきます。もし未来でのスピリチュアルな体験という
概念を追求している自分に気づいたら、ただその思考があることを認識して、思考の
ない気づきの中で休息しましょう。

 

 

Concepts are not the source of freedom. Spiritual experiences, although they can appear,
are not the source of freedom either. They are not required for freedom. Awareness is
already free regardless of what moves upon the surface of it. Each experience is seen to
be a temporary perception coming and going, without a need to cling to it for a sense of
well-being. Yet even if clinging arises, that too is seen to be a temporary perception
coming and going.

概念によって自由を得ることはできません。スピリチュアルな体験が現れることは
ありますが、それによって自由を得ることもできません。それらは自由になるために
必要なものではないのです。気づきの表面で何が動こうと、気づきは既に自由です。
体験はどれも訪れては去っていく一時的に知覚されたものであり、幸福感を得るために
それらにすがりつく必要はありません。もしすがりついてしまっても、それも訪れて
やがて去ってしまう知覚の対象だと見なされます。

 

 

We come to see that our sense of well-being is not dependent on having certain
experiences and avoiding others. We see that we are not separate, time-bound selves
defined by our past experiences, and looking to enhance our selfhood through the
attainment of future experiences, spiritual or otherwise.

ある種の体験を歓迎してそれ以外を避けることで幸福にはなれないことを、あなたは
知るようになります。そしてあなたは独立した存在ではなく、過去の体験によって定義
されるような時間に縛られた自己でもなく、未来にスピリチュアルな体験やその他の
体験を実現して大きくなろうとしている自己でもないことがわかってきます。

 

 

The notion of being a separate self that must attain something in the future is a present
appearance of thoughts, emotions, and sensations coming and going inseparably to
awareness. In this seeing, every experience is seen to be perfect, just a it is. Experience is
constantly moving, changing, and shifting as the dynamic, fluid flow of life while a deep
and profound stability remains, regardless of the particular experience that is appearing
at any given point.

未来で何かを成し遂げるべき独立した自己という発想は、今気づきに現れている思考、
感情、感覚であって、それらは気づきとは切り離せない形で現れて消えていきます。
これがわかれば体験はどれもこれも、そっくりあるがままで完璧だとわかります。体験
はダイナミックに流転する生として常に動いて移り変わりますが、極めて深いところは
ずっと安定しています。たとえ特別な体験が現れた時でも、その安定は変わりません。

 

 

It is only thought that labels something as a separate experience. Through dividing life
into separate experiences, we believe that the experience we have now is not sufficient
and that there is some later experience that we must attain in order to be free, happy,
joyful, or peaceful.

体験を一つの独立したものとしてラベルづけするのは思考だけです。生きることを一つ
ひとつの体験に分割することで、現在自分が体験していることは何かが足りない、
そして自由や幸せ、楽しみ、安らかさを手に入れるには、これから先で体験するべき
出来事があると信じてしまいます。

 

 

In seeing that all separation is a product of thought, seamless experiencing automatically
shows up as a constant river of change flowing through stable, ever-present awareness.
This present seamless experiencing is where our happiness, joy, and peace reside.

でも思考の働きが分離を生んでいるのがわかれば、自動的に継ぎ目のない体験が出現
します。それはまるで絶え間なく変化する川のように、ずっと在り続けている安定した
気づきの中を流れています。この今の継ぎ目のない体験こそ、幸福や喜び、安らぎの
住む場所なのです。

 

 

 

 

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約