しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「悟りを生きる」。その17。仏教の重要な教えのひとつ「空(くう)」を理解すれば、あなたの人生は楽になる? “Living Realization” No.17―Will you feel relieved in your life, when you understand “emptiness,” which is one of the most important Buddhist teachings?

 

f:id:englishforhappiness:20200503090719j:plain

仏教に興味がある人なら、聞いたことがあるかもしれない「空(くう)」。あなたの人生
を楽にする、素晴らしい考え方だと言う――解説を、バイリンガルで、どうぞ。

Whoever is interested in the Buddhist teachings might have heard of “emptiness,” which
is said to be the wonderful way of thinking to let you feel relieved in your life――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

We realize the Middle Way by experiencing the empty nature of all things, while not
denying conventional existence.

あらゆるものは空 (くう) だという感覚をもちながらも慣習的現実を否定しないことで、
中道を実感することができます。

 

 

It’s important to grok what “emptiness” is really referring to here. “Awareness” and
“emptiness” are not the same in this method. Awareness is the capacity to observe. It is
that to which an appearance comes and goes. To fully grok the Middle Way, it may be
helpful to drop the word “awareness” and begin seeing things as empty.

本書でいう「空」とは実際どういうことかを理解するのは重要です。ここで述べている
「気づき」と「空」とは異なるものです。気づきとは観察する能力であって、現れは
気づきに生じて消えていきます。中道をしっかりと理解するためには、「気づき」
という言葉をいったん忘れて、すべてを空として見るのがよいかもしれません。

 

 

Emptiness is not the capacity to observe; it is the word we use to describe the realization
that a thing, such as the self, has no separate, objective nature in and of itself. It doesn’t
just exist on its own side. If something could exist on its own side, it would just appear
without some perception of it.

「空」とは、観察する能力ではありません。「空」という言葉は、例えば自己のような
もの自体には独立性も客観性もないと理解した際に、それを表現するために使います。
どのようなものも、その対極に位置するものなしに単独で存在することはありません。
もしそうして存在できるものがあったならば、それが現れてもどのような知覚も
生じないでしょう。

 

 

Look around. Nothing appears that way. Things and people are empty of content until
we look, think, touch, taste, sense, and feel. They are painted into experience through
perceiving, thinking, feeling, and sensation. And this is what gives them their unique,
non-objective, and non-separate appearance.

あたりを見回してください。何一つとして、そういう現れ方はしていないでしょう。
人もものも、あなたが見たり考えたり触れたり味わったり感じたりするまでは、内容の
ない空っぽの状態です。それはあなたが見て考えて感じ取ることで描写され、体験
されます。それらはそうして独特な様相で現れているのであって、客観的なものでも
独立したものでもないのです。

 

 

We no longer see ourselves and others as fixed. So the suffering, seeking, and conflict we
once experienced in relationship dissolve into a greater sense of joy, ease, peace, love,
well-being and lightness.

もうあなたは、あなた自身や他の人々がずっと変わらないものだとは思わなく
なります。それにより、人間関係でこれまで感じてきた苦しみや追求、葛藤は消えて
いき、代わりに楽しさや気楽さ、穏やかさ、愛、幸福感、陽気さを感じることが増えて
いきます。

 

 

This doesn’t mean that challenging people and situations, illness, pain, divorce and death
will not arise in the play of life. It simply means that any suffering, seeking, or conflict we
continue to experience in these happenings arises because of some leftover belief in
separation. Each time suffering, seeking, or conflict arises, it is an opportunity to see
through the sense of separation that has popped up.

これは人生で困った人々や状況、病気、痛み、離婚、死などには出会わなくなるという
意味ではありません。単に、これらの出来事で相変わらず苦しみや追求、葛藤を体験
するならば、他人や物事があなたとは別に存在するという思い込みがどこかに残って
いることを示しているという意味です。苦しみ、追求、葛藤が生じた時は、ふと湧いて
くる「この人 (または状況)」は自分とは別に存在している」という感覚が偽りである
ことを見抜くための機会なのです。

 

 

※ I introduce to you “Thich Nhat Hanh: The Other Shore” as an easy-to-understand book
of the concept of “emptiness.”

※「空」の概念をやさしく理解できる本として、「ティク・ナット・ハンの般若心経」
をご紹介します。

 

 

The Other Shore: A New Translation of the Heart Sutra with Commentaries

The Other Shore: A New Translation of the Heart Sutra with Commentaries

  • 作者:Thich Nhat Hanh
  • 出版社/メーカー: Palm Leaves Press
  • 発売日: 2017/07/18
  • メディア: ペーパーバック
 

 

ティク・ナット・ハンの般若心経

ティク・ナット・ハンの般若心経

 

 

 

 

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約