しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「悟りを生きる」。その18。「客観的な見方」というのは存在しない、ということを理解することで、あなたは人生をもっと楽しめるようになる? “Living Realization” No.18―Will you be able to more joyfully experience everything in life by seeing through the belief in “objectivity?”

 

f:id:englishforhappiness:20200505112234j:plain

自分が物事を客観的に見ることはあり得ない、とわかれば、あなたの前にどのような
ことが現れても、その体験を楽しめるようになると言う――解説を、バイリンガルで、
どうぞ。

It is said that no longer believing that you see things objectively allows you to joyfully
experience everything in life――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Seeing through the belief in objectivity is an important insight in the Middle Way.
Objectivity is the misperception that you see things the way they really are. No longer
believing that you see things objectively frees you from believing that any of your
thoughts are absolutely true, no matter what they are, how convincing they sound, or
how intellectual or spiritual they appear.

客観的な見方は存在しないという洞察を得ることは、中道においては大変に重要です。
客観とは物事の真の姿を見ることとされていますが、それができていると思うのは錯覚
です。自分が物事を客観的に見ることはあり得ないとわかれば、自分の思考が絶対的な
真実だと思い込むことはなくなります。それがどのような思考であっても、そして
どれだけ説得力があろうと、筋が通っていようと、神聖に響こうと、真理として
受け止めることはありません。

 

 

They are relative viewpoints only. This unties you from your need to be right and to make
others wrong, while still allowing you to express yourself freely. Seeing through
objectivity in every moment allows you to joyfully experience everything, as it appears to
you. You become comfortable in your subjective experiencing as well as your viewpoints,
knowing that you are never seeing things the way they really are.

すべての思考は単に相対的な観点です。これがわかれば、自分が正しくて相手は
間違っていることにする必要はなくなりますが、今まで通り自分を自由に表現すること
もできるのです。客観的な事実などないことをいつもわかっていれば、あなたの前に
どのようなことが現れても、その体験を楽しめるようになります。自分が物事の本当の
姿を見ることは決してないと知れば、自分流の見方はもちろん、主観的な体験にも不安
を感じることはないでしょう。

 

 

In the Middle Way, instead of landing on the exclusive view, “nothing exists,” we see that
everything still appears, but things are empty of separate, objective nature. The world of
form is still experienced fully but it has a more translucent quality, including thought
itself.

中道では、「何も存在しない」という結論に落ち着いて他の意見を排除することは
なく、どれもこれも現れ続けるけれども、そのあり方には独立性も客観性もないことを
理解しています。それがわかった後でも形あるものの世界を存分には体験しますが、
その世界は思考を含めてますます透明性を増していきます。

 

 

When resting without thought, life appears as a seamless, inseparable tapestry. When
thought arises, it paints pictures of things that have no independent, objective nature.

何も考えずに休息していると、様々な体験は継ぎ目のない、切り離せないタペストリ
のように見えます。思考が生じ、その思考は様々なものの絵を描きます。描かれたもの
には独立性も客観性もありません。

 

 

But there is still the appearance of those things, interwoven with and inseparably
connected to each other. In the play of form, uniqueness is everywhere but nothing has
an objective nature. How something looks depends on the angle from which it is
perceived, thought about, felt, and sensed.

それでもそれらは相変わらず見えていて、互いに織り合わさり、切り離すことが
できません。形あるものの戯れはどこもかしこも独特ですが、どれも客観性は
ありません。物事がどう見えるかは、どの方向からそれを見るか、考えるか、
感じるか、判断するかによって決まるのです。

 

 

The appearance of the body, as transparent as it is, gives you a specific physical angle
from which you view other things, the world, and the universe. The language you speak is
unique to you and others who speak that language. You may continue to find yourself
situated within a particular culture, following those culture norms, consciously or
unconsciously. You see that your thoughts paint a particular picture of the world and the
universe, colored by your experiences, education, history, culture, and upbringing.

体という現れは透明ではあるものの、あなたに特定の物理的な方向性を与えていて、
あなたはその方向から他のものや世界、宇宙を見るのです。あなたが話す言語は、
あなたや同じ言語を話す他の人々に特有のものです。あなたは特定の文化の中にいて、
意識的にせよ無意識的にせよ、その文化の決まりごとに従い続けているのでは
ないでしょうか? あなたの思考は特定の世界や宇宙の絵を描き、あなたの体験や
受けてきた教育、経歴、文化、育ち方がその絵に色をつけています。

 

 

You are looking through a unique lens in each moment. This allows you to experience the
world uniquely, without believing that you are a separate self with the correct view of
how life really is.

あなたは毎瞬毎瞬、独特なレンズを通して見ています。それによりあなたは独特な世界
を体験できるのですが、あなたという独立した自己が様々な体験の本当の姿を正しく
把握しているとは信じません。

 

 

The more you see this conditioning, the more you are free of it, and the less you believe
your thoughts to be objectively true. The world is seen to be fully here, but made of
relative stories.

このような条件づけを自覚すればするほど、あなたはその条件づけから自由になり、
あなたの思考が客観的に正しいとは信じなくなります。あなたの目の前には世界が
はっきりと見えますが、その世界は相対的な物語で作られているのです。

 

 

The Other Shore: A New Translation of the Heart Sutra with Commentaries

The Other Shore: A New Translation of the Heart Sutra with Commentaries

  • 作者:Thich Nhat Hanh
  • 出版社/メーカー: Palm Leaves Press
  • 発売日: 2017/07/18
  • メディア: ペーパーバック
 

 

ティク・ナット・ハンの般若心経

ティク・ナット・ハンの般若心経

 

 

 

 

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約