しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「シュライアマハー:宗教について」。その10。なぜ、宗教は、気軽に話題にすることができないのか?”Schleiermacher: On Religion” No.10――Why cannot religion be an ingredient of a light conversation?

 

f:id:englishforhappiness:20200527074252j:plain

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を
求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いている
のではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハー
が、宗教を話題にする時の私たちの心の傾向について解説――バイリンガルで、どうぞ
(日本語版はドイツ語初版からの翻訳なので、英語版との間に多少の違いがあることを
ご了承下さい)。

Now is the time even entitled “After Corona,” which is asking for the transformation of
our past values. Many people might feel pulled toward a belief in something beyond
intellect. Friedrich Schleiermacher, who is called “Father of Modern Liberal Theology,”
gives us commentaries on the tendency of our mind while talking about
religion――more to come both in English and in Japanese (I hope you will understand
that there are some differences between the English version and the Japanese one
because the Japanese one is translated from the first German edition).

 

 

 

Many who are full of goodwill toward religion have reproached you because you speak
about all important subjects in friendly company, except God and divine things.

宗教に完全な好意を寄せている多くの人々がみなさんを批判するのは、みなさんの間
で、すべての重要な課題が親しい話題の中で語られているのに、なぜ神や神的な事柄に
ついては、そのように語らないのか、という点でしょう。

 

 

I would like to defend you against that charge by suggesting that this view at least
expresses neither contempt nor indifference, but a fortunate and very correct instinct.
Where joy and laughter also dwell and seriousness is supposed to be compliantly joined
to jest and wit, there can be no place for what must forever be encompassed by holy
reserve and awe.

私はこの点でみなさんを擁護して、このことは少なくとも侮蔑とか無関心とかを意味
するのではなくて、むしろより正しい人間の本能を示していると言いたいのです。歓喜
や笑いがあるところでは、まじめさそのものが自ら退いてしまい、洒落や冗談とが
交わりあってしまっているところには聖なる畏敬や怖れに常に取り囲まれていなければ
ならないものなどが、入り込む余地がありません。

 

 

People cannot toss religious views, pious feelings, and serious reflections upon them to
each other in small snatches, like the ingredients of a light conversation; if the
conversation were about such holy objects, it would be more an outrage than ingenuity
to have an answer ready immediately for every question and a response for every
address. Divine things do not permit themselves to be treated in the manner of a quick
and easy exchange of well-aimed wit.

宗教的視点、敬虔な感情、そしてそれらについてのまじめな省察は、気軽な会話の材料
のように、あるいはパン屑を投げ合うようにはできないものなのです。このような
聖なる課題が語られている時には、あらゆる問いにあっという間に、簡単明瞭に答える
ということは、業 (わざ) が冴えているというよりはむしろ冒涜的な行為となってしまう
のです。気のきいた思いつきや、気軽で、すばやい返答というような方法で、神的な
事柄を取り扱うべきではないのです。

 

 

The communication of religion must occur in a grander style, and another type of society,
which is especially dedicated to religion, must arise from it.

宗教の伝達というのは、より大掛かりなやり方で行われなければならないのです。
そしてそのことを通して神的な事柄だけに献身する特別な社交がそこから生まれて
こなければならないのです。

 

 

It is proper that the whole fullness and magnificence of human speech to be expended
on the highest which speech can attain, not as if there were some ornament with which
religion could not dispense, but because it would be unholy and thoughtless not to show
that everything is summoned to represent religion in appropriate power and dignity.

言語が到達し得る限界まで、人間の語りが完全な充実と華麗さとを尽くすことは当然の
ことなのです。しかもそれは単に宗教に不可欠な装飾として用いられるべきではないの
です。そうではなく、宗教をそれにふさわしい力と尊厳によって表現するためには、
あらゆるものを結集しなければならないということを示さないならば、それはかえって
宗教を汚し、軽薄なものとしてしまうのです。

 

 

Thus it is impossible to express and communicate religion other than verbally with all the
effort and artistry of language, while willingly accepting the service of all skills that can
assist fleeting and lively speech. Thus the mouth of the one whose heart is full of religion
is not opened except before an assembly where that which comes forth so magnificently
endowed can have diverse effects.

それ故に、宗教は常に、言葉の威力と技巧のすべてを尽くして、雄弁に語り、伝達
しようとするのです。ですから、その感情が宗教で満ち溢れている人は、このような
言葉を、さまざまな影響を与えることになる集まりでなければ語らないのです。

 

 

 

 

 

 

近代神学の誕生: シュライアマハー『宗教について』を読む

近代神学の誕生: シュライアマハー『宗教について』を読む

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約