しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その3。人生でたった一つ、本当に頼れることとは何か?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.3―― What is the only real refuge in life?

 

f:id:englishforhappiness:20200602080008j:plain

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上の
ベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による
ヴィパッサナー瞑想」の解説本。ブッダが最も重要視したことが説明されています
――バイリンガルで、どうぞ。

This is the commentary book of “Vipassana Meditation” taught by S. N. Goenka, who had
the tremendous influence on Yuval Noah Harari, who is the author of world best-sellers
of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind.” Here what the
Buddha gave highest importance to is explained――more to come both in English and in
Japanese.

 

 

 

The only real refuge in life, the only solid ground on which to take a stand, the only
authority that can give proper guidance and protection is truth, Dhamma, the law of
nature, experienced and verified by oneself.

人生でたった一つ、本当に頼れるものはなんだろう?自分のたしかな土台、自分を
導き、自分を守ってくれるものはなんだろう?それは真理である。自分が実際に体験
し、実証した真理、ダンマ、自然の法である。それ以外にはない。

 

 

Therefore in his teaching the Buddha always gave highest importance to the direct
experience of truth. What he had experienced he explained as clearly as possible so that
others might have guidelines with which to work toward their own realization of truth. He
said, “The teaching I have presented does not have separate outward and inward
versions. Nothing has been kept hidden in the fist of the teacher.”

だから、ブッダは真理を直接体験することがなにより重要だと言う。自分が体験した
ことをわかりやすく説き、それを手本にして人々がみずから真理を見きわめるようにと
願うのだ。ブッダは「わたしの教えには裏も表もない。掌中にかくした秘密はない」と
言う。

 

 

He had no esoteric doctrine for a chosen few. On the contrary, he wished to make the
law of nature known as plainly and as widely as possible, so that as many people as
possible might benefit from it.

実際、選ばれた弟子だけに授ける奥義など持たなかった。逆に、ブッダは自然の法則を
できるだけわかりやすく説き、ひろく普及させ、多くの人がその恩恵にあずかることを
望んだのである。

 

 

Neither was he interested in establishing a sect or a personality cult with himself as its
center. The personality of the one who teaches, he maintained, is of minor importance
compared to the teaching. His purpose was to show others how to liberate themselves,
not to turn them into blind devotees. To a follower who show excessive veneration for
him he said, “What do you gain by seeing this body, which is subject to corruption? He
who sees the Dhamma sees me, he who sees me sees the Dhamma.”

派閥や個人崇拝の集団をつくって自分がその中心にすわる、などという考えは
これっぽっちもなかった。ダンマの教えに比べたら、教えを説く人はそれほど重要で
ない。教えを説く人の役目は人々に自己解放への道を示すことであり、盲目の信者を
つくることではない、とブッダは言う。極端にブッダをまつりあげようとする者がいる
と、その人をこうさとした。「このからだを見てなんになろう、やがては朽ち果てる
ものを。ダンマを見てわたしを見よ、わたしを見てダンマを見よ」

 

 

The only way to experience truth directly is to look within, to observe oneself. All our
lives we have been accustomed to look outward. We have always been interested in what
is happening outside, what others are doing. We have rarely, if ever, tried to examine
ourselves, our own mental and physical structure, our own actions, our own reality.
Therefore we remain unknown to ourselves. We do not realize how harmful this
ignorance is, how much we remain the slaves of forces within ourselves of which we are
unaware.

真理をあるがまま体験する唯一の方法は、自分の内側を見つめること、自分自身を観察
することである。わたしたちは外側ばかり見るくせがついている。外で起こること、
他人のやっていることばかり気にしている。めったに自分自身を見ることがない。自分
の心やからだ、行動、存在、そういうものを見つめることがない。要するに、自分を
知らないのである。自分を知らないということが、どれほど危険なことかもわかって
いない。自分の中に未知の力がひそんでいて、自分がその奴隷になっていることに
気づいていない。

 

 

This inner darkness must be dispelled to apprehend the truth. We must gain insight into
our own nature in order to understand the nature of existence. Therefore the path that
the Buddha showed is a path of introspection, of self-observation.

真理をとらえるためには、この内なる暗闇を一掃しなければならない。自分のほんとう
の姿をしっかり見つめ、存在の本質を理解しなければならない。早い話が、ブッダ
示した道は自己洞察、自己観察の道なのである。

 

 

He said, “Within this very fathom-long body containing the mind with its perceptions, I
make known the universe, its origin, its cessation, and the way leading to its cessation.”
The entire universe and the law of nature by which it works are to be experienced within
oneself. They can only be experienced within oneself.

「この一尋(ひろ)ほどのからだの中に、知覚する心があり、それによって自分の内側
に宇宙が見える。宇宙の始まりが、宇宙の止滅が、そして宇宙の止滅にいたる道すじが
見える」全宇宙と、それを動かす自然の摂理が、自分自身の中で体験できるという。
いや、それは唯一、自分自身の中でしか体験できないものなのである。

 

 

The path is also a path of purification. We investigate the truth about ourselves not out
of idle intellectual curiosity but rather with a definite purpose. By observing ourselves
we become aware for the first time of the conditioned reactions, the prejudices that
cloud our mental vision, that hide reality from us and produce suffering. We recognize
the accumulated inner tensions that keep us agitated, miserable, and we realize they can
be removed. Gradually we learn how to allow them to dissolve, and our minds become
pure, peaceful, and happy.

この道は自己浄化の道でもある。いたずらに知的好奇心を満足させるのではなく、
はっきりした目的を持って自分の内なる真理を見つめてゆくのだ。自分自身を観察して
いると、はじめて自分が反射的に反応していることに気がつくだろう。自分の心が偏見
に満ち、それがものの見方をゆがめ、事実をおおいかくし、苦の種になっていること。
また自分の心のなかに緊張が積み重なり、それがいらだちや苦しみの原因になっている
こと。さらには、その緊張は取り除くことができること。そうしたことに気づく
だろう。少しずつ緊張を解きほぐしてゆくと、やがて心は浄化され、やすらぎ、
満たされる。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約