しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その19。瞑想における、いわゆる「超常感覚の体験」をどう考えるべきか? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.19――What should we think of so-called “extrasensory experiences” in meditation?

 

f:id:englishforhappiness:20200704070248j:plain

瞑想を実践するのは、普通とは違う不思議な感覚を得るため?――解説を、
バイリンガルで、どうぞ。

Is practicing meditation for attaining some extraordinary, mysterious sensation?
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

As concentration strengthens, we begin to feel relaxed, happy, full of energy. Little by
little the breath changes, becoming soft, regular, light, shallow. At times it may seem that
respiration has stopped altogether. Actually, as the mind becomes tranquil, the body also
becomes calm and the metabolism slows down, so that less oxygen is required.

精神集中が深まると、力みがなくなり、幸せな気分になり、エネルギーが満ちあふれる
感じがする。呼吸は徐々にやわらかく規則的になり、軽く、浅くなる。ときには、呼吸
がほとんど止まったような状態になる。事実、心が静まるとからだも落ち着き、
代謝作用が低下し、酸素もあまり必要でなくなる。

 

 

At this stage some of those who practice awareness of respiration may have various
unusual experiences: seeing lights or visions while sitting with eyes closed or hearing
extraordinary sounds, for example. All these so-called extrasensory experiences are
merely indication that the mind has attained a heightened level of concentration.

この段階に入ると、瞑想中、奇妙な体験をすることがある。たとえば、目をつぶって
いるのに光や幻覚が見えたり、妙な音が聞こえたりする。このような、いわゆる
ESP: (超常感覚) の体験は、精神集中がかなり深いレベルに到達したことを示しているに
すぎない。

 

 

In themselves these phenomena have no importance and should be given no attention.
The object of awareness remains respiration; anything else is a distraction. Nor should
one expect such experiences; they occur in some cases and not in others.

そういう体験はあまり重要でない。とりたてて騒ぐことではない。依然として気づきの
対象は呼吸であり、それ以外のものはすべて雑念である。けっして超常感覚が起こる
ことを期待してはならない。それは起こることもあるし、起こらないこともある。

 

 

All these extrasensory experiences are simple milestones that mark progress on the path.
Sometimes the milestones may be hidden from view, or we may be so intent on the path
that we stride ahead without noticing it. But if we take such a milestone as the final goal
and cling to it, we cease making progress altogether. After all, there are countless
extraordinary sensory experiences to be had. Those practicing Dhamma are not seeking
such experiences but rather insight into their own nature, so as to attain freedom from
suffering.

超常感覚というのは瞑想のすすみぐあいを示す一里塚のようなもので、一種の標識に
すぎない。旅をしていれば標識がかくれていて見えないこともある。夢中で歩いていて
気がつかないこともある。その標識を最終ゴールだと思い込んでしまったら、それ以上
前進できない。とにかく超常感覚の体験などは掃いて捨てるほどある。ダンマの修行者
はそんなものを求めているのではない。自己の本質を見きわめ、苦からの自由を
勝ち取ろうというのである。

 

 

Therefore we continue to give attention only to respiration. As the mind becomes more
concentrated, the breath becomes finer and more difficult to follow, thereby requiring
still greater efforts to remain attentive. In this way we continue to hone the mind, to
sharpen the concentration, to make of it a tool with which to penetrate beyond apparent
reality in order to observe the subtlest reality within.

そんなわけで、ただひたすら呼吸に注意を向けてゆく。精神集中が深まるにつれ、呼吸
は弱くなり、観察しにくくなる。かすかな呼吸に気づくには、そうとう努力しなければ
ならない。いっそう心をとぎすまして集中力を高め、表層の現実をつらぬいて深層の
微細な現実を観察してゆくのである。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約