しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その20。瞑想で、「一種のトランス状態」に入ることを、どう考えるべきか? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.20――What should we think of attaining “a state of trance” in meditation?

 

f:id:englishforhappiness:20200706074306j:plain

瞑想で「トランス状態」に入れば、解脱できる?――解説を、バイリンガルで、
どうぞ。

Could “states of trance” in meditation liberate you? ――more to come both in English
and in Japanese.

 

 

 

There are many other techniques to develop concentration. One may be taught to
concentrate on a word by repeating it or on a visual image, or even to perform over and
over again a certain physical action.

精神集中を深める方法はたくさんある。一つの言葉をくりかえし唱えて精神を集中する
とか、なにかのイメージを凝視するとか、あるいは、同じ動作を何度も何度も
くりかえすとか、いろいろだ。

 

 

In doing so one becomes absorbed in the object of attention, and attains a blissful state
of trance. Although such a state is no doubt very pleasant so long as it lasts, when it ends
one finds oneself back in ordinary life with the same problems as before.

そういうことをやって注意を向けた対象にのめり込むと、やがて一種のトランス状態に
入り、至福を味わうことができる。しかし、トランス状態のあいだは快感が持続
しても、ふつうの生活にもどると、あいもかわらず同じ問題に悩まされる。

 

 

These techniques work by developing a layer of peace and joy at the surface of the mind,
but in the depths the conditioning remains untouched. The objects used to attain
concentration in such techniques have no connection with the moment-to-moment
reality of oneself.

そうした精神集中の技法を使っても、いちおう心の表面にやすらぎと喜びのうすい膜の
ようなものができる。ただし、深層の心の条件づけにまで影響をおよぼすことは
できない。精神集中の対象として選ばれるものも、本人が体験しているはずの一瞬一瞬
の現実とは関係ないものばかりである。

 

 

The bliss that one attains is superimposed, intentionally created, rather than arising
spontaneously from the depths of a purified mind. Right samãdhi cannot be spiritual
intoxication. It must be free from all artificiality, all illusions.

だから、それによって得られる快感もちょうど壁の上塗りのようなもので、いかにも
作為的な感じがする。心が浄化されたときに奥底から自然にわき上がる至福とは
ずいぶん隔たりがあるようだ。正しいサマーディ (精神集中) は、心の陶酔ではない。
つくりものでもないし、幻想でもない。

 

 

Even within the teaching of the Buddha, there are various states of
trance――jhãna――that can be attained. The Buddha himself was taught eight states of
mental absorption before he became enlightened, and he continued to practice them
throughout his life. However, states of trance alone could not liberate him. When he
taught the states of absorption, therefore, he emphasized their function only as
stepping-stones to the development of insight.

ブッダの教えのなかにも、トランス状態 (ジャーナ) を体験する話がある。ブッダ自身、
究極のさとりを開くまえに八つの没我の境地を学んでおり、生涯その修行をつづけたと
いう。しかし、トランス状態を体験すれば解脱できるというわけではない。没我の体験
は洞察の修行への足がかりにすぎない、とブッダは強調する。

 

 

Meditators develop the faculty of concentration not in order to experience bliss or
ecstasy, but rather to forge the mind into an instrument with which to examine their own
reality and to remove the conditioning that causes their suffering. This is right
concentration.

瞑想によって集中力をつけるのは、至福と快感を体験するためではない。心を鍛え、
それを道具にして自己の現実を見抜き、苦の原因である心のくせを取り除くため
なのだ。それが正しい精神集中である。

 

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約