しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「チェスタトン:人間と永遠」。その6。キリスト教と、東洋の宗教との違いとは? “Chesterton: The Everlasting Man” No.6―What is the difference between Christianity and religions in the East?

 

f:id:englishforhappiness:20200821083107j:plain

初代キリスト教会は、マニ教などいくつかの東洋由来の宗教を異端として否定
しました。「ナルニア国物語」の著者C・S・ルイスが「生涯の10冊の一つ」と絶賛
した、G・K・チェスタトン著「人間と永遠」。そこでは、キリスト教と東洋の宗教
との違いはどう説明されているか?――バイリンカルで、どうぞ。(日本語訳は、
別宮貞徳氏による)

The early Christian Church renounced some religions such as Manichean, coming from
the East, as heretic. “The Everlasting Man,” written by G. K. Chesterton, was praised by
C. S. Lewis, the author of “The Chronicles of Narnia” as “one of the best ten books in my
life.” How is the difference between Christianity and religions from the East explained in
the book?――more to come both in English and in Japanese(translated by Sadanori
Bekku)

 

 

 

The early Church was ascetic, but she proved that she was not pessimistic, simply by
condemning the pessimists. The creed declared that man was sinful, but it did not
declare that life was evil, and it proved it by damning those who did.

初代教会は禁欲的だった。しかし、ただ悲観主義者を断罪することによって、悲観主義
でないことを証明した。教理は人間が罪あることを明らかにしているが、人生が
悪だとは言っていない。そして、人生を悪だとするものを断罪することによってそれを
証明した。

 

 

The condemnation of the early heretics is itself condemned as something crabbed and
narrow, but it was in truth the very proof that the Church meant to be brotherly and
broad. It proved that the primitive Catholics were specially eager to explain that they did
not think man utterly vile; that they did not think life incurably miserable; that they did
not think marriage a sin or procreation a tragedy.

初期の異端を断罪したことが、気むずかしくて偏狭だと断罪されているけれども、実際
は、教会が友愛と寛容を目ざしていたことのまぎれもない証明なのである。それに
よって、原始カトリックが特に次の点を明らかにしようとしていることがはっきり
した。それはカトリックは、人間をまったく劣悪なものとは考えない、人生を救い難い
ほど悲惨なものとは考えない、結婚を罪であるとも生殖を悲劇であるとも考えない、
ということである。

 

 

They were ascetic because asceticism was the only possible purge of the sins of the
world; but in the very thunder of their anathemas they affirmed forever that their
asceticism was not to be anti-human or anti-natural; that they did wish to purge the
world and not destroy it. And nothing else except those anathemas could possibly have
made it clear, amid a confusion which still confuses them with their mortal enemies.

彼らが禁欲的だったのは、禁欲主義がこの世の罪を清める唯一の可能な道だったから
で、禁欲が非人間的、非自然的であってはならないこと、世界を清めはしてもそれを
滅ぼすような気持はないことを、破門の弾劾をもって、永遠に確証した。そして、
原始教会とその不倶戴天の敵とを混同している混沌の中にあっては、破門という手段に
よらない限り、それを明らかにすることは、おそらくできなかっただろう。

 

 

The Everlasting Man

The Everlasting Man

  • 作者:Chesterton, G K
  • 発売日: 2020/08/18
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

The Everlasting Man

The Everlasting Man

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約