しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その13。仏教徒は、「慈悲」をどのように理解しているか? “Dalai Lama: The Good Heart” No.13――In what way do Buddhists understand “compassion” ?

f:id:englishforhappiness:20200922080332j:plain

「慈悲」は、仏教徒にとって最も大切な概念のひとつです。ダライ・ラマによる、慈悲
への仏教的なアプローチの方法についての解説――バイリンカルで、どうぞ。

“Compassion” is one of the most important concepts for Buddhists. Dalai Lama gives us
commentaries on the way of Buddhist approach to compassion――more to come both
in English and in Japanese.

 

 

 

For the sake of convenience, a typical Buddhist approach to understanding a particular
topic is to classify and subdivide that phenomenon into different classes and categories.
For example, mental phenomena may be categorized into various classes: conceptual
and nonconceptual, distorted and nondistorted, and so on.

仏教徒がある特定の問題を理解しようとするときには、便宜のために、その現象を
さまざまな種類や部類に分類したり、細分したりすることが多いのです。たとえば、
精神現象は、いくつもの種類にわけることができます。概念的なものとそうでない
もの、歪んでいるものとそうでないものなどです。

 

 

Consequently, in Buddhist literature you will find whole lists of various modalities and
aspects of the mind, based on its various functions. To give another example, when you
examine the nature of compassion, you would first try to define it, try to understand what
exactly we mean by “compassion.”

ですから、仏教の書物には、働きによって分類した心の様相だとか側面だとかが、
ずらりと書き並べられています。もう一つ例をあげますと、慈悲の本性を調べる時
には、まずそれを定義しようとしますね。「慈悲」という言葉で意味するのは、一体
何だろうと考えます。

 

 

Then you may ask yourself specific questions in order to enhance the classification. What
are the ramifications of compassion in terms of all possible experiences in the human
state, its phenomenology? What are the causes and conditions that give rise to such
an emotional state? What are the typical emotional responses when you experience
compassion? What are the effects of your compassion on others? And so on. And
through these analyses you begin to get a sense of what compassion might be like, or is
like.

その次に、分類するためにいろいろ自問してみるのではないですか。人間に可能な
すべての経験という点からみて、慈悲はどこに位置するのだろう、どんな時に起こるの
だろう? そのような感情にさせる原因と条件は? 慈悲を感じた時、どんな気持ちになる
のが普通だろうか? 慈悲は他人にどのような効果をもたらすのだろうか? などなど
です。そして、このような分析を通じて、慈悲とはだいたいこんなものらしい、とか、
こんなものだ、とわかるようになるのです。

 

 

When you delve further into Buddhist literature, you also find discussions of different
types of compassion. For example, in one type of compassion there is not only a sense of
empathy toward the object of compassion, but also a sense of responsibility in that you
want to relieve that suffering yourself. That’s a more powerful compassion than mere
empathy.

仏教の書物をもっと徹底的に調べますと、慈悲のさまざまな種類について書かれている
ことがわかります。たとえば、ある種の慈悲には、慈悲の対象への感情移入の感覚だけ
でなく、その苦しみを自分自身でとり除いてあげたいという責任感もあります。
これは、ただの共感よりも強い慈悲の心です。

 

 

And degrees of compassion vary according to what concomitant states of mind you
have. For example, in the Buddhist context, if you have a deep and profound
understanding of the transient nature of life, then your compassion will be all the more
powerful because of that wisdom. Similarly, if the sense of self-grasping within yourself is
significantly diminished, then of course your compassion would be again more powerful.

そして、慈悲の度合いは、どのような心の状態でいるかによって、変化します。
たとえば、仏教の考え方でいえば、もし、人生は無常であると深く理解していれば、
その人の慈悲はその知恵のためにますます力強いものになります。同じように、自我
への執着が大きく減ると、その人の慈悲の心はずっと強力なものになります。

 

  

  

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

   

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約