しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その15。家族とのしがらみからさえも自由になった、「純粋な慈悲の心」とは何か? “Dalai Lama: The Good Heart” No.15――What is “genuine compassion” being free even from the bonds of family?

 

f:id:englishforhappiness:20200926082434j:plain

好ましく思っている人に対する慈悲は、「純粋な慈悲」とは呼べない?――解説を、
バイリンカルで、どうぞ。

Can’t you call it “genuine compassion” that you have toward those who you like?
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Then his mother and his brothers arrived, and remaining outside sent in a message
asking him to come out to them. A crowd was sitting around and word was brought to
him: “Your mother and your brothers are outside asking for you.” He replied, “Who is my
mother? Who are my brothers?” and looking around at those who were sitting in a circle
about him he said, “Here are my mother and my brothers. Whoever does the will of God
is my brother and sister and mother.” [Mark 3:31-35]

エスの母と兄弟たちが来て外に立ち、人をやってイエスを呼ばせた。

大勢の人が、イエスの周りに座っていた。

「御覧なさい。母上と兄弟姉妹がたが外であなたを捜しておられます」
と知らされると、

エスは「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、

周りに座っている人々を見回して言われた。

「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。

 神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ」

(『マルコによる福音書』第三章三十一節から三十五節)

 

 

The first thought that comes to my mind in reading these passages from the Gospel of
Mark is that not only do they give us a definition of what compassion is, but they also
describe the stages in the development of a consciousness generating that compassion.

『マルコによる福音書』のこの一節を読んで、これは慈悲とは何かを定義している
だけではなく、慈悲の心を作り出す意識の発達段階をも説明しようとしているのだ、と
まず思いました。

 

 

For example, this passage shows on the part of Jesus a certain attitude of unimportance
accorded to his own mother and brothers and sisters. To my mind, this tells us that true
and genuine compassion is a compassion that is free from attachment, free from the
limitations of personal bias.

たとえば、ここでのイエスは、自分の母親や兄弟姉妹を大切だと思っていないような
態度を見せます。私にはこれは、真実で純粋な慈悲心は、執着から解き放たれ、個人的
な偏りの限界づけから解放されている、と教えてくれているのだと思えるのです。

 

 

This is very close to the Buddhist idea of compassion in which, again, there is
an understanding that in compassion there is a certain freedom from attachment. As I
pointed out in our earlier discussion on the nature of compassion, the precondition for
genuine compassion is to have a sense of equanimity toward all sentient beings.

これは、仏教の慈悲の考え方ととてもよく似ています。仏教でも、慈悲の心の中には
執着から解放されているなにかがある、と理解しています。先ほど述べましたように、
純粋な慈悲の心には、あらゆる生き物に対する、偏りのない心が前提となるのです。

 

 

Our normal state of mind is heavily biased. We have an attitude of distance from people
that we consider as unfriendly or enemies and a disproportionate sense of closeness or
attachment toward those whom we consider to be our friends. We can see how our
emotional response toward others is fluctuating and biased.

私たちの普通の状態の心は、とても偏りにみちています。私たちは、敵や友だちでは
ないと思う人からは距離をとった態度をとり、友だちだと思う人に対しては、まったく
違って親近感や執着を持ちます。他人に対する感情は、いつも波のように揺れていて、
偏っています。

 

 

Until we overcome these prejudices, we have no possibility of generating genuine
compassion. Even though we might be able to feel a certain amount of compassion
toward some people, that compassion, as long as it is not based on profound
equanimity, will remain biased, for it is mixed with attachment.

このような偏見を克服しない限り、純粋な慈悲の心を作り上げることは不可能です。
人々に対して、なにほどかは慈悲を感じることができたとしても、深い平等心に
根ざしていない慈悲は、執着がそこに混入したままですので、あいかわらず偏ったまま
です。

 

 

If you look at compassion that is mixed with attachment, no matter how intense and
strong that mixed emotion may be, you will realize that it is based on your projection of
certain positive qualities onto the object of your compassion――whether the object is
a close friend, a family member, or whomever. Depending upon your changing attitudes
toward the object, your emotional feelings will also change.

執着が混入している慈悲心は、どんなに激しく強い感情であっても、その慈悲の対象と
なるもの、これは自分の親友でも家族でも、誰であってもいのですが、その対象を自分
が肯定的に感じているということから起こっている感情にすぎません。その対象への
姿勢に変化が起きますと、それにつれて感情も変わります。

 

 

For example, in a relationship with a friend, suddenly one day you may no longer be able
to see in the person the good qualities that you had previously perceived, and this new
attitude would immediately affect your feelings toward that person. Genuine
compassion, on the other hand, springs from a clear recognition of the experience of
suffering on the part of the object of compassion and from the realization that this
creature is worthy of compassion and affection.  

たとえば、友人との関係で、ある日突然、今までのようにその人の中に良いところを
見つけられなくなるかもしれません。すると、この新しい姿勢が、すぐにその人に
対する自分の感情に影響を与えます。一方、純粋な慈悲は、慈悲の対象となるものが
苦しんでいることをはっきりと認識し、そのものが慈悲や愛情を注ぐに値すると、深く
理解することから起こります。

 

 

Any compassionate feelings that arises from these two realizations cannot be
swayed――no matter how that object of compassion reacts against you. Even if the
object reacts in a very negative way, this won’t have the power to influence your
compassion. Your compassion will remain the same or become even more powerful.

この二つの認識から生まれた憐れみの感情は、たとえその慈悲の対象となるものが自分
にどんな態度をとろうとも、動揺することがありません。その対象が自分に対して、
どうしようもなく否定的な態度をとったとしても、慈悲の心に影響などあたえることは
できません。かえってそのことで、慈悲心が変わらないどころか、かえって強くなる
ことさえあるのです。

 

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

   

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約