しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「エーリッヒ・フロム: 愛するということ」。その6。「ひとりの人をほんとうに愛すること」は、すべての人を愛すること。“Erich Fromm: The Art of Loving” No.6――If I “truly love one person,” I love all persons.

f:id:englishforhappiness:20201112051654j:plain

誰か特別なひとりの人に巡り合うことが、「本物の愛」の始まり。というのが、実は、
もっとも典型的な愛に関する誤解だと言います。「自由からの逃走」など数々の名著で
知られる心理学者エーリッヒ・フロムの解説に耳を傾けてみましょう――バイリンガル
で、どうぞ。

To encounter one special person is the beginning of “true love.” In fact, this is said to be
the most typical misunderstanding concerning love. Let’s listen to the commentaries of
Erich Fromm who is a psychologist well-known for his masterpieces such as “Escape from
Freedom.”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Love is not primarily a relationship to a specific person; it is an attitude, an orientation of
character which determines the relatedness of a person to the world as a whole, not
toward one “object” of love. If a person loves only one other person and is indifferent to
the rest of his fellow men, his love is not love but a symbiotic attachment, or an enlarged
egotism.

愛とは、特定の人間にたいする関係ではない。愛のひとつの「対象」にたいしてでは
なく、世界全体にたいして人がどうかかわるかを決定する態度であり、性格方向性
ことである。もしひとりの他人だけしか愛さず、他の人びとには無関心だとしたら、
それは愛ではなく、共棲的愛着、あるいは自己中心主義が拡大されたものにすぎない。

 

 

Yet, most people believe that love is constituted by the object, not by the faculty. In fact,
they even believe that it is a proof of the intensity of their love when they do not love
anybody except the “loved” person. This is the same fallacy which we have already
mentioned above. Because one does not see that love is an activity, a power of the soul,
one believes that all that is necessary to find is the right object――and that everything
goes by itself afterward.

ところがほとんどの人は、愛を成り立たせるのは対象であって能力ではないと
思いこんでいる。それどころか「愛する」人以外は誰のことも愛さないことが愛の強さ
の証拠だとさえ、誰もが信じている。これは先に述べたのと同じ誤りである。つまり、
愛が活動であり、魂の力であることを理解していないために、正しい対象さえ
見つけさえすれば後はひとりでにうまくいくと信じているのだ。

 

 

This attitude can be compared to that of a man who wants to paint but who, instead of
learning the art, claims that he has just to wait for the right object, and that he will paint
beautifully when he finds it.

この態度はちょうど、絵を描きたいと思っているくせに、絵を描く技術を習おうとも
せず、「正しい対象が見つかるまで待っていればいいのだ、ひとたび見つかりさえ
すればみごとに描いてやる」と言い張るようなものだ。

 

 

If I truly love one person I love all persons, I love the world, I love life. If I can say to
somebody else, “I love you,” I must be able to say, “I love in you everybody, I love
through you the world, I love in you also myself.”

ひとりの人をほんとうに愛するとは、すべての人を愛することであり、世界を愛し、
生命を愛することである。自信をもって「あなたを愛している」と言えるなら、
「あなたを通して、すべての人を、世界を、私自身を愛している」と言えるはずだ。

 

 

The most fundamental kind of love, which underlies all types of love, is brotherly love. By
this I mean the sense of responsibility, care, respect, knowledge of any other human
beings, the wish to further his life. This is the kind of love the Bible speaks of when it
says; love thy neighbor as thyself.

あらゆるタイプの愛の根底にあるもっとも基本的な愛は、友愛である。私のいう友愛
とは、あらゆる他人にたいする責任、配慮、尊重、知のことであり、その人の人生を
よりよいものにしたいという願望のことである。「汝のごとく汝の隣人を愛せ」という
聖書の句が言っているのは、この種の愛のことである。

 

 

Brotherly love is love for all human beings; it is characterized by its very lack of
exclusiveness. If I have developed the capacity for love, then I cannot help loving my
brothers. In brotherly love there is the experience of union with all men, of human
solidarity, of human at-onement.

友愛とは人類全体にたいする愛であり、その特徴は排他的なところがまったくないこと
である。もし愛する能力がじゅうぶん発達していたら、仲間たちを愛さずには
いられない。人は友愛において、すべての人間との合一感、人類としての連帯意識、
人類全体がひとつになったような一体感を味わう。

 

 

Brotherly love is based on the experience that we all are one. The differences in talents,
intelligence, knowledge are negligible in comparison with the identity of the human core
common to all men. In order to experience this identity it is necessary to penetrate from
the periphery to the core.

友愛の底にあるのは、私たちはひとつだという意識である。すべての人間がもつ人間的
な核は同一であり、それに比べたら、才能や知性や知識のちがいなどは取るに
足らない。この同一性を体験するには、表面から核まで踏みこむことが必要である。

 

 

If I perceive in another person mainly the surface, I perceive mainly the differences, that
which separates us. If I penetrate to the core, I perceive our identity, the fact of our
brotherhood. This relatedness from center to center――instead of that from periphery to
periphery――is “central relatedness.”

もし私が他人の表面しか見なければ、ちがいばかりが目につき、そのために相手と疎遠
になってしまう。もし核まで踏みこめば、私たちが同一であり、友であることが
わかる。表面と表面の関係ではなく、この中心と中心との関係が「中心的関係」
である。

 

    

My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

 

 

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

The Art of Loving (P.S.)

The Art of Loving (P.S.)

  • 作者:Fromm, Erich
  • 発売日: 2006/11/21
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

愛するということ

愛するということ

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約