しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「エーリッヒ・フロム: 愛するということ」。その7。「あなたを永遠に愛します」という約束の矛盾とは?“Erich Fromm: The Art of Loving” No.7――What is the contradiction which lies in the promise “I love you forever” ?

 

f:id:englishforhappiness:20201114110524j:plain

私たちにとって「誰かを愛する」ことが、強い感情だとしたら、「あなたを永遠に
愛します」と約束することは、根本的な問題の原因になると言います。「自由からの
逃走」など数々の名著で知られる心理学者エーリッヒ・フロムの解説に耳を傾けて
みましょう――バイリンガルで、どうぞ。

If “to love someone” is a strong feeling for us, to make a promise; “I love you forever,” is
said to be the cause of a fundamental problem. Let’s listen to the commentaries of Erich
Fromm who is a psychologist well-known for his masterpieces such as “Escape from
Freedom.”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Love should be essentially an act of will, of decision to commit my life completely to that
of one other person. This is, indeed, the rationale behind the idea of the insolubility of
marriage, as it is behind the many forms of traditional marriage in which the two partners
never choose each other, but are chosen for each other――and yet are expected to love
each other.

愛は本質的には、意志にもとづいた行為であるべきだ。すなわち、自分の全人生を相手
の人生に賭けようという決断の行為であるべきだ。じつは、ひとたび結婚したら絶対に
別れてはならないという考え方の背後にあるのは、この理論である。昔は、結婚する
ふたりがたがいに相手を選ぶのではなく、自分たちの意志にかかわりなく選ばれたの
だったが、それでも愛しあうことを求められた。そうした伝統的な結婚の背後にある
のも、愛は意志の行為だというこの理論である。

 

 

In contemporary Western culture this idea appears altogether false. Love is supposed to
be the outcome of a spontaneous, emotional reaction, of suddenly being gripped by
an irresistible feeling.

現代の西洋社会では、そうした考え方はとんでもないまちがいだとされている。
つまり、愛は意志とは無関係に自然に生まれるものであり、自分ではコントロール
できない感情に突然捕らわれるのが愛なのだと考えられている。

 

 

In this view, one sees only the peculiarities of the two individuals involved――and not
the fact that all men are part of Adam, and all women part of Eve. One neglects to see
an important factor in erotic love, that of will.

そうした考え方をする人は、愛しあっているふたりの表面的なところしか見ていない。
すべての男は「アダム」であり、すべての女は「イヴ」であるという事実を
見ていない。恋愛にとって重要な、意志という要素を見落としている。

 

 

To love somebody is not just a strong feeling――it is a decision, it is a judgment, it is
a promise. If love were only a feeling, there would be no basis for the promise to love
each other forever. A feeling comes and it may go. How can I judge that it will stay
forever, when my act does not involve judgment and decision?

誰かを愛するというのは、たんなる激しい感情ではない。それは決意であり、決断で
あり、約束である。もし愛がたんなる感情にすぎないとしたら、「あなたを永遠に
愛します」という約束にはなんの根拠もないことになる。感情は突然生まれ、また
消えていく。もし自分の行為が決意と決断にもとづいていなかったら、私の愛は
永遠だ、などとどうして言い切れるだろうか。


   

My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

 

 

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

The Art of Loving (P.S.)

The Art of Loving (P.S.)

  • 作者:Fromm, Erich
  • 発売日: 2006/11/21
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

愛するということ

愛するということ

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約