しあわせになる英語 English for Happiness

仏教、哲学、心理学をバイリンガルで学ぶ。

「デール・S・ライト : エッセンシャル仏教」。その2。ブッダは、どのような人生を生きたのか? “Dale S. Wright : Buddhism” No.2――What kind of life did the Buddha live?

f:id:englishforhappiness:20220104101141j:plain

ブッダは、神ではなく人間だった。そして、その生き方「中道」には、幸せになるため
の大きなヒントが隠されている――バイリンガルで、どうぞ。 

The Buddha was a human being, not God. And a great hint for happiness is hidden
in his way of life; “the Middle Path”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

From the time of his awakening at about age thirty-five to the end of his life
at about age eighty, the Buddha continued to wander through the northern Indian
plains as he had since renouncing his royal heritage at age twenty-nine.
He lived without personal possessions, without financial resources, and
without a home in order to devote his life in its entirety to spiritual practices and
teaching. The Buddha neither married again nor returned to his wife and
refrained from sexual activity throughout his teaching career. He traveled incessantly,
slept on the ground without bedding, and sustained himself on food given
to him by working people whom he encountered along his path.

35歳で悟りをひらき、80歳でその生涯を終えたブッダは、29歳のときに王子としての
地位を放棄したあと、インド北部の平原を歩きつづけた。そして精神修行と説法に人生
を捧げるため、財産と呼べるものは何一つもたずに生きた。再婚することも、妻のもと
に戻ることもなく、布教活動のあいだは一切の性的行為から身を遠ざけた。絶え間なく
旅をし、地べたで眠り、道中で出会った労働者から分けてもらった食べ物で飢えを
しのいだ。

 

 

The extreme difficulty of such a life is apparent to our eyes and was to the eyes of
people in the Buddha’s own time. Nevertheless, he proclaimed this way of life
the Middle Path between two unfruitful ways if inhabiting the earth.

現代人にとって、そのような生活を送るのはとても難しい。ブッダと同時代の人の目
にもそう映ったはずだ。それにもかかわらず、ブッダはその生き方を、現世における
二つの不毛な生き方のあいだにある道、すなわち「中道」であると公言した。

 

 

On one extreme is a life of sensual indulgence. Recall that this was Gautama’s own
upbringing. Raised in luxury and pampered by his royal father, the Buddha’s
renunciation indicated his rejection of a life of self-indulgence as spiritually unfulfilling.
On the other extreme, however, is a life of self-mortification. This was Gautama’s
adopted practice for several years as a wandering ascetic. He fasted, exposed himself
to discomfort and pain, and understood this austerity as a way to free his spirit
and mind from the dictates of his body.

不毛な生き方の一方は、極端に快楽に溺れる生活だ。ガウタマ自身の生い立ちを
思い出してみてほしい。父王に甘やかされ、贅沢三昧の日々を送っていたガウタマが
そのような暮らしを放棄したのは、精神的な充足を得られなかったからだ。不毛な
生き方のもう一方は、極端な苦行だった。それは、ガウタマが放浪の苦行者として数年
にわたって行なった修行のことである。そのあいだ断食をし、不快感と苦痛に身を
さらした。禁欲によって肉体の呪縛から精神を解放できると信じていたからだ。

 

 

Upon achieving enlightenment, however, the Buddha renounced both of
these extremes. Implicit in this is a rejection of the common understanding that mind
and body were separate and that spirituality required the mortification of the body
in order to free the mind. Sitting under the Bodhi Tree, he realized that a strong and
healthy body is a prerequisite for profound insight and spiritual awakening.
Body and mind must work together toward enlightenment. The Buddha’s way of life
was the result of his effort to focus on regimes of mind-body training that would
eliminate the greed, hatred, and delusion that negatively affect most people’s lives.

しかしガウタマは、悟りをひらくと同時にその両極端、つまり極端な快楽も苦行も放棄
した。それは、肉体と精神は別々の存在であり、肉体をいじめぬくことによって精神が
解放され、解脱を達成できるという当時の共通認識を暗に否定するものだった。
ガウタマは菩提樹の下に座り、深い洞察と精神的な覚醒を得るには強くて健康な肉体が
不可欠だと気づいた。悟りをめざすには、肉体と精神が協力しあう必要がある。ブッダ
の生き方は、多くの人の生活に悪影響をおよぼす貧 (とん・貪欲)、瞋 (じん・憎悪)、
癡 (ち・妄想) を取り除こうとする心身のあり方に意識を集中させる努力の成果だったの
である。

 

 

Although he no doubt spent considerable time in the solitude of meditation,
the Buddha was fully engaged with other people of all kinds. As the number of his
followers grew rapidly, he would have spent time instructing them, organizing them,
and dealing with the wide range of issues that would encounter potential disciples
among all classes, from the wealthy nobles to the working class who farmed the land
or labored in other industries.

ブッダは人生のかなりの時間を独り静かに瞑想に費やしたことは間違いない。一方で、
あらゆる身分の人と積極的にかかわってもいた。信者が急増するにつれて、ブッダ
みずから指示を出し、信者をまとめ、信者のあいだにもちあがるさまざまな問題の解決
に取り組んだに違いない。そしてブッダは、布教活動が進むにつれて多くの時間を都市
部ですごすようになった。そこでは、裕福な貴族から農民や労働者にいたるまで、
さまざまな階級の人と出会い、弟子にしてくれと頼み込まれたこともあっただろう。

 

 

At least for the Buddha himself, Buddhism was far from a life of isolation and
disengagement. His own life demonstrated how one might be an active participant
in the larger social world while still maintaining meditative and contemplative wisdom.
Since the Buddha’s teachings weren’t primarily about other worlds or divine beings
but about the most pressing issues of human life, there was no place to be but
among the people.

少なくともブッダ自身にとって、仏教の実践は孤独や自由な生活とはほど遠いもの
だった。ブッダはその人生において、瞑想的で黙想的な態度を保ったまま、社会に
積極的にかかわっていく方法を示した。もともとブッダの教えは、来世や神々について
ではなく、もっぱら人生において急を要する問題にかかわることだったので、多くの人
と交流を図ったのだ。

 

 

My second anthology is published now. 

Please  order it from Amazon if you are interested in.

私の2番目の詩集が、現在、出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約