しあわせになる英語 English for Happiness

仏教、哲学、心理学をバイリンガルで学ぶ。

「デール・S・ライト : エッセンシャル仏教」。その3。ブッダは、「女性」の役割について、どのように考えていたのか? “Dale S. Wright : Buddhism” No.3――What did the Buddha think of the role of “women”?

f:id:englishforhappiness:20220106095040j:plain

初期の仏教コミュニティにおける「女性」の役割とは?――バイリンガルで、どうぞ。 

What was the role of “women” in the early Buddhist community?――more to come both
in English and in Japanese.

 

 

 

The widespread assumption in the Buddha’s time and place, as well as almost
everywhere else in the world, was that religious matters were exclusively
the domain of men. There appear to have been no exceptions. Yet in spite of
this long-standing assumption, the Buddha instituted an order of nuns very early on
and in doing so embarked upon a radical religious and social experiment.

世界各地の他のすべての地域と同じく、ブッダが生きた時代と地域においても、宗教の
問題はもっぱら男性の領域だという考え方が一般的だった。この点は仏教も例外では
なかったようだ。だが、そうした思い込みがあったにもかかわらず、ブッダは非常に
早い時期から比丘尼の地位を定め、急進的な宗教・社会的実験に着手した。

 

 

Buddhist texts tell how the Buddha’s aunt and stepmother wanted to engage
in the Buddhist quest and that they asked Ananda, the Buddha’s cousin and
closest disciple, to make this request of the Buddha. The Buddha is described
as having been initially reluctant, worried that the inclusion of women would
undermine the vow of celibacy that he took to be essential
to fully engaged spiritual life.
仏教文献によると、ブッダの養母だった叔母は出家の思いが強く、ブッダのいとこ
であり最も近い弟子だったアーナンダに相談して、ブッダから出家の許可をもらえる
ように頼んだとされている。ブッダは当初、比丘尼の存在に消極的だった。それは、
女性の出家者を認めれば、宗教的な生活に専念するために不可欠な要素だと考えていた
独身の誓いがだいなしになってしまうのではないかと心配したからだ。

 

 

Nevertheless, he agreed to the request on the condition that special rules would
maintain the monastic community’s separation between men and women and that
Buddhist nuns would be officially subordinate to monks in matters of
decision-making. Nuns were required to honor monks as their seniors;
the two groups lived separately; and nuns were subject to criticism from monks,
but not the other way around.

それにもかかわらずブッダは、サンガ内で男女を分け、意思決定に関して比丘尼は比丘
に従うことを条件に、その要求を受け入れた。そして、比丘尼は比丘を敬うこと、男女
は別々に生活すること、比丘が比丘尼を批判することは許されてもその逆は許されない
ことが定められた。

 

 

These restrictive policies were not a reflection of an official Buddhist position
on the religious inferiority of women, however. Most Buddhist texts hold that
both men and women are capable of attaining the highest state of enlightenment.
In an important early document, the Therigāthā, women are recognized as having
achieved enlightenment to the same extent as monks, and there are stories
in which the Buddha himself acknowledges the enlightenment of women.

しかし、こうした抑圧的な方針は、信仰上で女性が男性よりも劣っているという仏教の
公式見解を反映したものではなかった。ほとんどの仏教文献では、男性も女性も最高の
悟りに達することが可能だと説かれている。初期の重要な経典であるテーリーガーター
(Therigāthā)には、比丘尼か比丘と同程度の悟りの境地に達したとされ、ブッダ自身が
女性の悟りを認めたと書かれている。

 

 

These early, liberating developments opened possibilities for women
that had not been available before, in India or elsewhere. They created
a vocation for women outside of home and family that made advancement,
recognition, and achievement real possibilities. Although this didn’t change the fact
that all Buddhist cultures maintained patriarchal customs and traditions,
it opened doors for women that had been fully closed.

こうした初期仏教の開放的な方針は、それまでインドやその他の場所では
考えられなかった可能性を女性にもたらした。それは、女性に対し、出家してみずから
を向上させ、修行者として認められ、悟りの境地にいたるという生き方を与えたこと
だった。これは、すべての仏教文化が家父長制の慣習や伝統を維持している事実を
変えることにはならなかったが、それまで宗教から完全に排除されていた女性に門戸を
開く役目を果たした。

 

 

It is overwhelmingly the case, however, that the central texts of Buddhism were
written by men. And so it should not be surprising that issues tended to be framed
in relation to men and, occasionally, that misogynist views emerge. One text goes
so far as to proclaim that a female Buddha is not even possible.

とはいえ、仏教の重要な経典が男性によって書かれたことは、疑いようもない事実だ。
したがって、そのなかで触れられる話題が男性に関することにかたよっていて、
女性蔑視の考えがときおり見られるのは驚くには値しない。経典のなかには、女性が
ブッダ (覚醒者、悟った人) になることは不可能だと公言しているものまである。

 

 

The long history of Buddhism shows the difficulties of establishing real gender
equality within cultural traditions that were and are strongly patriarchal. Nevertheless,
change in the status of women is clearly under way in virtually every Buddhist
community in the world, and these changes suggest that there may well be
a fundamental transformation of Buddhism in twenty-first century.

仏教の長い歴史は、いまも昔も家父長制の伝統が色濃いなかで真の男女平等を確立する
ことの難しさを示している。それでも、世界各地のほぼすべての仏教コミュニティで
女性の地位の変化が見られるのは明らかであり、その点は21世紀の仏教における根本的
な変革だといえる。



My second anthology is published now. 

Please  order it from Amazon if you are interested in.

私の2番目の詩集が、現在、出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約