しあわせになる英語 English for Happiness

仏教、哲学、心理学をバイリンガルで学ぶ。

「デール・S・ライト : エッセンシャル仏教」。その7。禅とは何か? “Dale S. Wright : Buddhism” No.7――What is Zen?

f:id:englishforhappiness:20210815093521j:plain

世界中でブームになっている「禅」の起源を辿ります――バイリンガルで、どうぞ。
I would like to trace the history of “Zen Buddhism” that has become a global
boom――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Zen is an East Asian form of Buddhism that has attained a global following
in the contemporary world. Originating in China during the Tang dynasty (618~907),
Zen spread to Vietnam, Korea, and Japan to become a dominant form of Mahayana
Buddhism in each of those countries.

禅は、東アジアの仏教の一派であり、現代世界で幅広く支持を得ている。唐の時代
(618~907年)に中国で生まれた禅は、ベトナム、朝鮮、日本に伝わり、それぞれの
国で大乗仏教における最有力の形態となった。

 

 

Although meditation had always been an option for Chinese Buddhists, most Buddhists
focused their practice on sutra study and learning or on ritual and devotional practices
of various kinds. The earliest Zen masters were meditation teachers, sometimes located
in rural retreat settings.

中国の仏教徒にとって、瞑想は修行方法の一つにすぎず、ほとんどの仏教徒は経典の
研究や習得、さまざまな儀式や礼拝に集中していた。初期の禅師 (ぜんじ) は瞑想の教師
であり、ときに人里離れた場所で隠遁生活を送っていた。

 

 

They taught a variety of techniques for meditation, often beginning with mindfulness of
breathing but culminating in forms of concentration in which thoughts and sensations
would be allowed to pass through the mind as quickly as they entered, without grasping
or attachment.

彼らはさまざまな瞑想法を指導した。多くの場合、それらはマインドフルネスの呼吸法
で始まるが、最終的には、頭に浮かんだ考えや体で覚えた感覚に執着することなく、
それが浮かんだり感じられたりするやいなやすぐさま通過するにまかせるという
集中状態にまで至る。

 

 

Intense focus on these contemplative practices led Zen teachers to de-emphasize
Buddhist knowledge and learning in favor of a direct realization of awakening. They
focused on seated meditation (Japanese zazen) as a means of experiencing
the Buddha nature, or enlightenment potential, within all people and understood
this experience as a sudden breakthrough to the true nature of oneself and all things.

禅の教師は、瞑想に集中して直接的に覚醒を実感することを優先し、仏教を頭で理解
することを重視しなかった。彼らは衆生に備わっている仏性、つまり悟りの可能性を
開花させる手段として坐禅に取り組み、その経験を自分自身も含めてあらゆるものの
本質を一気につかむものとして理解した。

 

 

The legendary founder of Zen is Bodhidharma, a Persian meditation master
from India famous for his outspoken irreverence and his deep meditative absorption.
Legends maintain that Bodhidharma offended the emperor of China by denying that
his financial support of Buddhism had earned him great karmic merit, and that
Bodhidharma then retreated from society to spend nine years meditating
while facing a cave wall without moving.

禅の創始者は、インド出身でペルシア系の瞑想の達人である菩提達磨 (ぼだいだるま)
だとされている。達磨は、歯に衣を着せない言動と、深い瞑想修行を行なったことで
知られている。伝承によると達磨は、仏教に多額の支援を行なった中国の皇帝に
向かって、それによって大きな功徳が得られるわけではない、と言って皇帝を怒らせた
という。その後、達磨は世を捨て、9年間、洞窟の壁に向かいながら瞑想を続けた。

 

 

A Bodhidharma slogan became the hallmark of Zen: “A special transmission outside of
the sutra without dependence on language; direct pointing to the mind, seeing one’s
own true nature, and becoming Buddhas.” Later Zen Buddhists maintained that Zen
awakening (Japanese satori or kensho) was handed down from one master to another
from the Buddha himself to Bodhidharma, and beyond through a process of
mind-to-mind transmission without reference to doctrines or sacred texts.

ブッダの教えは、言葉によらず、経典から離れて伝達される。成仏は自分の本性を
徹底的に見つめることによって達成される」。この菩提達磨の発言は、禅を際立たせる
特徴となった。のちの禅仏教徒は、禅の悟り (見性) は教義や経典によらず、心と心の
伝達プロセスを通じてブッダから菩提達磨へ、さらには禅師から禅師へと受け継がれて
きたと主張した。

 

 

Zen masters throughout East Asia were known for their participation in the arts,
especially poetry, painting, and calligraphy. Building on Chinese Daoist traditions,
a Zen aesthetic featured natural settings, simplicity rather than refined sophistication,
muted tones of black and gray on white rice paper in painting and calligraphy,
sparse but potent phrases in poetry and images of hermits dwelling in the natural world
as their primary subjects. As in Zen awakening, inspiration in the arts would be sudden
and intuitive, with strong connections to ordinary earthly life.

東アジアの禅師は、芸術、とくに詩、絵画、書道などをたしなむことで知られていた。
道教でつちかわれた禅の美学は、素朴な自然の美しさ、墨絵の濃淡、短くも生命力に
あふれた言葉、山で暮らす隠者などを特徴とした。禅の悟りと同じく、こうした芸術の
インスピレーションも唐突で直感的なものであり、現世の日常と深いところで
つながっている。

 

 

Zen (or Seon) was transmitted to Korea as the Chinese tradition developed
in the eighth and ninth centuries, and in the twelfth century these Zen traditions were
transmitted to Japan. The Zen best known in the West comes most directly from Japan.
In all of these locations, however, Zen thrived as an elite form of Buddhism
for many centuries.

禅は、8世紀から9世紀にかけて中国で禅が発展するにつれて朝鮮に伝わった。そして
12世紀に入ると、それらの禅が日本に伝わった。西洋で最もよく知られている禅の
大部分は、日本から伝えられたものだ。しかし、これらすべての場所で、禅は何世紀
にもわたって影響力のある仏教宗派として繁栄することになった。



My second anthology is published now. 

Please  order it from Amazon if you are interested in.

私の2番目の詩集が、現在、出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約