しあわせになる英語 English for Happiness

仏教、哲学、心理学をバイリンガルで学ぶ。

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その20。スマホへの依存が「コンパッション」を妨げているもうひとつの要因? “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.20――Is our addictive behavior on smartphone another obstacle of “compassion”?

f:id:englishforhappiness:20211016071733j:plain

人類の生き残りに欠かせない「コンパッション」を、スマホが妨げている?――
バイリンガルで、どうぞ。 

Is smartphone an obstacle of “compassion,” necessity for human survival?――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

Another obstacle to compassion is distraction. We can place some of the blame for this
on our digital devices and our addictive behaviors around them. “Finding moments to
engage in contemplative thinking has always been a challenge, since we’re distractible,”
Nicholas Carr, author of The Shallows, told The New York Times. ”But now that we’re
carrying these powerful media devices around us all day long. Those opportunities
become even less frequent, for the simple reason that we have this ability to distract
ourselves constantly.”

もうひとつ、コンパッションを妨げるのは、散漫な注意力です。この原因の一部は、
現代のデジタル機器への依存だと言えるでしょう。「注意散漫な私たちには、瞑想的な
思索に費やす時間を見つけるのは難しい」とニューヨーク・タイムズ紙に語ったのは、
『ネット・バカ――インターネットがわたしたちの脳のしていること』(青土社) の
著者、ニコラス・カーです。「しかし今や、こうした影響力の強い情報伝達機器を
一日中持ち歩いている。思索の機会はますます減るばかりだ。理由は単純で、常に
気を散らすという能力を、私たちは身につけてしまったからだ」。

 

 

One study, which measured smartphone use among participants ages eighteen to
thirty-three, found that participants used their phones an average of eighty-five times
per day! This convenient diversion fills moments when we might otherwise have greater
awareness of our surroundings, including noticing the suffering of others. Sand frequent
use of digital devices, according to Carr, has detrimental effects on cognition,
concentration, and our ability to be healthily introspective.

ある調査によると、18~33歳の被験者は、スマートフォンを平均で一日に85回も使って
いるのだといいます。この便利なおもちゃが、本来なら自分の周囲に広く注意を向けて
いるはずの時間、他者の苦しみに気づくべき瞬間を、埋め尽くしているのです。そして
デジタル機器の頻繁な使用は、認知力や集中力に悪影響を及ぼし、健全に内観的な思考
をする能力を阻害すると、カーは言います。

 

 

When our compassion is blocked by numbness or by fear, judgment, or distraction, or
the unreality of numbers, we may stay stuck in the unhealthy manifestations of the Edge
State, including moral apathy. To find our way out, we need to acknowledge the obstacle
to our compassion. We then discern how we can respond appropriately to whatever is
present. We must deeply examine our response to suffering, while letting go of
self-judgment.

コンパッションが無感覚、恐れ、不適切な判断や散漫な注意力によって遮られ、数に
惑わされ現実を見失うことによって妨害されると、エッジ・ステートの不健全な側面が
あらわれ、行き詰まり、道徳的な無関心も生じます。そこから抜け出すには、
コンパッションを妨げるものを知っておく必要があります。それを知っていれば、現状
がいかなるものであれ、どのように応じるのが適切か認識できます。自己判断を
手放して、苦しみに向き合う自分自身の反応をじっくり観察するのです。

 



My second anthology is going to be published soon.

Please  pre-order it from Amazon if you are interested in.

私の2番目の詩集が、まもなく出版されます。

興味のある方は、アマゾンでご予約をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その19。ジョージ・ルーカスも、その重要性を強調している「コンパッション」。その敵とは? “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.19――What are the enemies of “compassion,” of which George Lucas, too, puts stress on the importance?

f:id:englishforhappiness:20210910101848j:plain

現代社会において「コンパッション」を妨げているものとは?――バイリンガルで、
どうぞ。 

What hinders “compassion” in the modern world?――more to come both in English and
in Japanese.

 

 

 

Despite the obvious value and benefits of compassion, our world today seems to have
a deficit of it. The deficit is fed by a number of factors, including our ideas about what it
means to care and the disconnection that results from our ever-greater reliance on
technology.

コンパッションは、その価値と恩恵が明らかであるにもかかわらず、今日の世界では
不足しているようです。これには、ケアすることの意味の捉え方や、深まる
テクノロジーへの依存による関係の希薄化など、多くの要因があります。

 

 

Too often today, connectivity is emphasized at the cost of connection, fast thinking is
more valued than slow thinking, growth comes at the expense of depth, building
a portfolio is valued more than building an ethical culture, and perceptions of time
poverty distract us from the present moment.

今日では、本来の結びつきを犠牲にして、通信でつながっていることが重視されます。
じっくり考えるよりもスピードが評価されます。奥深さをないがしろにして、拡大が
重視されます。倫理的な文化を育むよりも、資産を増やすことに価値が置かれます。
時間が足りないという感覚が、今この瞬間から目をそらしています。

 

 

I believe that the antidote to all these ills is make compassion a primary value that we
bring to life within the microcommunity of our one-to-one interactions, and within the
macrocommunity of the planet.

このようなあらゆる病の解毒剤となるのが、コンパッションを基本的な価値とすること
だと考えています。一対一の相互関係というミクロコミュニティでも、この地球という
マクロコミョニティでも、コンパッションを活かすのです。

 

 

In Buddhism, beneficial qualities of the mind have far enemies and near enemies.
Far enemies are opposites; compassion’s far enemy is cruelty. Near enemies are harder to
detect; they are unhelpful qualities that masquerade as helpful ones.

仏教では、心にある有益な資質を妨げる敵は、遠くにも近くにもいるとされます。
「遠くの敵」は反対の関係にあるものです。コンパッションにとって遠くの敵は、
残酷さです。一方「近くの敵」は、無用な資質なのに、有用な資質であるかのように
装っていて、見つけにくいものです。

 

 

For example, pity is a near enemy of compassion, because it involves a sense of regret,
plus deceptive concern for those who are suffering. William Blake, for example, called
pity a distraction, and wrote that it divides the soul!

たとえば、憐憫はコンパッションの近くの敵です。そこには後悔に加え、苦しむ人への
見せかけの気づかいがあります。詩人で画家のウィリアム・ブレイクは、「憐憫に
よって本来大切なことに意識が向かなくなる、憐憫は魂をも分裂させる」と
述べています。

 

 

Other near enemies of compassion include fear and even outrage. Near enemies easily
disguise themselves as allies or analogues of compassion. But these emotions can drain
us so much that we can’t respond in healthy ways to the suffering of others, and we
actually may end up doing harm.

他にもコンパッションの近くの敵として、恐れ、さらに憤りがあります。こうした近く
の敵は、仲間や同類であるかのようにうまく装います。しかし、恐れや憤りの感情を
持つと、人は消耗してしまい、他者の苦しみに対して健全なあり方で応えられなく
なり、結果的に害を及ぼすことになりかねないのです。

 

 

There are other obstacles and challenges to compassion. We tend to oversimplify
compassion, and if we don’t understand how compassion functions in our lives and in
societies, we may have an aversion toward it or even fear it.

その他にもコンパッションを阻む障害はあります。そのひとつは、人がコンパッション
を、過剰に単純化してしまいがちであることです。人生や社会においてコンパッション
が果たす役割を理解していないために、コンパッションを毛嫌いし、疎ましく思って
しまうこともあります。

 



My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その19。ジョージ・ルーカスも、その重要性を強調している「コンパッション」の敵とは? “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.19――What are the enemies of “compassion,” of which George Lucas, too, puts stress on the importance?

f:id:englishforhappiness:20210910101848j:plain



My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その18。ダライ・ラマとジョージ・ルーカス、それぞれ「コンパッション」について語る。 “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.18――Dalai Lama and George Lucas talk about “compassion” respectively.

f:id:englishforhappiness:20211012094712j:plain

立場の違う、オピニオンメーカーの二人が描く、「コンパッション」――バイリンガルで、どうぞ。 

“Compassion” described by two opinion makers whose positions are different――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Speaking at a conference I attended in Dharamsala, India, His Holiness the Dalai Lama
said, “Compassion is not religious business; it is human business. It is not luxury……it is
essential for huma survival.”

インドのダラムサラの会合に参加したとき、ダライ・ラマ法王はこのように
言いました。「コンパッションは、宗教に関わることではなく、人間そのものに関わる
ことです。コンパッションは贅沢品ではありません。……人間が生き残るために必須の
ものです」。

 

 

I truly subscribe to His Holiness’s words――that compassion is a necessity for human
survival. And I want to take his words one step further: I am convinced that compassion
supports the survival of all species on our planet.

法王の言葉に心から賛同します。コンパッションは人間が生存するうえで不可欠です。
さらに一歩踏み込んで言うならば、コンパッションは、この地球のすべての生物種の
生存に不可欠と確信しています。

 

 

His Holiness later wrote, “However capable and skillful an individual may be, left alone,
he or she will not survive. However vigorous and independent one may feel during the
most prosperous periods of life, when one is sick or very old, one must depend on the
support of others……I believe that at every level of society――familial, tribal, national and
international――the key to a happier and more successful world is the growth of
compassion.”

法王は後にこう記しました。「いかに優れた有能な人物でも、ひとりにされたら生きて
はいけません。いかに精力的で自立して人生の盛りを過ごしていても、病のときや
幼いとき年老いたときは、支えてくれる人に頼らざるを得ません。……社会のいかなる
レベル、家庭であれ、民族、国家、国際的なレベルであれ、より幸福で実り豊かな世界
を実現する秘訣は、コンパッションを育むことだと信じています」。

 

 

Experiencing compassion also seems to diminish depression and anxiety because it
opens our horizon beyond the narrowness of the small self. As researcher Dr. Emma
Seppälä, wrote, “Research shows that depression and anxiety are linked to a state of
self-focus, a preoccupation with ‘me, myself, and I.’ When you do something for
someone else, however, that state of self-focus shifts to a state of other-focus.”

コンパッションを抱くと、狭くちっぽけな自己を超えて視野が広くなるため、憂うつ感
や不安も抑えられるようです。研究者のエマ・スパーラ博士はこう述べています。
「調査によると、憂うつや不安は、自分に焦点を当てた状態です。『私に、私自身、私
は』と自分のことで頭がいっぱいです。しかし、誰かのために何かをするときは、自分
に焦点を当てた状態から、他者に焦点を当てた状態へと切り替わるのです」。

 

 

Filmmaker George Lucas, though not a scientist, has a similar take on compassion. When
asked what his film Star Wars is really about, he said, “There are two kinds of people in
the world――compassionate people and selfish people. Selfish people live on the dark
side. The compassionate people live on the light side.

映画製作者のジョージ・ルーカスは科学者ではありませんが、コンパッションについて
同様の解釈をしています。映画『スター・ウォーズ』の真の意味を問われて、彼はこう
答えました。「この世には二種類の人間がいます。慈悲深い (コンパッションのある) 人
と、自己中心的な人です。自己中心的な人はダークサイド (暗黒面) に、慈悲深い人は
ライトサイド (光明面) にいます。

 

 

If you go to the side of the light, you will be happy because compassion, helping other
people, not thinking about yourself, thinking about others, that gives you a joy that you
can’t get any other way.”

ライトサイドの側に進めば、幸せになるでしょう。他の人を助け、自分のことばかり
考えず他者のことを考える。こうしたコンパッションによって得られる喜びは、
それ以外の方法では経験できないものだからです」。

 



My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「園子温: プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」とんでもない衝撃作! ”Sion Sono: Prisoners of the Ghostland” Extraordinarily shocking!

f:id:englishforhappiness:20211009161210j:plain

I’ve just watched an extraordinarily impactful movie. Sion Sono made another masterpiece in his cinematography. Anyway, it’s a must-watch and you would enjoy it more with a tip that the atomic bomb was dropped in Hiroshima at 8:15 am on August 6 in 1945.

とんでもなく衝撃的な映画を見てきた。園子温監督が、また傑作を作った。
とにかく必見。
そして広島の原爆投下が1945年8月6日午前8時15分だったことを知って観れば、
より楽しめるはずです。

 



My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その17。「燃え尽きる」のを防ぐ、ひとつの働き方とは? “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.17――What is one of the ways of work to prevent you from “burnout”?

f:id:englishforhappiness:20211008100251j:plain

仕事に「関与する」ことと、「燃え尽きる」ことの関係を学ぶ――バイリンガルで、
どうぞ。 

Learning the relationship between “engagement” and “burnout” in our work――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

Engagement in our work is characterized by energy, involvement, and efficacy, according
to Dr. Maslach, who is a renowned expert on burnout. When we are engaged, we feel
nourished by our work. We have personal agency and the means to effect outcomes. We
have the sense that our work makes a difference to others, ourselves, and perhaps even
the world.

仕事における関与を特徴づけるのは、活力、意気込み、自己効力感であると、燃え尽き
に関する専門家として名高いマスラック博士は言います。しっかり関与できているとき
は、仕事を通じて充足感が得られるものです。自分の能力で結果が出せると感じられ、
自分の仕事が、他者や自分、そしてもしかしたら世界にまで影響を与えると感じます。

 

 

While it is normal to experience our fair share of frustration and resistance, our
commitment to our work――and, hopefully, our love for our work――gives us the
strength and wisdom to ride the waves through less fulfilling times.

相応のフラストレーションや負荷は避けられないとはいえ、仕事へのコミットメント、
そしてさらに望ましい仕事への愛は、思うとおりに結果が出ない荒波に乗っていくとき
にも、強さと智慧をもたらしてくれます。

 

 

During a program that I taught with the Benedictine monk Brother David Steindl-Rast, he
shared with us that the antidote to burnout wasn’t necessarily taking a vacation. “It is
wholeheartedness!” he exclaimed, beaming joyfully. I like the word wholeheartedness,
because it implies that the whole of our heart is engaged. It points to a sense of genuine
connectedness to and love for the work we do.

カトリックのベネディクト会修道僧、デヴィッド・スタインドル・ラストと、ある
プログラムに登壇したことがあります。彼は、燃え尽きを防ぐ方法は、休暇を取ること
とはかぎらないと話しました。「真心を込めることです!」と、彼は声高らかに喜びを
ほとばしらせて言いました。この「真心を込める (wholeheartedness)」という言葉が
好きです。心全体が関与している、という含みがあるからです。取り組む仕事への純粋
な結びつきと愛情が感じられます。

 



My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「ジョアン・ハリファックス: コンパッション」。その16。どのような場合に、人は「燃え尽きる」のか? “Joan Halifax: Standing At The Edge” No.16――In what case does a person “burn out”?

f:id:englishforhappiness:20211006102253j:plain

仕事にまじめに「取り組む (関与する)」ことは、「燃え尽きる」ことにつながって
しまう危険性があると言います――バイリンガルで、どうぞ。 

It is said that “engaging in” work seriously leads to a risk of “burning out”――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

The term “engagement” is how psychologist Dr. Christina Maslach describes a healthy
relationship to our work and service to others, while burnout is the fatigue and
discouragement resulting from an unhealthy relationship to our vocation. When I began
to examine engagement and burnout, I realized that engagement is an Edge State.

「関与 (engagement)」という言葉は、心理学者のクリスティーナ・マスラック博士が
記すように、仕事や他者への支援に対する健全な関係を意味します。一方で、燃え尽き
は、職務との不健全な関係による疲弊と意欲喪失です。関与と燃え尽きについて
調べ始めたとき、これはエッジ・ステートのひとつだと気づきました。

 

 

When we stand on the solid ground of engagement, we find strength in our work. Our
service to others may have its challenging moments, but in general we are absorbed in
and gratified by what we do. Our livelihood enhances the quality of our lives while ideally
enhancing the quality of others’ lives as well.

関与にしっかりと足をつけて立っているときは、仕事から力を得ています。他者への
支援という活動は、困難をともなうときがあるとしても、仕事に熱中し喜びを得ること
が概して多いものです。生業としての仕事は人生の質を高め、理想的には他者の人生の
質の向上にもつながるでしょう。

 

 

But when we work too many hours, under untenable circumstances, for too little
emotional reward――or when we feel our efforts aren’t making a positive difference to
others――these factors can push us to the limit of what we can sustain.

しかし、超過勤務が続き、耐えがたい状況に置かれ、精神的に報われることもあまりに
少ない、自分が努力しても他者に良い影響をもたらすと思えないといった要因がある
と、私たちは持続力の限界まで追い込まれます。

 

 

From there, it’s easy to fall over the edge and into the bleak landscape of burnout, where
we feel jaded and demoralized, where we lose our heart and taste for work, where we
lose our desire to serve.

すると容易に崖を踏みはずし、荒涼とした燃え尽きの淵へと転落してしまうのです。
疲れ切って気持ちをくじかれ、興味も薄れ仕事に嫌気がさし、人に役立とうとする意欲
も失った状態です。

 

 

The violence of overwork can become habitual and lead us to burnout, a swamp that can
be difficult to crawl out of. Some stay stuck there for years, unable to reignite their
passion. But when we do find our way out of burnout and back to a livelihood that
nourishes others and ourselves, we also find resilience, and perhaps even wisdom.

過労という暴力が慢性化し燃え尽きにつながると、その沼から這い上がるのは難しく
なります。何年もそこにはまってしまい、情熱の火を再び灯せない人もいます。
しかし、燃え尽きから抜け出す道を見つけ、他者と自分を育む営みに戻るときには、
回復力(レジリエンス)、そしておそらく智慧も身につけているでしょう。




My first anthology is published now.

Please purchase it from Amazon if you are interested in.

現在、私の初めての詩集が出版されています。

興味のある方は、アマゾンでご購入をお願いいたします。

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約