しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「岡倉天心: 茶の本」その10。茶道の歴史に学ぶ、茶室における活け花の極意とは?  “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.10――What is the secret of flower arrangement in the tea-room, learned from the history of Teaism?

 

f:id:englishforhappiness:20191206073252j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心が、歴史的背景の中で、茶室における活け花の極意について解説――
バイリンガルで、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us commentaries on the secret of flower arrangement in the
tea-room with the historical background ――more to come both in English and in
Japanese.

 

 

 

Anyone acquainted with the ways of our tea-and-flower masters must have noticed the
religious veneration with which they regard flowers. They do not cull at random, but
carefully select each branch or spray with an eye to the artistic composition they have in
mind. They would be ashamed should they chance to cut more than were absolutely
necessary.

わが国の茶や花の宗匠たちのやり方をよく知っている人なら、彼等が花を目 (もく) する
に宗教的な尊敬の念を以てする事実に、気がついたにちがいない。彼等は手当たり次第
に折り取るようなことはしない。一本の枝や小枝といえども、おのが心に描く芸術的
構成に照らして、慎重に選び取るのである。もし彼等が、万が一にも絶対に必要なもの
以上を伐り取るようなことがあれば、彼等は恥じたことであろう。

 

 

It may be remarked in this connection that they always associate the leaves, if there be
any, with the flower, for their object is to present the whole beauty of plant life.

このことと関連して一言を費やしてもよいと思われるのは、彼等が、つねに花とともに
葉を――もしわずかでも葉があるなら――これを添えるということである。それという
のは、彼等の目ざすところは、草木のいのちの美の全体をあらわすにあるからだ。

 

 

In this respect, as in many others, their method differs from that pursued in Western
countries. Here we are apt to see only the flower stems, heads, as it were, without body,
stuck promiscuously into a vase.

この点においても、他の多くの点におけると同じく、彼等の方法は、西洋の国々で
行われているのとは違っている。そこでは、花茎だけが、いわば胴体のない頭だけが、
雑然と花瓶に突っ込んであるのを見かけることがよくあるのだ。

 

 

When a tea-master has arranged a flower to his satisfaction he will place it on the
Tokonoma, the place of honor in a Japanese room. Nothing else will be placed near it
which might interfere with its effect, not even a painting, unless there be some special
aesthetic reason for the combination. It rests there like an enthroned prince, and the
guests or disciples on entering the room will salute it with a profound bow before making
their addresses to the host.

満足のゆくところまで花を生けおわると、茶人はそれを床の間、すなわち日本の室内
での名誉ある場所、に置く。それの効果の妨げるのをおそれて、花の傍には何一つ
置かれない。たとえ一幅の絵であろうと、配合上の何か特別な美的理由があるので
なければ、置かれることはない。花は王座について王侯のごとくに、そこにくつろいで
いる。そうして客も、弟子も、室内に入るやまずうやうやしく花に対して敬礼し、
しかるのちに始めて主人に挨拶をのべる。

 

 

Drawings from masterpieces are made and published for the edification of amateurs.
The amount of literature on the subject is quite voluminous. When the flower fades, the
master tenderly consigns it to the river or carefully buries it in the ground. Monuments
even are sometimes erected to their memory.

素人愛好家のために生花 (いけばな) の傑作を写したものが出版されている。生花に
関する文献もじつに厖大 (ぼうだい) な量に上っている。花がしおれてしまうと、宗匠
慇懃にそれを川の流れにゆだねるか、でなければ鄭重 (ていちょう) に地中に埋める。花
の追憶のために記念碑が建てられることさえある。

 

 

 

 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その9。日本の美を世界に知らしめた偉人による、芸術鑑賞の注意点とは?  “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.9――What are the important points of art appreciation suggested by a great man who made the beauty of Japan known to the world?

f:id:englishforhappiness:20191204073938j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心が、出版時の時代背景の中で、芸術鑑賞の注意点について解説――
バイリンガルで、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us commentaries on the important points of art appreciation
with the historical background of the times when it was published――more to come both
in English and in Japanese.

 

 

 

Another common mistake is that of confusing art with archaeology. The veneration born
of antiquity is one of the best traits in the human character, and fain would we have it
cultivated to a great extent.

いま一つのありふれた誤謬は、芸術を考古学と混同することである。古いものに対する
生来の畏敬の念は、人間の性格中の最善の特徴の一つで、われわれとても喜んでこれを
よりいっそう涵養 (かんよう) したいと願っている。

 

 

The old masters are rightly to be honored for opening the path to future enlightenment.
The mere fact that they have passed unscathed through centuries of criticism and come
down to us still covered with glory commands our respect.

往昔 (いにしえ) の巨匠たちは、未来の開化の道を拓いたことに対しても、当然尊敬を
うくべきである。彼等が幾世紀にわたる批評のなかを無傷で通り抜け、われわれの時代
にまで至ってなお光栄に蔽 (おお) われているという、ただそれだけの事実が、われわれ
の敬意を博している。

 

 

But we should be foolish indeed if we valued their achievement simply on the score of
age. Yet we allow our historical sympathy to override our aesthetic discrimination. We
offer flowers of approbation when the artist is safely laid in his grave.

だが、もしわれわれが、単に年代の古きの故に彼等の業績を貴 (とおと) ぶのであった
ならば、それはじつに愚かなことというべきであろう。その上われわれは、われわれの
歴史的同情心がわれわれの美的鑑識力をふみにじるのを許している。芸術家が無事に墓
のなかに横たえられると、われわれは賞賛の花を供げるのである。

 

 

The nineteenth century, pregnant with the theory of evolution, has moreover created in
us the habit of losing sight of the individual in the species. A collector is anxious to
acquire specimens to illustrate a period or a school, and forget that a single masterpiece
can teach us more than any number of the mediocre products of a given period or
school. We classify too much and enjoy too little. The sacrifice of the aesthetic to the
so-called scientific method of exhibition has been the bane of many museums.

19世紀は、進化論が横行した結果、かてて加えて、種のなかに個人を見失うという習慣
をつくり出すようになった。蒐集家 (しゅうしゅうか) は、一時代もしくは一流派を説明
すべき標本を手に入れるのに、浮き身をやつしている。そうして、ただ一個の傑作が、
ある一時代もしくは一流派の凡庸な作品のいかなる数にもまさって、われわれを教える
ところが多いものだということを、忘れている。われわれは分類することあまりに
多く、楽しむことあまりに少ない。いわゆる科学的陳列法のために美的陳列法を犠牲に
供したことは、多くの美術館の弊害となっている。

 

 

The claims pf contemporary art cannot be ignored in any vital scheme of life. The art of
to-day is that which really belongs to us; it is our own reflection. In condemning it we but
condemn ourselves.

同時代の芸術の権利は、およそ重要な生活の仕組みにおいて、無視さるを得ないもので
ある。今日の芸術は、真にわれわれに属するところのものなのである。すなわち
それは、われわれ自身の反映なのである。それを咎 (とが) めるのは、われわれ自身を
咎めることになる。

 

 

We say that the present age possesses no art――who is responsible for this? It is
indeed a shame that despite all our rhapsodies about the ancients we pay so little
attention to our own possibilities. Struggling artists, weary souls lingering in the shadow of
cold disdain!

われわれはいう、現代は美術をもたない、と。それならこれは誰の責任なのか? 古人に
対してはあらゆる熱狂を示しながら、われわれ自身の可能性に対して何らの注意を
払わないというのは、まことに恥辱である。奮闘をつづけている芸術家たち、冷たい
侮蔑のかげによろめき疲れたこの人々!

 

 

In our self-centered century, what inspiration do we offer them? The past may well look
with pity at the poverty of our civilization; the future will laugh at the barrenness of our
art. We are destroying art in destroying the beautiful in life.

この自分本位の世紀において、われわれは彼等にはたしていかなる激励を寄せて
いるか? 過去がわれわれの文明の貧しさを憐れむとしても、むべなるかなだ。未来は
われわれの芸術の不毛をあざ笑うことだろう。われわれは人生の美しいものを破壊する
ことによって、芸術を破壊しつつある。

 

 


 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その8。西洋のインテリアとの比較における、日本茶室の存在意義とは?  “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.8――What is the significance of existence of Japanese tea-room in comparison with the Western interior?

f:id:englishforhappiness:20191202064206j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心が、世界における日本茶室の存在意義について解説――バイリンガル
で、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us commentaries on the significance of existence of Japanese
tea-room in the world――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

In the tea-room the fear of repetition is a constant presence. The various objects for the
decoration of a room should be selected that no color or design shall be repeated. If you
have a living flower, a painting of flowers is not allowable. If you are using a round kettle,
the water pitcher should be angular. A cup with a black glaze should not be associated
with a tea-caddy of black lacquer.

茶室では、反復のおそれがいつも存在している。室内装飾のためのいろいろな物は、
色彩も意匠も重複しないように選択されねばならない。もし貴君が生花を用いる
ならば、花の絵を掛けることは許されない。もし貴君が円 (まる) い茶釜を使うなら、
水差しは角ばったものでなければならぬ。黒茶碗は黒塗りの茶入れと並べて用いること
はできない。

 

 

In placing a vase or an incense burner on the tokonoma, care should be taken not to put
it in the exact center, lest it divide the space into equal halves. The pillar of the tokonoma
should be of a different kind of wood from the other pillars, in order to break any
suggestion of monotony in the room.

花入れや香炉を床の間に置くのにも、それを真正面に置かないように気をつけねば
ならぬ。それはその空間を真半分に分割するのをおそれてである。室内の単調の気味を
破るために、床の間の柱は他の柱とは違った種類の木材を用いねばならない。

 

 

Here again the Japanese method of interior decoration differs from that of the Occident,
where we see objects arrayed symmetrically on mantelpieces and elsewhere. In Western
houses we are often confronted with what appears to us useless reiteration.

ここでも、また、室内装飾の日本のやり方は、西洋のそれと違っている。西洋の方では
何もかもマントルピースやその他の場処に相称的に並べてある。西洋の家ではわれわれ
の眼には無益のくり返しと思われるものによく出会 (でくわ) す。

 

 

We find it trying to talk to a man while his full-length portrait stares at us from behind his
back. We wonder which is real, he of the picture, or he who talks, and feel a curious
conviction that one of them must be fraud.

彼の背後からその人の全身像がわれわれを見つめているところで、その当人と話を
交えるのはわれわれには堪えられない。画中の彼と、話している彼と、そのどちらが
本物なのかとわれわれはいぶかる。そうして、そのどちらかがにせ物に違いないという
奇妙な確信を抱くのである。

 

 

Many a time have we sat at a festive board contemplating, with a secret shock to our
digestion, the representation of abundance on the dining-room walls. Why these pictured
victims of chase and sport, the elaborate carvings of fishes and fruit? Why the display of
family plates, reminding us of those who have dines are dead?

何遍ということなくわれわれは、陽気な食卓に坐って、食堂の四方の壁いっぱいの絵を
眺めながら、ひそかに消化に衝撃を与えられたものである。これらの遊猟の獲物の絵
や、魚や果物の丹精こめた彫りものは、いったいどうしたわけなのか? なぜ、家宝の
金銀の食器類をひろげ立てて、ここで食事をしたが今は死んで居ない人々のことを
われわれに思い出させるのであるか?

 

 

The simplicity of the tea-room and its freedom from vulgarity make it truly a sanctuary
from the vexation of the outer world. There and there alone can one consecrate himself
to undisturbed adoration of the beautiful.

茶室の簡素なこと、その俗塵から離脱していることは、真にそれを外界のわずらわしさ
からの避難所にしている。そこにおいて、また、そこにおいてのみ、人は攪乱されない
美の礼拝に打ち込むことができる。

 

 

In the sixteenth century the tea-room afforded a welcome respite from labor to the fierce
warriors and statesmen engaged in the unification and reconstruction of Japan. In the
seventeenth century, after the strict formalism of the Tokugawa rule had been developed,
it offered the only opportunity possible for the free communion of artistic spirits. Before
a great work of art there was no distinction between daimyo, samurai, and commoner.

第16世紀にあっては、日本の統一と再建に従事した猛々 (たけだけ) しい武人や政治家
たちに、茶室は塵労 (じんろう) からの悦 (よろこ) ばしい休息を与えた。第17世紀に
入って、徳川幕府の厳格な形式主義が発達してからは、それは芸術精神の自由な交流の
ためのただ一つの可能な機会を提供した。偉大な芸術品の前には、大名と、武士と、
平民との差別は存在しなかった。

 

 

Nowadays industrialism is making true refinement more and more difficult all the world
over. Do we not need the tea-room more than ever?

今日、産業主義は、世界中いずこにあっても、真の風雅をますます困難となしつつ
ある。われわれは従来よりもなおいっそう茶室を必要とするのではないだろうか?

 


 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その7。茶道は、どのように行なわれるか? 英語による美しい描写。 “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.7――How is the tea-ceremony practiced? A beautiful description of it in English.

f:id:englishforhappiness:20191130071624j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心が、茶道を美しく描写――バイリンガルで、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, describes the tea-ceremony beautifully――more to come both in
English and in Japanese.

 

 

 

Then he will bend low and creep into the room through a small door not more than three
feet in height. This proceeding was incumbent on all guests――high and low
alike――and was intended to inculcate humility.

それから彼は低くかがみ、高さ3フィートしかない小さな戸口<躙(にじ)り口>から
茶室へと這 (は) いいる。この動作は、すべての客に――身分の高下を問わず――義務と
して負わされたものであった。それは謙虚を教え込むことを企図してのことなの
だった。

 

 

The order of precedence having been mutually agreed upon while resting in the machiai,
the guests one by one will enter noiselessly and take their seats, first making obeisance
to the picture or flower arrangement on the Tokonoma.

客の席次は待合に休んでいる間にお互いの間で協定ずみであるから、客は一人ずつ
静かに入ってゆくであろう。そうして、自分の座につき、まず床の間の絵または花の
配合に敬意を表するであろう。

 

 

The host will not enter the room until all the guests have seated themselves and quiet
reigns with nothing to break the silence save the note of the boiling water in the iron
kettle. The kettle sings well, for pieces of iron are so arranged in the bottom as to
produce a peculiar melody in which one might hear the echoes of a cataract muffled by
the clouds, of a distant sea breaking among the rocks, a rainstorm sweeping through
a bamboo forest, or of the soughing of pines on some faraway hill.

主人は、客がみなその座につき、鉄の茶釜のなかのたぎる湯の音のほかには沈黙を破る
何物もないまでに静寂が支配するに至って、はじめて室中へ入ってくるであろう。茶釜
は申し分なく歌っている、それというのは、特殊な旋律を出すようにその底に鉄片が
並べてあるからである。そうしてその旋律のなかに、人は、雲に覆われた滝の、岩の間
に砕けるはるかな海の、竹林を吹き払う雨風の、さてはどこか向こうの丘に立つ松の
颯々(さつさつ)たるひびきの、こだまを聞くこともできるのである。

 

 

Even in the daytime the light in the room is subdued, for the low eaves of the slanting
roof admit but few of the sun rays. Everything is sober in tint from the ceiling to the floor;
the guests themselves have carefully chosen garments of unobtrusive colors. The
mellowness of age is over all, everything suggestive of recent acquirement being
tabooed save only the one note of contrast furnished the bamboo dipper and the linen
napkin, both immaculately white and new. However faded the tea-room and the
tea-equipage may seem, everything is absolutely clean. Not a particle of dust will be
found in the darkest corner, for if any exists the host is not a tea-master.

昼間でさえも室内の光は和らげられている、それは傾斜した屋根の低い檐(ひさし)が
ごくわずかな光線しか入れないからだ。天井から床に至るまで、何もかもが落ちついた
色合いである。客たちがすでに目立たぬ色目の衣服を心して選んでいる。時代の
やわらかさがすべての物に行き渡っており、今更(いまさら)めいた物は何であろうと
一切厳禁である。唯一の例外は、竹の柄杓(ひしゃく)と麻の布巾とがかもし出す
これと対照をなす調子である。なぜなら二つとも、無垢清浄なまでに白くて新しいから
である。茶室や道具がどんなにうすぼんやり見えようとも、何一つとして完全に清潔で
ないものはない。室内の最も暗い片隅にさえ、一片の塵も見出されないであろう。
なぜなら、もし一片の塵でもあるようだったら、その主人は茶人ではないからだ。

 

 

One of the first requisites of a tea-master is the knowledge of how to sweep, clean, and
wash, for there is an art in cleaning and dusting. A piece of antique metal work must not
be attacked with the unscrupulous zeal of the Dutch housewife. Dripping water from
a flower vase need not be wiped away, for it may be suggestive of dew and coolness.

茶人に最も必要な資格の一つは、掃いたり、拭いたり、洗ったりするやり方の知識で
ある。それは、けがれを去り塵を払うにも術があるからだ、時代ものの金属細工は、
オランダの主婦のように無遠慮に躍気となってはたいてはならない。花入れから
滴(したた)りおちる水は拭き去ることを須(もち)いない。なぜならそれは露と涼味
を連想させることができるからである。


 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その6。禅が、われわれ東洋人の考え方にもたらした影響とは? “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.6――What is the influence that Zen had on the way of thinking for us, the Orientals?

f:id:englishforhappiness:20191128062904j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心による、禅が東洋思想に与えた影響についての解説――バイリンガル
で、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us the commentaries on the influence which Zen had on
Eastern thought――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Zen was often opposed to the precepts of orthodox Buddhism even as Taoism was
opposed to Confucianism. To the transcendental insight of the Zen, words were but
an incumbrance to thought: the whole sway of Buddhist scriptures only commentaries on
personal speculation. The followers of Zen aimed at direct communion with the inner
nature of things, regarding their outward accessories only as impediments to a clear
perception of Truth.

道家儒家と反対であったように、禅も正統仏教の認得としばしば反対であった。禅家
の先験的洞察にとって、言葉は思想の妨害物たるにすぎなかった。仏教経典を
隈(くま)なく目をとおしたところで、それは個人の思弁を註釈するにすぎない。禅の
ともがらは事物の内面的性質とじかに交通しようと志した。そうしてそれら事物の
外面的属性を以て、真理の明晰な認得のための邪魔物にすぎないと見なしたので
あった。

 

 

It was this love of the Abstract that led the Zen to prefer black and white sketches to the
elaborately colored paintings of the classic Buddhist School. Some of the Zen even
became iconoclastic as a result of their endeavor to recognize the Buddha in themselves
rather than through images and symbolism.

禅の学徒をして、古典的仏画派の精巧に色彩を施された絵よりも、墨絵の略画を
選ばしめるに至ったのは、じつにこの「絶対なるもの」への愛であった。禅家の
なかには、仏像や象徴主義によってよりも、むしろ自分自身のなかに仏陀を識得しよう
と力(つと)めるのあまり、偶像破壊者となったものさえある。

 

 

A special contribution of Zen to Eastern thought was its recognition of the mundane as of
equal importance with the spiritual. It held that in the great relation of things there was no
distinction of small and great, an atom possessing equal possibilities with the universe.

東洋思想に対する禅の独特の貢献は、それが精神的なものへと同等の重要さを世俗的な
ものへも認めたことであった。禅の主張するところにしたがえば、事物の大いなる相関
のなかでは、大小の区別のごときは存在しない、一個の原子が宇宙とひとしい可能性を
もっているのだ。

 

 

The seeker for perfection must discover in his own life the reflection of the inner light.
The organization of the Zen monastery was very significant of this point of view. To every
member, except the abbot, was assigned some special work in the care-taking of the
monastery, and curiously enough, to the novice were committed the lighter duties, while
to the most respected and advanced monks were given the more irksome and menial
tasks.

完全を探求するものは、彼みずからの生活のなかに内なる光明の反映を見出さなければ
ならぬ。禅院の組織は、この見地からするとき、きわめて意味ふかいものであった。
院主以外のすべての住僧は、僧院の管理についての何か専門の仕事を課せられていた。
しかも、じつに奇妙に聞こえるが、新参者には比較的軽い義務が与えられたに反して、
最も尊敬されている修行の積んだ僧侶には、いっそう厄介で下賤な仕事が課せられたの
であった。

 

 

Such services formed a part of the Zen discipline and every least action must be done
absolutely perfectly. Thus many a weighty discussion ensued while weeding the garden,
paring a turnip, or serving tea.

こうした勤めが禅の修行の一部を成していた、そうして、どんなに些々たることも絶対
に完全に果たされねばならなかった。こういうふうにして、幾多の容易ならぬ問答が、
庭先の草をむしったり、かぶらを切ったり、茶を汲んだりする間に、つぎつぎと
行われた。

 

 

The whole ideal Teaism is a result of this Zen conception of greatness in the smallest
incidents of life. Taoism furnished the basis for aesthetic ideals, Zennism made them
practical.

茶道のあらゆる理想は、人生の最も些々たるできごとのなかにも偉大なものを認得する
禅のこうした考え方の一つの結果である。道家は美の理想のためにその根底を与え、禅
はそれを実践に移したのであった。


 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その5。日本の剣術、柔術、相撲にまでも大きな影響を及ぼした、道教の思想とは? “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.5――What are the ideas of Taoism which exercised a great influence on swordsmanship, Jiu-jitsu, the Japanese art of self-defence, even Sumo in Japan?

 

f:id:englishforhappiness:20191126062358j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心による、日本の格闘技に体現された道教の思想についての解説――
バイリンガルで、どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us the commentaries on the ideas of Taoism which are
embodied in Japanese martial arts――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

The Taoists claimed that the comedy of life could be made more interesting if everyone
would preserve the unities. To keep the proportion of things and give place to others
without losing one’s own position was the secret of success in the mundane drama. We
must know the whole play in order to properly act our parts; the conception of totality
must never be lost in that of the individual.

道家の徒は主張した――もし各人が和合を保つことを欲するならば、人生の喜劇は
もっともっとおもしろいものになし得られるはずだ、と。事物の均衡を保持し、自家の
立場を失うことなしに他に譲るというのが、浮世の狂言で功を収める秘訣なのだった。
自分に振られた役を無難に勤めるのには、われわれは演技の全体を心得ていなければ
ならない。つまり、全体の概念が個別の概念のなかに断じて没却されてはならない。

 

 

This Laotse illustrates by his favorite metaphor of the Vacuum. He claimed that only in
vacuum lay the truly essential. The reality of a room, for instance, was to be found in the
vacant space enclosed by the roof and walls, not in the roof and walls themselves. The
usefulness of a water pitcher dwelt in the emptiness where water might be put, not in the
form of the pitcher or the material of which it was made.

このことを老子は「虚」についての彼の得意の隠喩で説き明かしている。彼は主張
した、――ただ空虚にのみ、真に本質的なものが存するのだ、と。たとえば、一つの
部屋の実体は、屋根や、壁で取り囲まれた空虚な空間に見出されるのであって、屋根や
壁そのものにあるのではない。水差しの用は水を注ぎこむことのできる空所にあるので
あって、それの形だとか、それを作り上げている材料だとかにあるのではない。

 

 

Vacuum is all potent because all containing. In vacuum alone motion becomes possible.
One who could make of himself a vacuum into which others might freely enter would
become master of all situations. The whole can always dominate the part.

空虚は一切を包蔵する故に万能である。空虚においてのみ運動は可能となる。人もし、
おのれを一つの空虚、他人が自由に出入することのできる空虚となすことができた
なら、随所に主となるに至るであろう。全体はつねに部分を支配することができる。

 

 

The Taoists’ ideas have greatly influenced all our theories of action, even to those of
fencing and wrestling. Jiu-jitsu, the Japanese art of self-defence, owes its name to
a passage in the Taoteiking. In Jiu-jitsu one seeks to draw out and exhaust the enemy’s
strength by non-resistance, vacuum, while conserving one’s own strength for victory in
the final struggle.

こうした道家の徒の思想は、行動に関するわが国の一切の論理に大いなる影響を
及ぼした。それは剣術や相撲の理論にまでも及んだのである。日本の自己防衛の術
である柔術は、その名を「道徳経」の中の一句に負うている。柔術にあっては、無抵抗
すなわち虚によって敵の力を引き出してこれを出し尽くさせようと力 (つと) める。一方
おのれの力は最後の闘いにおける勝利のために取っておくのである。

 

 

In art the importance of the same principle is illustrated by the value of suggestion. In
leaving something unsaid the beholder is given a chance to complete the idea and thus
a great masterpiece irresistibly rivets your attention until you seem to become actually
a part of it. A vacuum is there for you to enter and fill up to the full measure of your
aesthetic emotion.

芸術においてこれと同じ原理が肝要であることは、暗示の価値によって判明する。
何事かを言わずに残しておくところで、観る人はその思想を完成する機会を
与えられる。かくして偉大なる傑作は不可抗的に諸君の注意を奪い、ついに諸君が
実際にその作品の一部分となったかのような感を抱かせるまでに至る。空虚は諸君が
入り来って、諸君の美的情緒の満足するまでこれをみたすことを待っているのだ。


茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「岡倉天心: 茶の本」その4。日本で頂点に達した、茶の湯の理想とは? “OKAKURA Tenshin: The Book of Tea” No.4――What is the culmination of tea-ideals which was reached in Japan?

 

f:id:englishforhappiness:20191124073640j:plain

日本の精神性の高さを世界に広めた名著「茶の本」(1906)。日本有数の英語の達人、
著者・岡倉天心による、日本における茶の歴史についての解説――バイリンガルで、
どうぞ。

“The Book of Tea (1906)” is the masterpiece for spreading the excellence of Japanese
spirituality to the world. In this book, Okakura, the author and one of the Japan’s greatest
masters of English, gives us the commentaries on the history of tea in Japan――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

Japan, which followed closely on the footsteps of Chinese civilization, has known the tea
in all its three stages. As early as the year 729 we read of the Emperor Shomu giving tea
to one hundred monks at his palace in Nara. The leaves were probably imported by our
ambassadors to the Tang Court and prepared in the way then in fashion.

中国文明の足跡をきちんと追って来た日本は、その三つの段階のすべてにおける茶を
知っている。紀元729年という早い時期に、聖武天皇がその奈良の皇居において100人の
僧侶に茶を賜ったことをわれわれは読む。茶の葉はおそらく唐の宮廷へ派遣された
わが方の使節 (遣唐使) たちの手で輸入され、その当時の流行の仕方で点 (た) てられた
のであった。

 

 

In 801 the monk Saicho brought back some seeds and planted them in Yeisan. Many
tea-gardens are heard of in the succeeding centuries, as well as the delight of the
aristocracy and priesthood in the beverage.

801年には僧最澄が若干の種子を携え帰って、これを叡山に移植した。幾多の茶園が
これにつぐ幾世紀のあいだに知られているし、当時の貴族や僧侶たちが喜んで飲料と
したことも知られている。

 

 

The Sung tea reached us in 1191 with the return of Yeisaizenji, who went there to study
the southern Zen school. The new seeds which he carried home were successfully
planted in three places, one of which, the Uji district near Kyoto, bears still the name of
producing the best tea in the world.

宋代の茶は1191年に栄西禅師の帰朝とともにわが国へもたらされた。禅師は南方の禅の
宗派を研修するために彼の土へ渡った人である。 彼が伝来した新種は3箇所に移植
されたが、いずれも成功した。そのうちの一つである京都に近い宇治地方は、いまなお
世界で最良の茶の産地たるの名声を保持している。

 

 

The southern Zen spread with marvelous rapidity, and with it the tea-ritual and the
tea-ideal of the Sung. By the fifteenth century, under the patronage of the Shogun,
Ashikaga Yoshimasa, the tea-ceremony is fully constituted and made into
an independent and secular performance. Since then Teaism is fully established in
Japan.

南方の禅はおどろくべき速度で普及し、それとともに宋代の茶の儀式と茶の理想もまた
普及した。第15世紀までには、将軍足利義政の奨励によって、茶の湯は完全に組織立て
られ、一個の独立した世俗のいとなみとなった。それからこの方、茶道は日本において
完全に確立されたのである。

 

 

Tea with us became more than an idealization of the form of drinking: it is a religion of
the art of life. The beverage grew to be an excuse for the worship of purity and
refinement, a sacred function at which the host and guest joined to produce for that
occasion the utmost beatitude of the mundane.

茶はわれわれにあっては、飲用の形式の理想化以上のものとなった。すなわちそれは
生の術についての一つの宗教となったのである。この飲料は純粋と典雅との崇拝のため
の口実――主と客とが一体となってそれがために浮世の最上の法悦をつくりだす聖なる
営みとまで成長したのである。

 

 

The tea-room was an oasis in the dreary waste of existence where weary travelers could
meet to drink from the common spring of art appreciation.

茶室は生存のうら淋しい砂漠における一つのオアシスであった。そこにおいて疲れた
旅人らは、芸術鑑賞の共同の泉から飲むために相会することができるのだった。

 

 

The ceremony was an improvised drama whose plot was woven about the tea, the
flowers, and the paintings. Not a color to disturb the tone of the room, not a sound to mar
the rhythm of things, not a gesture to obtrude on the harmony, not a word to break the
unity of the surroundings, all movements to be performed simply and naturally――such
were the aims of the tea-ceremony. And strangely enough it was often successful.
A subtle philosophy lay behind it all. Teaism was Taoism in disguise.

この儀式は茶や、花や、絵などで織りなされた筋をもつ即興劇であった。部屋の調子を
かき乱す一つの色もなく、事物のリズムを台なしにする一つの音もなく、調和を
ぶちこわす一つのしぐさもなく、四囲 (しい) の統一を破る一つの語もなく、一切の動き
が単純に自然に執 (と )り行われる――こういうのが茶の道の眼目であった。そうして、
じつに不思議なことに、それがしばしば目的を達したのであった。その背後には
すべて、一つの精妙な哲学がよこたわっていた。茶道は身をやつした道家の教なので
あった。

 

 

 

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約