しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマの仏教入門」その5。家庭を、世界を、平和にするために、ダライ・ラマ自身が行ない、いつも人に勧めている瞑想法とは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.5――What is the method of meditation that Dalai Lama himself is practicing and frequently recommends to others for peace in the family and in the world

 

f:id:englishforhappiness:20190419073137j:plain

世界の中で最も尊敬され、また最も影響力のある仏教指導者、ダライ・ラマ。彼の著作
ダライ・ラマの仏教入門」の中に、家庭から始まって国家や世界に及ぶ平和の
ために、彼自身が実践し、いつも人に勧めている瞑想法の解説があります――
バイリンガルで、どうぞ。

Dalai Lama is the most respected and influential Buddhist leader in the world. In his work
“The Meaning of Life”, he gives us some commentaries on the method of meditation that
he himself is practicing and frequently recommends to others for peace in the family, the
country, and the world――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

Imagine that in front of you on one side is your old, selfish I and that on the other side is
a group of poor, needy people. And you yourself are in the middle as a neutral person,
a third party. Then, judge which is more important――whether you should join this
selfish, self-centered, stupid person or these poor, needy, helpless people. If you have
a human heart, naturally you will be drawn to the side of the needy beings.

まずあなたの目の前に、一方に自分の過去の姿である利己的な「私」を、もう一方には
助けを必要としている哀れな人々を観想してごらんなさい。そしてあなた自身は自分を
その真ん中に第三者として置くのです。そしてどちらがより大切か考えてみて
ください。利己的で自己中心的な愚かものと、助けを必要としている哀れな人々と
どちらに与(くみ)するべきでしょうか。もしあなたに人間の心があるならば、当然
あなたは哀れで助けを必要とする人々のほうが気になることでしょう。

 

 

This type of reflective contemplation will help in developing an altruistic attitude; you
gradually will realize how bad selfish behavior is. You yourself, up to now, have been
behaving this way, but now you realize how bad you were.

このようなタイプの瞑想法は、「利他の心」(菩提心)を養うことに役立ちます。
あなたは次第に自分がいかに醜悪で利己的な行為をしてきたかに気づくように
なります。あなたは今までこのように振る舞ってきましたが、今やあなたはいかに自分
が悪かったかに気づきました。

 

 

Nobody wants to be a bad person; if someone says, “You are a bad person,” we feel very
angry. Why? The main reason is simply that we do not want to be a bad person. If we
really do not want to be a bad person, then the means to avoid it is in our own hands. If
we train in the behavior of a good person, we will become good. Nobody else has the
right to put a person in the categories of good or bad; no one has that kind of power.

悪い人になりたいと思う人は誰もいません。「あなたは悪人だ」と誰かに言われると
私たちはとても腹が立ちます。なぜでしょうか。理由は簡単です。私たちは悪い人に
なりたくないからなのです。もし私たちが悪い人になりたくないなら、そうなることを
避けるための手だては私たちの手の内にあります。良い人の行ないを修養すれば人は
良くなるのです。他の誰にも人を善いほうへ導く権利も、悪いほうへ導く権利も
ありませんし、またそのような力はないのです。

 

 

The ultimate source of peace in the family, the country, and the world is
altruism――compassion and love. Contemplation of this fact also helps tremendously to
develop altruism. Meditatively thinking about different reasons as much as you can
engenders conviction, desire, and determination. When with such determination you try,
try, try, day by day, month by month, year by year, you can improve yourself. With
altruistic motivation every action accumulates good virtues――the limitless power of
salutary merit.

家庭からはじまって国家や世界に及ぶ平和の究極的な源泉は「利他の心」(菩提心)、
すなわち、愛と同情の心(慈悲心)を持ちながら悟りを目指す心です。このことについて
瞑想すれば、さらに「利他の心」は発展します。可能なかぎりさまざまな理由について
瞑想することによって確信、欲求、決意が生じます。このような決意をもって毎日、
毎月、毎年修行を積んでいくことによって、あなたは自分自身をより善くしていくこと
ができるのです。利他の動機を持てば、どのような行為でも善い徳――無限の力を持つ
有益な功徳(福徳) ――を積んでいくのです。

 

  

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

  

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

  

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

  

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

 

   

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

「ダライ・ラマの仏教入門」その4。ダライ・ラマからの最も重要なメッセージとは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.4――What is the most important message from Dalai Lama?

 

f:id:englishforhappiness:20190417064209j:plain

世界の中で最も尊敬され、また最も影響力のある仏教指導者、ダライ・ラマ。私自身も
彼の「思いやりと個人」というメッセージに啓発され、なるべく多くの日本人
が”compassion(思いやり)”を英語で理解し、世界中の人々と語り合うようになって
ほしいという願いを持つようになりました。このブログを始めた動機のひとつです。
日本語では「慈悲」「思いやり」「哀れみ」など様々な言葉に訳されていますが、
ダライ・ラマの仏教入門」では「同情心」という訳語で解説された箇所があります。
仏教における最高の境地「ブッダの境地」 の前提となる「同情心」――バイリンガル
で、どうぞ。

Dalai Lama is the most respected and influential Buddhist leader in the world. I was
enlightened by his message “Compassion and the Individual” to have a wish that as
many Japanese as possible would understand “compassion” in English and talk about it
with people around the world. That was one of my motivations to have this weblog
started. Compassion has various Japanese translations such as “Jihi”, “Omoiyari”,
“Awaremi”. In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama gives us some commentaries on
compassion, translated “Dojoshin” in Japanese that is the premise of Buddhahood, the
highest possible attainment――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

About these, in order to generate such a strong altruistic attitude in which you promise to
seek Buddhahood for the sake of others, it is necessary beforehand to generate
an unusual resolve in which you take on yourself the burden of others’ welfare.

他のもののために「仏陀の境地」を求めることを誓うという、このような強い利他の
心を起こすために、これに先立って他のものの労苦を自分自身に引き受けようという
非凡な決意をしなければなりません。

 

 

In order to induce this unusual resolve, it is necessary to have compassion in which you
cannot bear to see either the manifest suffering of others or that they are oppressed with
unwanted internal conditions that will result in suffering; thus, from the depth of your
heart you wish that they be freed from such a condition. For, without being stirred from
the depth by compassion, the high resolve in which you take on the burden of freeing
beings from suffering cannot be induced.

この非凡な決意を引き起こすためには、あなたは同情心を持たねばなりません。同情心
とは、現に苦しんでいる人や苦しみに帰結するであろう不幸な内的状況に抑圧されて
いる人を、見るに忍びないと感じるような心のことです。このとき、あなたは心の奥底
から他の者がこのような状況から解き放たれることを望むでしょう。というのは、
同情心によって心底から動かされることがなければ、他人を苦しみから解き放つという
重荷を引き受けようという堅い決意は生じるはずがないからです。

 

 

In addition, in the development of compassion it is clear from your own experience that it
is easier to generate it for other persons who are attractive to yourself or with respect to
whom you have a sense of pleasantness――who fit in with yourself――and thus you
need a technique prior to generating great compassion to cause all sentient beings to
appear appealingly, attractively suitable to yourself. This technique is to train in viewing
all sentient beings the way you already view that being to whom you usually are the
closest, whether this be your mother, your father, a relative, or another person.

さらに、同情心を起こしていく過程で、あなたが好ましい感じを持ったり、あなたに
とって魅力的な人――あなたに合った人――に対しては、同情心がよりたやすく起こる
ことが自身の経験から明らかになってきます。そのため、あなたは同情心を起こすに
先立って、あらゆる命あるものを、心にかなった、魅力的で、あなたにとって
ふさわしいものであると思わせる方法が必要とされます。この方法とはあらゆる命ある
ものを、父母兄弟のようなあなたのもっとも親密な人と同じように見ることができる
ように修養することです。

 

 

How was it? If you are interested in the details of training, please read “The Meaning of
Life”. Here, I introduce the URL of “Compassion and the Individual”

いかがでしたか? 修養の詳細について興味のある方は、ぜひ「ダライ・ラマの仏教
入門」をお読みください。ここでは、ダライ・ラマからのメッセージ「思いやりと
個人」のURLをご紹介しておきます。

 

 

“Compassion and the Individual”(English)

https://www.dalailama.com/messages/compassion-and-human-values/compassion

 

「思いやりと個人」(日本語)

http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/message/compassion_and_individual.html

 

 

 

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

  

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

  

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

  

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

 

   

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

「ダライ・ラマの仏教入門」その3。最高の境地=「ブッダの境地」を、私たちも達成することができるか? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.3――Could we achieve the highest possible attainment, Buddhahood?

  

f:id:englishforhappiness:20190415054046j:plain

人生の大問題に答えながら、仏教の基本的な世界観を表した「ダライ・ラマの仏教
入門」。この本から、仏教を実践している人を、最高の境地「ブッダの境地」へと導く
「利他の心」についてご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。

In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama presents the basic world view of Buddhism
while answering some of life’s most profound and challenging questions. From this book,
I bring to you, both in English and in Japanese, ”altruistic mind” that leads the practicing
Buddhist to the highest possible attainment, Buddhahood.

 

 

 

 

Also, until now, the aim has been to achieve mere liberation from cyclic existence――
a mere extinguishment of suffering――for oneself; with the more altruistic motivation the
aim is the highest possible attainment, Buddhahood.

また、今までの目的は単に輪廻から解脱することでした。これは単に自分の苦しみを
滅することです。しかし、利他の心を持つようになれば、目的は可能なかぎり最高の
境地――「仏陀の境地」――を得ることになります。

 

 

The nature of an altruistic mind is precious, really marvelous. It is indeed amazing that
the human mind can develop such an attitude, for one forgets oneself and considers
every other being to be as dear as oneself. That is truly marvelous. If someone shows us
warm feeling, how happy we feel, and it is the same when we show other people sincere
concern.

「利他の心」(菩提心)の本質は驚くべきものであり、まことに稀有なものであります。
人間の心がこのように素晴らしい相(すがた)を示すことができるとは驚くべきこと
です。自分を忘れ、あらゆる他の人を自分と同じくらい愛しく思うのです。これは
本当に素晴らしいことです。もし誰かが私たちに温かい感情を示してくれたならば、
どんなに私たちは幸せでしょう。同じように、私たちが他の人たちに誠実な態度を
示すなら、他の人たちも幸せに感じるのです。

 

 

I think that with such an attitude, all of cyclic existence would be like nirvana. This is the
real source of happiness, not only in the long run, but even today. If even the slightest
experience of this develops, it will help by bestowing peace and inner strength. It attracts
the best of all experiences and provides the best ground for active participation in
society. It serves not only as a teacher but also as the best friend and protector. It is truly
good.

私は皆がこのような態度を持てば、この輪廻の現実も涅槃(ねはん)と同じようになると
考えています。これが遠い未来ばかりでなく、今日このときにも、幸福の真の源泉と
なるものなのです。ほんの少し、この利他の心を起こしたとしても、それはあなたに
心の平和と内なる力を与えてくれるでしょう。利他の心は、あらゆる体験のなかで最高
のものをあなたに授けてくれます。社会に貢献するために最高の基礎を約束して
くれます。利他の心はあなたにとっての教師であり、友であり、保護者なのです。
まことに素晴らしいものなのです。



The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

  

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

  

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

  

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

 

   

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

「ダライ・ラマの仏教入門」その2。仏教的見地からの、「怒り」への対処法とは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.2――What is the way to take care of “anger” from a Buddhist perspective?

 

f:id:englishforhappiness:20190413065413j:plain

人生の大問題に答えながら、仏教の基本的な世界観を表した「ダライ・ラマの仏教
入門」。この本から、私たちを幸せから遠ざけている原因のひとつである「怒り」への
対処法をご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。

In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama presents the basic world view of Buddhism
while answering some of life’s most profound and challenging questions. From this book,
I bring to you, both in English and in Japanese, the way to take care of “anger” that is
one of the causes which keep us away from happiness.

 

 

 

 

There is a practice in which in order to identify hatred――how the hatred object appears,
how one’s mind reacts, what the nature of hatred is, and so forth――one allows the mind
to generate hatred and then watches it, but this is not a case of displaying hatred
externally and fighting with another person. If there is danger of your going outside with
an angry attitude, it is better to lock your door――with yourself inside――and then
generate anger and examine it!

たとえば、「怒りを表に表わす」という悪い行為について考えてみましょう。仏教には
いかにして憎い対象が心に現れるのか、いかにして心が反応するのか、怒りの本質とは
何か、というような「怒り」というものを見極めるための修行があります。この修行に
おいては心に怒りを生じさせ、それからその怒りを観察します。しかし、この修行は
外側に怒りを発散し、誰かと争うということを意味してはいません。もし怒りに満ちた
態度を外に表わしそうになったならば、あなたは心のドアを閉めて、あなた自身の内部
にとじこもり、そこで怒りを生じさせ、それを研究してみるのがよいでしょう。

 

 

For certain types of mental problems, such as depression and some other mental crises,
it can be helpful to let them out by talking about them; this reduces the uncomfortable
inner feeling.

ある種の心の問題――失望、なんらかの精神的危機――にとっては、それらを口に
出して外に表わすことが良いこともあります。外に出すことは内部に溜まっていた
不快な感情を減少させます。

 

 

For other kinds of mental crisis, such as anger or strong attachment, the more you
express them the more they will occur; with these types, restraint will cause them to
weaken.

しかし、別の種類の精神的危機、たとえば、怒り、あるいは執着などの煩悩は、
あなたがそれを外に表わせば表わすほど、それは昂進していきます。この種の感情は
抑制するほうがより有効な処置となります。

 

 

However, restraint does not just mean that when you develop anger or attachment to
a high degree, you attempt at that moment to control it, for that is very difficult. Rather,
in daily practice you should continuously reflect on the benefits and advantages of
compassion, love, kindness, and so forth and reflect on the disadvantages――the
faults――of anger.

抑制すると言っても、それは怒りや執着が頂点にまで高まったときに、それを
コントロールするということを意味するものではありません。それはとても困難なこと
です。それよりもむしろ毎日の修行のなかで、継続的に慈悲あるは優しさなどの持つ
利益や利点を考察し、他方では、怒りや執着などのマイナスの感情の持つ不利益や欠点
を考察するべきです。

 

 

In addition, in this weblog, I recommend the bestseller, “Thich Nhat Hanh: Anger” that
teaches us the concrete and effective measures to take care of “anger”.

追加として、このブログでは、「怒り」への具体的かつ効果的な対処法を教えてくれるベストセラー「ティク・ナット・ハン: 怒り」をお薦めしておきます。

  

  

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

  

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

  

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

  

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Buddhist Wisdom for Cooling the Flames

 

 

  

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

「ダライ・ラマの仏教入門」その1。ブッダのすべての教えの根本にあるものとは? “The Dalai Lama: The Meaning of Life” No.1――What is the root of all of the Buddhist teaching?

f:id:englishforhappiness:20190411065358j:plain

人生の大問題に答えながら、仏教の基本的な世界観を表した「ダライ・ラマの仏教
入門」。正直言って、入門者にとってはかなり難解で、仏教の基本的な知識を知った後
で読んだほうがいいかもしれません。ただし、仏教の専門用語が豊富に登場するので、
英語を通して仏教を学ぶことに役立つと思います。まずは、仏教の基盤である
「慈悲(思いやり)」について――バイリンガルで、どうぞ。

In “The Meaning of Life”, the Dalai Lama presents the basic world view of Buddhism
while answering some of life’s most profound and challenging questions. Honestly
saying, this book is rather difficult for beginners to understand. So, it might be better to
read it after having the basic knowledge of Buddhism. However, it will help you learn
Buddhism through English, because it contains an abundant technical terms of Buddhist
teachings. First, I bring to you, both in English and in Japanese, the commentary of
“compassion” that is the foundation of Buddhism.

 

 

 

 

Money has its uses, but it is limited. Among worldly powers and possessions, there are,
doubtless, good things, but they are limited. However, from a Buddhist viewpoint, mental
development will go from life to life, because the nature of mind is such that if certain
mental qualities are developed on a sound basis, they always remain and, not only that,
can increase. In fact, once properly developed, good qualities of mind eventually
increase infinitely. Therefore spiritual practice brings both happiness in the long-term and
more inner strength day by day.

お金は有用ですが、有限です。次の人生まで持って行くことはできません。世俗的な
権力や財産のなかにも、確かに良いものがありますが、これも有限です。一方、仏教の
視点から言えば、心の発達は今生から来世へと存続していきます。心の性質は死を
超えて存続するものですから、もしある種の心の性質が堅い基盤の上に発達する
ならば、それはつねに存続し、そればかりか増大させることができます。実際、
いったん正しく心が開発されたならば、心の持っている良い性質はついには無限に増大
していくのです。それゆえ精神の修養は、未来永劫にわたる幸福と、日々増大し
つづける内なる力の両方をもたらしてくれるのです。

 

 

Meditation is needed in developing mental qualities. The mind is definitely something
that can be transformed, and meditation is a mean to transform it. Meditation is the
activity of familiarizing your mind, making it acquainted, with the new meaning. Basically
it means getting used to the object on which you are meditating.

心の性質を開発していく際には瞑想が必要とされます。心は確実に変えることができる
ものです。瞑想は心を転換する手段なのです。瞑想にはあなたの心を新しい意味、
つまり瞑想の対象になれ親しませる機能があります。

 

 

What is the main thrust of Buddhist practices concerning behavior? It is to tame one’s
mental continuum――to become non-violent. In general in Buddhism, the vehicles, or
modes of practice, are divided into Great and Lesser. The Great Vehicle is primarily
concerned with the altruistic compassion of helping others, and the Lesser Vehicle is
primarily concerned with the non-harming of others.

仏教修行の主眼は「心の連続体(心相続)」を穏やかにし、非暴力を実践することに
あります。一般に仏教では大乗、小乗の二つの修行の形態があります。大乗の修行
では、主に利他の慈悲心を提唱し、小乗の修行では他のものを傷つけない慈悲心を
おおむね提唱しています。

 

 

Thus, the root of all of the Buddhist teaching is compassion. The excellent doctrine of the
Buddha has its root in compassion, and the Buddha who teaches these doctrines is even
said to be born from compassion. The chief quality of a Buddha is great compassion, this
attitude of nurturing and helping others being the reason why it is suitable to take refuge
in a Buddha.

このようにあらゆる「仏教の教え」(法=ダルマ)の根本には慈悲があります。仏陀
素晴らしい教えは慈悲に根ざしています。この教えを説いた仏陀(仏)は慈悲から
生まれたとさえ言われます。仏陀の主な性質は大慈悲心です。他のものを救い、育む
この大いなる慈悲を持っているということが、仏陀へ帰依する理由なのです。

 

 

All religions are the same in having powerful system of good advice with respect to the
practice of compassion. The basic behavior of non-violence, motivated by compassion,
is needed not only in our daily lives but also nation to nation, throughout the world.

あらゆる宗教は慈悲の修行を勧めるという点で共通しています。慈悲を動機とする
非暴力という基本的な「行」は、私たちの日常生活ばかりか世界中の国々においても
必要とされているものなのです。

 

 

In this weblog, I don’t introduce, from this book to you, the meticulous commentaries on
“dependent-arising and emptiness” that are the important wisdoms of Buddhist
teachings. Instead, I recommend “Thich Nhat Hanh: The Heart of Understanding” that is
an easy-to-understand commentary book of “The Heart Sutra” which helps you
understand “emptiness” intuitively. If you are interested, please read it.

この本では、仏教の重要な知恵である「縁起と空(くう)」について詳細な解説が
なされていますが、本ブログでは紹介いたしません。その代わり、「般若心経」を
わかりやすく解説してあり、「空」を直感的に理解できる、「ティク・ナット・ハンの
般若心経」をお薦めしておきます。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

The Meaning of Life: From a Buddhist Perspective

 

 

 

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

 

 

 

The Heart of Understanding 20th Anniversary Edition edition

The Heart of Understanding 20th Anniversary Edition edition

 

 

 

ティク・ナット・ハンの般若心経

ティク・ナット・ハンの般若心経

 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

「オプティミストはなぜ成功するか」その6。科学が証明した、悲観主義者から、オプティミスト(楽観主義者)への変身術とは? “Learned Optimism” No.6――What are the skills that have been shown to be successful through science to change from pessimism to optimism?

 

f:id:englishforhappiness:20190409062236p:plain

オプティミストは職場でも学校でもスポーツでも良い成績を上げると言います。また、
健康状態も良く、長生きするという説さえあります。ポジティブ心理学の先駆けで
あり、世界的なベストセラー「オプティミストはなぜ成功するか」より、徹底的な研究
を経た後に、数千人の成人が自分の「説明スタイル」を変えてオブティミストになる
ことに成功した変身術をご紹介します。バイリンガルで、どうぞ。

It is said that the optimist achieves more at work, at school, and on the playing ground.
The optimist has better physical health and may even live longer. From the forerunner of
Positive Psychology and bestseller, “Learned Optimism,” I bring to you, both in English
and in Japanese, the transformation skills that had been thoroughly researched and
thousands of adults used to change their “explanatory style” to become optimists
successfully.

 

 

 

 

Disputation

Ducking our disturbing beliefs can be good first aid, but a deeper, more lasting remedy is
to dispute them: Give them an argument. Go on the attack. By effectively disputing the
beliefs that follow adversity, you can change your customary reaction from dejection and
giving up to activity and good cheer.

反論すること

自分の習慣的な考え方から気をそらしたり、ごまかしたりするのは応急処置としては
役に立つが、もっと根本的な解決法はそれに反論することだ。困難に出会ったときに
反射的に頭に浮かぶ考え方に反論することによって、いつもの落胆とあきらめの反応を
エネルギッシュな行動へと変えることができる。

 

 

Distancing

It is essential to realize your beliefs are just that――beliefs. They may or may not be
facts. We can more or less easily distance ourselves from the unfounded accusations of
others. But we are much worse at distancing ourselves from the accusations that we
launch――daily――at ourselves. After all, if we think them about ourselves, they must
be true.

距離をおくこと

いたばん大事なのは、自分の信念は思い込みであって、事実ではないかもしれないと
気づくことだ。私たちは、他人からのいわれのない非難には、比較的楽に距離をおいて
立ち向かうことができる。しかし、自分が日常自分自身に対してする非難については
そうはいかない。自分がそう思うのだから、そうに違いないと思うせいだろう。

 

 

Wrong!

What we say to ourselves when we face a setback can be just as baseless as the
ravings of a jealous rival. Our reflexive explanations are usually distortions. They are
mere bad habits of thought produced by unpleasant experiences in the past――by
childhood conflicts, by strict parents, by an overly critical Little League coach, by a big
sister’s jealousy. But because they seem to issue from ourselves, we treat them as
gospel.

とんでもない!

私たちは挫折したとき、嫉妬したライバルが言うのと同じくらい根拠のないことを
自分自身に言うことが多い。反射的に自分にする説明は普通、事実をゆがめたものだ。
これらは過去の不快な経験――子ども時代の葛藤、厳格な両親、批判ばかりする
リトルリーグのコーチ、姉の嫉妬――によってできあがった悪い説明習慣にすぎない。
しかし、これらの説明は一見自分の意見のように見えるので、私たちは絶対的な真実だ
と思ってしまうのだ。

 

 

They are merely beliefs, however. And just believing something doesn’t make it so. Just
because a person fears that he is unemployable, unlovable, or inadequate doesn’t mean
it’s true. It is essential to stand back and suspend belief for a moment, to distance
yourself from our pessimistic explanations at least long enough to verify their accuracy.
Checking out the accuracy of our reflexive beliefs is what disputation is all about. The
first step is just knowing your beliefs warrant dispute. The next step is putting disputation
into practice.

しかし、誰も自分を雇ってくれない、愛してくれない、自分には能力がない、と
思い込んでいるからといって、それが真実だということにはならない。一歩後ろに
下がってこの思い込みを一時保留し、自分の考えが正しいかどうか確かめる間
だけでも、悲観的な説明から少し距離をおいてみることが大切だ。これが反論の第一歩
で、次のステップはその反論を実際にやってみることだ。

 

 

Learning to Argue with Yourself

Fortunately, you already have a lifetime of experience in disputation. You use this skill
whenever you argue with other people. Once you get started disputing your own
unfounded accusations about yourself, your old skills will kick in for use in this new
project. There are four important ways to make your disputations convincing.

  • Evidence?
  • Alternatives?
  • Implications?
  • Usefulness?

自分と議論するには

幸いにして誰でもほかの人たちと口論した経験が豊富にあるはずだ。この手なれた方法
を使って、自分自身に対する根拠のない批判に反論していこう。納得のいく反論をする
ためには、四つの重要なボイントがある。

  • 証拠はあるか?
  • 別の考え方はできるか?
  • 思い込みが本当だった場合、それはどんな意味を持つか?
  • その考え方は有効か?

 

 

Evidence

The most convincing way of disputing a negative belief is to show that is factually
incorrect. Much of the time you will have facts on your side, since pessimistic reactions
to adversity are so often overreactions. You adopt the role of detective and ask, ”What is
the evidence for this belief?”

証拠はあるか

否定的な思い込みに反論するのにもっとも効果的な方法は、それが正しくないことを
事実をもって証明することだ。何か問題が起きたときには過剰に悲観的な反応をする
ことが多いが、事実はそれほどひどくないことが多いものだ。探偵になったつもりで
「この思い込みの根拠となっている証拠は何か?」と問うてみる。

 

 

Learned optimism works not through an unjustifiable positivity about the world but
through the power of “non-negative” thinking.

楽観主義を身につけるということは、世の中をむやみに明るく見ることではなく、
否定的でない考え方を学ぶことだ。

 

 

Alternatives

To dispute your own beliefs, scan for all possible contributing causes. Focus on the
changeable, the specific, and the nonpersonal causes. You may have to push hard at
generating alternative beliefs, latching onto possibilities you are not fully convinced are
true. Remember that much of pessimistic thinking consists in just the reverse, latching
onto the most dire possible belief, not because the evidence supports it, but precisely
because it is so dire. Your job is to undo this destructive habit by becoming skilled at
generating alternatives.

別の考え方はできるか

自分の思い込みに反論するには、あらゆる原因を探り、変えることのできる、特定の、
自分の責任ではない理由に焦点をあてることだ。今までの信念に代わる考え方を
見つけ、充分には納得できない原因を信じようとするのはなかなか大変かもしれない。
だが、ほとんどの悲観的な考え方は、最悪の思い込みに固執しているから起きるのだと
いうことを思い出してほしい。この自滅的な習慣を捨て、別の考え方を見つける方法を
身につけることだ。

 

 

Implications

But the way things go in this world, the facts won’t always be on your side. The negative
belief you hold about yourself may be correct. In this situation, the technique to use is
decatastrophizing. Even  if my belief is correct, you say to yourself, "What are its
implications?"

思い込みが本当だった場合の持つ意味

しかし、世の習いとして事実がいつも自分に味方してくれるとはかぎらない。自分に
対して抱いている否定的な考え方が、本当であることもあるかもしれない。こういう
場合は”破滅を取り除く”という手法を用いる。たとえ私の思い込みが本当であると
しても、それがどういう意味があるというのだ、と自分に問うてみることだ。

 

 

Usefulness

Sometimes the consequences of holding a belief matter more than the truth of the belief.
その考え方は有効か

何かをかたくなに信じていることのほうが、それが事実かどうかよりも大きな影響力を
持つことがある。

 

Some people get very upset when the world shows itself not to be fair. We can
sympathize with the sentiment, but the belief that the world should be fair may cause
more grief than it’s worth. What good will it do to me to dwell on that? At times it is very
useful, instead, to get on with your day, without taking the time to examine the accuracy
of your beliefs and then disputing them.

世の中が不公平に思えることが起きると、非常に心を乱される人がいる。その気持ち
には同情できるが、世の中は公正であるべきと思っていると必要以上に悲しい目に遭う
こともある。そんなことをくよくよ考えていて何になる? ときには自分の思い込みが
正しいかどうかを調べて反論するよりも、そのまま一日の仕事を続けたほうが有効な
場合もある。

 

 

For example, a technician doing bomb demolition might find himself thinking, “This could
go off and I might be killed”――with the result that his hands start to shake. In this case I
would recommend distraction over disputation. Whenever you simply have to perform
now, you will find distraction the tool of choice. At this moment the question to ask
yourself is not “Is the belief true?” but “Is it functional for me to think it right now?” If the
answer is no, use the distraction techniques (Stop! Assign a later worry time. Make
a written note of the thought.)

例えば、爆発解体処理の技術者はふと、これが爆発して、自分は死ぬかもしれない、と
思うことがあるだろう。そのために手が震えだす。こういう場合は反論よりも気を
そらす方法がいいと思う。こういうとき自分に問うべきことは、「自分の思い込みは
正しいだろうか?」ではなく「今考えることが自分にとって役に立つだろうか?」
なのだ。もし答えがノーだったら、気をそらす方法を使うのがよい(ストップ! あとで
考える時間を決める。思ったことを書いておく)。

 

 

Another tactic is to detail all the ways you can change the situation in the future. Even if
the belief is true now, is the situation changeable? How can you go about changing it?

もう一つの戦術は、将来状況を変えるための方法を列挙することだ。自分の思い込みが
今は正しいとしても、状況を変えることはできるだろうか? どうしたら変えられる
だろう?

 

 

Review

Emotions and actions do not usually follow adversity directly. Rather they issue directly
from your beliefs about adversity. This means that if you change your mental response to
adversity, you can cope with setbacks much better.

復習

困ったことが起きたとき、普通はそのことが直接感情や行動を引き起こすわけでは
ない。むしろその困ったことに対する自分の思い込みが落胆やあきらめを生むのだ。
つまり困ったことに対する自分の反応を変えれば、挫折にももっと上手に対処できる
ことになる。

 

 

The main tool for changing your interpretations of adversity is disputation. Practice
disputing your automatic interpretations all the time from now on. Anytime you find
yourself down or anxious or angry, ask what you are saying to yourself.

困った状況に対する解釈を変えるには、反論がもっとも有効な手段である。これからは
自分の習慣的な解釈に常に反論する練習をしよう。落ち込んだり、心配したり、腹を
立てているときはいつも、自分は自分に対してどんな説明をしているか問うてみよう。

 

 

Sometimes the beliefs will turn out to be accurate; when this is so, concentrate on the
ways you can alter the situation and prevent adversity from becoming disaster. But
usually your negative beliefs are distortions. Challenge them. Don’t let them run your
emotional life.

ときには思い込みが本当である場合もある。そういうときはどうやったら状況を
変えられるかに力を集中し、困った状況が大きな災難に発展しないように努める
ことだ。しかし、たいていの場合、否定的な思い込みは事実をゆがめたものだ。
思い込みに負けてはならない。

 

 

Unlike dieting, learned optimism is easy to maintain once you start. Once you get into the
habit of disputing negative beliefs, your daily life will run much better, and you will feel
much happier.

ダイエットなどと違って、楽観主義は一度覚えれば、簡単に守ることができる。否定的
考えに反論する習慣を身につければ、日常生活もスムーズに運ぶようになり、もっと
ずっと幸せな気持ちで毎日を過ごせるのだ。

 

 

 

Learned Optimism: How to Change Your Mind and Your Life (English Edition)

Learned Optimism: How to Change Your Mind and Your Life (English Edition)

 

  

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

 

  

Learned Optimism

Learned Optimism

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

「オプティミストはなぜ成功するか」その5。オプティミスト(楽観主義者)への変身術。その使うべき状況とは? “Learned Optimism” No.5――The skills to transform yourself into an optimist: In what situations should you use these?

 

f:id:englishforhappiness:20190407072123j:plain

オプティミストは職場でも学校でもスポーツでも良い成績を上げると言います。また、
健康状態も良く、長生きするという説さえある。ペシミストにとっては困った事態
ですが、心配しなくていい。ペシミストオプティミストになる方法を学ぶことに
よって、もっと良い人生を送ることができる。とくに、次の質問のうちどれか一つが
エスの人は、オプティミストへの変身術が役に立つはずだと言います。

  • 自分はすぐがっくりするだろうか?
  • 自分は必要以上に落ち込んでしまうだろうか?
  • 自分はこんなに失敗しなくてもいいと思っているか?

――解説をバイリンガルでお届けします。

It is said that the optimist achieves more at work, at school, and on the playing ground.
The optimist has better physical health and may even live longer. For pessimists, that is
the bad news The good news is that pessimists can learn the skills of optimism and
permanently improve the quality of their lives. Especially, if the answer to any of the
questions as follow is yes, the skills to transform yourself into an optimist would be
helpful.

  • Do I get depressed easily?
  • Do I get depressed more than I want to?
  • Do I fail more than I think I should?

――more to comer both in English and in Japanese.

 

 

 

 

Giving up pessimism and becoming more optimistic may seem undesirable to some of
you. Your image of an optimist may be the crashing bore, the self-aggrandizing braggart,
the chronic blamer of others, never taking responsibility for his own mistakes.
悲観主義を捨ててオプティミストになんかなりたくないと思う人もいるかもしれない。
オプティミストというのはひどく自信過剰で、悪いことはなんでもほかの人のせいに
し、責任をとろうとしないヤツだというイメージを持っているのかもしれない。

 

 

But neither optimism nor pessimism has a corner on bad manners. As you will see from
this chapter, becoming an optimist consists not of learning to be more selfish and
self-assertive, and to present yourself to others in overbearing ways, but simply of
learning a set of skills about how to talk to yourself when you suffer a personal defeat.
You will learn to speak to yourself about your setbacks from a more encouraging
viewpoint.

しかし、この章を読めばわかるように、オプティミストになるのはわがままに
なることでもうぬぼれ屋になることでもない。挫折を味わったときに、もっと元気が
出るようなものの考え方で自分自身に語りかけるにはどうしたらいいか、という方法を
身につけることなのだ。

 

 

There is one other reason why learning the skills of optimism may seem undesirable to
you. In chapter six we looked at a balance sheet that weighed optimism against
pessimism. While optimism had the virtues recapped in the opening of this chapter,
pessimism had one virtue: supporting a keener sense of reality. Does learning the skills
of optimism mean sacrificing realism?

オプティミストになることをためらう理由はもう一つあるかもしれない。第6章で
述べたように、悲観主義には一つ長所がある。現実をより正確に把握するのに役立つ
ことだ。ではオプティミストになると現実がよく見えなくなってしまうのだろうか?

 

 

This is a deep question which puts the goal of these “changing” chapters into sharper
focus. They don’t purvey an absolute, unconditional optimism for you to apply blindly in
all situations; they offer a flexible optimism. They aim to increase your control over the
way you think about adversity.

第12章以降の”変身術”の目標は、どんな状況でもやみくもに楽観主義を適用しようと
いうものではない。柔軟なオプティミストへの変身をはかろうというものだ。困った
ことに出会ったとき、それをどう考える自分でコントロールする力をつけるのが目的
なのだ。

 

 

In what situations should you deploy the explanatory style-changing skills these chapters
provide? First, ask yourself what you are trying to accomplish.

  • If you are in an achievement situation (getting a promotion, selling a product,
    writing a difficult report, winning a game), use optimism.
  • If you are concerned about how you will feel (fighting off depression, keeping up
    your morale), use optimism.
  • If the situation is apt to be protracted and your physical health is an issue, use
    optimism.
  • If you want to lead, if you want to inspire others, if you want people to vote for you,
    use optimism.

On the other hand, there are times not to use these techniques.

次に、変身術はどのような状況に使ったらいいか判断するには、まず自分が何を
成し遂げようとしているのかを考える。

  • 何かを達成しようとしているとき(昇進、製品販売、難しい報告書の作成、試合)。
  • 自分の気持ちを高めよう、落ち込まないようにとようとしているとき。
  • 困難な状況が長引きそうで、自分の健康状態が問題になっている場合。
  • 指導的役割を演じたいとき、ほかの人々を啓発したいとき、自分に投票して
    もらいたいとき。

以上の場合は楽観主義が有効だ。しかし、楽観主義を使わないほうがいい場合もある。

 

 

  • If your goal is to plan for a risky and uncertain future, do not use optimism.
  • If your goal is to counsel others whose future is dim, do not use optimism initially.
  • If you want to appear sympathetic to the troubles of others, do not begin with
    optimism, although using it later, once confidence and empathy are established,
    may help.
  • リスクの大きいことを計画する場合、将来の見通しが不確かなときは楽観主義は
    避ける。
  • 将来の見込みがはっきりしない人にカウンセリングするとき、最初は楽観主義を
    用いないほうがいい。
  • ほかの人たちの困りごとに同情的であることを示したい場合は、最初は楽観主義
    を用いず、信頼関係ができあがってから、楽観主義を使ったほうがいいかも
    しれない。

 

 

 

 

Learned Optimism: How to Change Your Mind and Your Life (English Edition)

Learned Optimism: How to Change Your Mind and Your Life (English Edition)

 

  

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

 

  

Learned Optimism

Learned Optimism

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約