しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その5。 あなたの中にある、理解と思いやりと平和をもてる素質「仏性(Buddha Nature)」とは? “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.5――What is “your Buddha nature” that is your capacity for having understanding, compassion, and peace?

 

f:id:englishforhappiness:20190224074733j:plain

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、人は誰でも自分の中にある「仏性(Buddha Nature)」を知ることで、人生の
苦しみを和らげることができる ――解説をバイリンガルでお届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, every human being will
suffer less by recognizing his or her Buddha nature――more to come both in English
and in Japanese.

 

 

 

 

Sometimes a negative emotion arises in you and takes over. Something upsetting
occupies your mind and you cannot let it go. Your feelings are like television channels; if
you do not like the channel that is on, you can switch to another one.

心の中に暗い感情がわいてきて、それに打ち負かされてしまうときがあります。動揺に
心の中を占領されて、どうにも消せないときがあります。人の感情はテレビの
チャンネルのようなものです。いま映っているチャンネルが気に入らなければ、人は
それを別のチャンネルに変えられます。

 

 

Sometimes, however, when you try to replace a strong negative emotion with more
positive thoughts or feelings, the first emotion keeps coming back. This can cause
a struggle inside you. In such a situation, another way of dealing with your suffering is to
recognize your capacity for being calm, for having understanding, compassion, and
peace.

ときには暗い感情を明るい考えや前向きな気持ちに取り替えても、もとの感情が
強すぎて戻ってきてしまうことがあります。こうなると心の中で葛藤が起きます。
そんなときには、別の方法で苦しみに対処します。自分の中に穏やかになれる素質、
理解と哀れみと平和をもてる素質があることを認識するのです。

 

 

This is your true nature, your Buddha nature, the awakened nature in you. When you
bring to mind these qualities of great compassion and understanding, you acknowledge
their presence within you and you will immediately suffer less.

これはあなたの確かな本質であり、あなたの中にある目覚めた性質、すなわちあなたの
仏性です。この偉大な哀れみと理解の能力を思い出せば、それが自分の中に存在する
ことに気づいて、すぐに苦しみが和らぐでしょう。

 

 

Buddha nature is not an abstract notion. It is a reality you can touch and experience.
Buddha nature exists in every cell of our body. The cells of our body are not made up of
only physical matter. Our body is matter and it is also a manifestation of consciousness.
The one contains the all, and each cell contains everything else. The infinitely small
contains the infinitely large. Every cell of our body contains all the talent, wisdom,
goodness, and happiness of the Buddha, and also of all our spiritual and blood
ancestors.

仏性は抽象的な概念ではありません。触れて、経験することのできる現実です。仏性は
私たちの体のあらゆる細胞に存在しています。私たちの体の細胞は物理的な物質だけで
できているのではありません。私たちの体は物質ですが、同時に意識の現れでも
あります。そこにはすべてが含まれていて、一つ一つの細胞にも他のすべてが含まれて
います。無限に小さいものが、無限に大きいものを含んでいるのです。私たちの体の
各細胞には、仏陀をはじめ私たちのあらゆる精神上の祖先と血縁上の祖先がもって
いた、才能と、知恵と、善良さと、幸せのすべてが入りこんでいます。

 

 

Of course, every cell also contains within it the seeds of hell, of violence: jealousy, anger,
and other negative emotions. But we can practice so that hell does not overpower the
energies of mindfulness, understanding, and loving-kindness in us. When you are
suffering, you forget your Buddha nature, your goodness, and believe that within you is
only suffering, only fear, turmoil, and hatred. Please, remember to trust in your Buddha
nature.

もちろん各細胞にはそれらとともに、地獄の種、暴力の種も含まれています。しかし
私たちは訓練によって、自分の中にある気づきの力、理解の力、優しさの力を、
そうした地獄に打ち負かされないように守ることができます。人は苦しんでいるとき、
自分の仏性を忘れ、自分の善良な部分を忘れて、自分の中には苦しみしかない、恐怖や
混乱や憎悪しかないと思いこんでしまいます。どうか自分の仏性を信じることを
忘れないでください。

 

 

When you are in pain, remember to bring your mind back to your Buddha nature, your
goodness and capacity for mindfulness, calm, and seeing deeply into the situation. If you
allow yourself to be dominated by negative emotions, you will react in ways that will
cause more suffering. You will want to punish the other person and say unkind things.
We have all done this many, many times. To break out of this habit of suffering, this trap,
we have to remember to practice mindfulness, to touch our Buddha nature.

苦しいときは、自分の仏性、自分の善良な部分に意識を向けなおすことを忘れないで
ください。それはあなたの中にある、気づきの能力、穏やかになれる能力、状況を
見きわめられる能力です。自分の心を暗い感情に支配させてしまったら、さらに苦しみ
を増やすような反応をするだけです。誰かを罰したくなり、意地の悪い言葉を発して
しまうでしょう。私たちはそうしたことを、何度も何度もやっています。この苦しみの
習慣の罠から抜け出すには、忘れずに気づきを実践して、自分の仏性に触れなくては
なりません。

 

   

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

  

 

 

 

 

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その4。 どんな相手も心を許す、「思いやり(compassion)のあるコミュニケーション」とは? “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.4――What is “communication with compassion”  that makes anyone relax his or her guard?

 

f:id:englishforhappiness:20190222063523j:plain

 

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、思いやりをもって話し、思いやりをもって聞くという行為が、非暴力的な
コミュニケーションの実践には不可欠だと言います。しかし、愛情をこめて穏やかに
語りかけようと思っていても、話しはじめたとたん、心の中の苦悩や絶望や恐怖が
出てきてしまうこともある。本当は誠意を尽くそうと思っているのに、いつのまにか
相手を非難したり、不満をぶちまけたり、乱暴に批判したりして、コミュニケーション
が閉ざされてしまう。そんなとき、どうすればよいか? ――解説をバイリンガル
お届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, speaking and listening
with compassion is the essential practice of nonviolent communication. However, even
when we intend to use calm and loving speech, and we start speaking, our pain, despair,
and fear often emerge. In spite of our best intentions, we start to blame, complain, and
judge harshly. Communication breaks down. What should we do at such times?
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

How then do we reach the point where we are able to listen deeply to one another and to
use loving speech? To do this, we first have to practice taking care of our own pain and
anger. By practicing mindful breathing and mindful walking, we strengthen the energy of
mindfulness within us. We may need to practice and train ourselves for several weeks, or
even several months, before we can overcome our pain and use loving speech.

では、どうしたらお互いの話をじっくりと聞き、愛情のこもった語りかけができるよう
になるのでしょう。そのためには何よりも先に、自分の痛みや怒りにきちんと対処する
必要があります。意識的な呼吸と意識的な歩行を実践して、自分の中の気づきの力を
強めましょう。場合によっては何週間も何か月も実践して、自分を鍛える必要がある
かもしれません。しかしそのうちに、自分の痛みを克服して、愛情のこもった語りかけ
ができるようになります。

 

 

When our mindfulness is strong, it is much easier to look deeply into a situation and give
rise to understanding and compassion. With the energy of mindfulness, we can
overcome our pain and use loving speech.

気づきの力を強くもっていれば、状況を見きわめるのもずっと容易になり、理解と
哀れみが生じてきます。気づきの力があれば、痛みを克服して愛情のこもった語りかけ
ができるようになります。

 

 

The same is true about our ability to listen deeply. If we have not been able to embrace
and transform our own hurt and anger, it will be difficult to listen to another person’s
suffering, especially if the other person’s speech is full of negative judgments,
misperceptions, and blaming.

相手の話を聞く能力についても同じです。自分の苦しみや怒りを認めた上で、それを
変えておかなければ、なかなか他人の苦しみに耳を傾けることはできません。とくに
相手の話が快くなく、否定や誤解やいわれのない非難に満ちていた場合はなおさら
です。

 

 

In our heart, we know that listening is what we should do, and no doubt we have often
tried our best. Yet frequently, after a few minutes, we no longer can bear to listen to even
one more word. We feel overwhelmed.

もちろん心の中では、耳を傾けなければいけないとわかっています。そのために最善を
尽くすつもりでもいるでしょう。しかし往々にして、数分もすると話を聞いているのが
いやになり、もう一言も聞きたくない、もうたくさんだという気持ちになって
しまいます。

 

 

Even though we have vowed that, regardless of the provocations or unjust assertions,
we would stay and listen with compassion, we just cannot do it. Our good intentions
evaporate because we are unable to handle the pain welling up within ourselves.

哀れみの心をもって、挑発されても不当な主張をされてもじっと我慢して話を聞こうと
誓っていたにもかかわらず、どうしてもそれができなくなる。このようにせっかくの
善意が消えてしまうのは、こみあげてくる内面の苦しみにきちんと対処できていない
からです。

 

 

Yet if we can prevail and listen for only one hour, the other person will obtain a great deal
of relief. Listening with an open heart, we are able to keep compassion alive. Then we
give the other person a real chance to express his or her feelings.

しかし、それを克服して相手の話を1時間でも聞いていられれば、相手は大いに安堵
します。心を開いて相手の話に耳を傾ければ、哀れみを失わずにいられます。そのとき
初めて、相手も心を許して正直な気持ちを明かす機会を得られます。

 

 

When we see someone, especially a child, say or do something that is not our liking, we
easily become irritated. If our understanding and compassion are not strong enough to
protect us, we will allow that person’s behavior to provoke the seed of irritation within us.
他人の好ましくない言動を目にすると、私たちはすぐに不快になります。とくに自分の
子供に対しては、いっそう敏感になるでしょう。そのときに理解と哀れみが充分で
ないと、私たちはつい相手の言動に刺激され、自分の中のいらだちの種を発芽させて
しまいます。

 

 

Consequently, what we say or do may be violent physically or emotionally. When you are
irritated with someone else or with your child, you are not in a position to help or to teach
him. At such a time, you have to refrain from saying or doing anything. Instead, please
practice mindful walking, smiling, and mindful breathing and your peace and calm will be
restored.

その結果、身体的な暴力や精神的な暴力を振るいかねません。誰かに腹を立てている
とき、人はその誰かを教え諭せる状態にありません。そういうときは、どんな言動も
慎むべきです。その代わりに意識的な歩行と、微笑みと、意識的な呼吸を実践して
ください。そうすれば心に平穏が戻ってくるでしょう。

 

 

When your calm has been restored, you will find the best way to approach the other
person or your child and help her avoid doing or saying harmful things in the future.
When you are lucid enough, you will not blame or punish but will handle the situation
with understanding and love. This is taking care of the seeds of anger and violence
within you.

平穏が戻ってくれば、相手にどう接するのがいちばんいいかわかります。そして以後、
その人が有害な言動を慎めるようになるために力を貸すことができます。意識が充分に
明晰であれば、相手を責めたり罰したりすることはありません。理解と愛情をもって
対処できます。これが自分の中の怒りや暴力の種を制御するということです。

 

 

We all have the right to suffer, but none of us has the right not to practice. Our
responsibility as humans is to transform our suffering in order to transform the suffering
of those around us.

私たちはみな苦しむ権利はもっていますが、努力をしない権利は誰にもありません。
私たちは人として、自分の苦しみを変える責任があります。それが周囲の人々の苦しみ
を変えることにつながるからです。

 

 

 

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

  

 

 

 

 

 

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その3。心に、世界に、平和をもたらす、「マインドフルな呼吸」と「マインドフルな歩行」のやり方。 “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.3――How to practice “mindful breathing” and “mindful walking” that bring peace to your mind and to the world.

 

f:id:englishforhappiness:20190220065054j:plain

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、マインドフルネスは幸せの基盤であり、個人の幸福は世界の平和を実現する
ための基盤だと言います。マインドフルネスの力を養うための「マインドフルな呼吸」
と「マインドフルな歩行」のやり方を、バイリンガルでお届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, mindfulness is the
foundation of happiness, and individual happiness is the foundation for creating peace in
the world. I bring to you, both in English and in Japanese, how to practice “mindful
breathing” and “mindful walking” that help us cultivate the energy of mindfulness.

 

 

 

 

Mindful Breathing

To practice mindful breathing, just observe the natural rhythm of your breath. Please do
so without forcing it to be longer, deeper, or slower. With attention and a little time, your
breath will deepen naturally on its own. Occasionally, your mind will wander off. Our
practice is simply to take note of this distraction and to bring our attention gently back to
our breath. If you like, you may use the sentences listed here to help you in focusing
your attention. During the duration of several in and out breaths, follow your breath from
beginning to end. Use the key-words at the end of each pair of sentences to help you
maintain your awareness:

意識的な呼吸

意識的な呼吸を実践するために、まずは自分の呼吸の自然なリズムをつかみましょう。
無理に呼吸を長くしたり深めたりせず、ふつうに息をしてみてください。自分の息に
注意を払うと、やがて自然と呼吸が深くなります。ときどき意識が離れそうになったら
それを見落とさず、そっと意識を呼吸に戻してください。下記の手順に従って、注意が
それないようにしてもいいでしょう。何度か呼吸を繰り返すあいだ、最初から最後まで
自分の息に注意を払います。各項の最後のキーワードを使って注意を持続
させましょう。

 

 1.Breathing in, I am aware only of my in breath. Breathing out, I am aware only of
    my out breath・・・・In, Out
2. Breathing in, I am aware that my in breath grows deep. Breathing out, I am aware that 
    my out breath grows deep・・・・Deep, Deep
3.Breathing in, I am aware that my in breath goes slowly. Breathing out, I am aware that 
   my out breath goes slowly・・・・Slow, Slow

 

1..息を吸って、吸った息だけを意識する。息を吐いて、吐いた息だけを意識する。

   ・・・・吸って、吐いて。

2.息を吸って、吸う息が深くなるのを意識する。息を吐いて、吐く息が深くなるのを

    意識する・・・・深く、深く。

3.息を吸って、吸う息がゆっくりになるのを意識する。息を吐いて、吐く息が
    ゆっくり  になるのを意識する・・・・ゆっくり、ゆっくり。

 

 

You can practice mindful breathing in any situation: while sitting, lying down, standing,
driving, or working. Breathing consciously will bring more awareness and concentration
to whatever you are doing.

意識的な呼吸はいつでもどこでも実践できます。座ったままでも、横たわったまま
でも、立ったままでも、あるいは自動車を運転しながらでも、仕事しながらでも実践
できます。意識的な呼吸によって、どんなときにも自分のしていることに意識的に
なり、より集中できるようになります。

 

 

Mindful Walking

Mindful walking is the simple act of being aware that you are walking. Instead of being
carried away by your thinking, worries, or anxieties about the future or regrets about the
past, dwell fully in the present moment, fully aware of each step you make. With each
step, arrive in the present moment. You have already truly arrived, why are you still
running?

意識的な歩行

意識的な歩行とは、自分が歩いていることを認識するだけの単純な行為です。考え事や
心配事、未来への不安や過去の後悔に意識をそらされることなく、現在のこの瞬間に
存在して、自分が踏み出す一歩一歩を完全に認識することです。一歩踏み出すごとに、
あなたは現在の瞬間に到達します。それだけで現在に到達するのですから、なぜ走る
必要があるのでしょう。

 

 

Whether you are walking down a street, into a building, or just from one side of a room to
the other, be aware of the contact between your feet and the ground. Notice how many
steps you make comfortably during an in breath and during an out breath. As you
breathe in, say to yourself, “In,” with each step you take. As you breathe out, say to
yourself, “Out,” with each step you take. You can practice walking meditation anytime
during the day.

道路を歩いているときも、建物の中に入るときも、部屋の端から端へと移動するだけの
ときも、つねに自分の足と地面との接触を認識してください。息を吸っているあいだ、
息を吐いているあいだに、自分が何歩進んでいるかを意識してください。息を吸うとき
は、心の中で「吸って」とつぶやきながら歩を進めます。息を吐くときも、「吐いて」
とつぶやきながら歩を進めます。こうした歩きながらの瞑想は、一日中いつでも実践
できます。

 

 

Mindful breathing and mindful walking are concrete ways to bring the practice of peace
into your life. Using them helps you to defuse harmful emotions, calm and concentrate
your mind, and bring yourself back to the present moment, where life is truly available.
By practicing mindful breathing and walking, we lay the foundation for mindful
communication.

意識的な呼吸と意識的な歩行は、平和の実践を生活に取り入れるための具体的な方法
です。これを用いることにより、有害な感情を和らげ、意識を鎮めて集中させ、自分を
現在の瞬間に戻すことができます。その現在の瞬間にこそ真の人生はあるのです。
意識的な呼吸と歩行の実践は、意識的なコミュニケーションの基盤ともなります。

 

  

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

  

 

 

 

 

 

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その2。世界の平和のために、あなたの「心の中の戦争」を止める方法。 “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.2――How to stop “the war in your mind” for peace of the world.

 

f:id:englishforhappiness:20190218065855j:plain

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、自分自身の頭や心の中にある暴力の根に気づきの光をあてることにより、
私たちは自分の意識において始まりかけた戦争を止めることができる。自分の心や
頭の中で戦争を止められるなら、外での戦争を止める方法もきっとわかるはず――
解説をバイリンガルでお届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, shining the light of
awareness on the roots of violence within our own hearts and thoughts, we can stop the
war where it begins, in our minds. Stopping the war in our minds and in our hearts, we
will surely know how to stop the war outside――more to come both in English and in
Japanese.

 

 

 

 

The daily wars that occur within our thoughts and within our families have everything to
do with the wars fought between peoples and nations throughout the world. The
conviction that we know the truth and that those who do not share our beliefs are wrong
has caused a lot of harm.

私たちの頭の中や家族の中で起こっている戦争は、世界各地の民族や国家のあいだで
起こっている戦争と決して無縁ではありません。自分は真実を知っているという
思いこみ、自分と同じ信念をもたない人は間違っているという思いこみが、これまでに
多くの災いを招いてきました。

 

 

When we believe something to be the absolute truth, we have become caught in our
views. If we believe, for instance, that Buddhism is the only way to happiness, we may
be practicing a kind of violence by discriminating against and excluding those who follow
other spiritual paths.

これが絶対の真実だと信じこんでいる人は、自分自身の見方にすっかりとらわれて
います。たとえば仏教だけが幸せにつながる道だと信じている人は、他の信仰を
もっている人を差別したり排除したりしているかもしれません。それは一種の暴力
です。

 

 

When we are caught in our views, we are not seeing and understanding in accord with
reality. Being caught in our views can be very dangerous and block the opportunity for us
to gain a deeper wisdom.

自分の見方にとらわれていると、現実に即したものの見方や理解の仕方ができなくなり
ます。自分の見方にとらわれるのは非常に危険なことであり、より深い知恵を獲得する
機会を失うことになります。

 

 

When we hold back our feelings and ignore our pain, we are committing violence against
ourselves. The practice of nonviolence is to be here, to be present, and to recognize our
own pain or despair. We do not make war on our feelings or reject them, but just
recognize, embrace, and transform them.

自分の感情を無理に抑えて、自分の痛みをないがしろにしているならば、それは自分に
暴力を振るっているのと同じです。非暴力の実践とは、自分の痛みや絶望をありのまま
に認識することです。自分の感情と反目したり、自分の感情を切り捨てたりせず、
それを認め、いったん引き受けた上で、変えるようにするべきです。

 

 

When anger or fear is present in us, we bring awareness to it. We smile to it and call it by
its true name. Hello, my fear, I know you are there. We can follow our mindful breathing
to help calm our feeling. Breathing in, I am aware fear is present in me. Breathing out,
I calm my feeling of fear.

自分の中に怒りや恐怖があったら、まずはそれを認めましょう。その感情に微笑み
かけて、正しい名前で呼んでやりましょう。こんにちは、私の恐怖、私はあなたが
そこにいるのを知っていますよ、と。それから意識的に呼吸をして、その感情を鎮めて
やります。私は深く息を吸うことで、自分の中に恐怖があることに気づきます。
それから深く息を吐いて、私の中の恐怖心を鎮めるのです。

 

 

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

  

 

 

 

 

 

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その1。あなたの「マインドフルネス」が、心に、世界に、平和をもたらす? “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.1――Will practicing “mindfulness” bring peace to your mind and to the world?

f:id:englishforhappiness:20190216073411j:plain

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、平和とは「マインドフルネス(気づき)」を実践すること、すなわち自分の
考えと、行動と、その行動の結果をきちんと意識することだと言います。気づきは
単純なようでいて、とても意味が深いもの。私たちが毎日の生活において意識的に
「compassion(慈悲、思いやり、哀れみ)」を育んでいれば、一日ごとに暴力は
減っていき、その効果は、自分の家族、友人、そして社会に及んでいく――解説を
バイリンガルでお届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, peace is the practice of
mindfulness, the practice of being aware of our thoughts, our actions, and the
consequences of our actions. Mindfulness is at once simple and profound. When we are
mindful and cultivate compassion in our daily lives, we diminish violence each day. We
have a positive effect on our family, friends, and society――more to come both in
English and in Japanese.

 

 

 

 

All of us can practice nonviolence. We begin by recognizing that, in the depth of our
consciousness, we have both the seeds of compassion and the seeds of violence. We
become aware that our mind is like a garden that contains all kinds of seeds: seeds of
understanding, seeds of forgiveness, seeds of mindfulness, and also seeds of ignorance,
fear, and hatred. We realize that, at any given moment, we can behave with either
violence or compassion, depending on the strength of these seeds within us.

私たちはみな非暴力を実践できます。それにはまず、自分の中に哀れみの種と暴力の
種の両方があることをしっかりと認識しなければなりません。私たちの心は、あらゆる
種類の種が埋まった庭のようなものだと知ることです。理解の種、許しの種、気づきの
種とともに、無知の種、恐怖の種、憎悪の種もあります。それらの種のどれが強いかに
よって、あるときには暴力も振るえるし、あるときには哀れみも示せるのだと認識して
おかなくてはなりません。

 

 

When the seeds of anger, violence, and fear are watered in us several times a day, they
will grow stronger. Then we are unable to be happy, unable to accept ourselves, we
suffer and we make those around us suffer. Yet when we know how to cultivate the
seeds of love, compassion, and understanding in us every day, those seeds will become
stronger, and the seeds of violence and hatred will become weaker and weaker. We
know that if we water the seeds of anger, violence, and fear in us, we will lose our peace
and our stability. We will suffer and we will make those around us suffer. But if we
cultivate the seeds of compassion, we nourish peace within us and around us. With this
understanding, we are already on the path of creating peace.

怒りや暴力の種に心の中で毎日水をやっていれば、それらはますます強く育って
いきます。そうなると、私たちは幸せになれないし、自分を受け入れることも
できません。自分を苦しめ、周囲の人々を苦しませるだけです。一方、愛や哀れみや
理解の種を心の中で日々育んでいく方法を知っていれば、それらの種が一日ごとに強く
なり、暴力や憎悪の種が一日ごとに弱まっていきます。自分の中にある怒りや暴力や
恐怖の種に水をやれば、心の平和や安定は失われます。自分も苦しみ、周囲の人々も
苦しみます。しかし哀れみの種を育てていけば、自分の心にも周囲の人々の心にも平和
が広がります。これを理解しているだけで、すでに平和の創造を始めていることに
なります。

 

 

Some people think there is a difference between mindfulness and meditation, but this is
not correct. The practice of mindfulness is simply to bring awareness into each moment
of our lives. Mindful living is an art. You do not have to be a monk or liver in a monastery
to practice mindfulness. You can practice it anytime, while driving your car or doing
housework.

気づきと瞑想は違うと考える人がいますが、それは正しくありません。気づきの実践
とは、毎日の一瞬一瞬を意識しながら生きることであり、それは一つのれっきとした
手法です。気づきを実践するのに、僧侶になったり僧院に入ったりする必要は
ありません。自動車を運転しながらでも家事をしながらでも、いつでも実践できること
です。

 

 

Driving in mindfulness will make the time in your car joyful, and it will also help you avoid
accidents. You can use the red traffic light as a signal of mindfulness, reminding you to
stop and enjoy your breathing. Similarly, when you do the dishes after dinner, you can
practice mindful breathing so the time of dish washing is pleasant and meaningful.

気づきを実践しながら運転すれば、車の中での時間が喜びに満ちたものになると
同時に、事故を避ける助けにもなります。たとえば赤信号も、気づきを促す一つの合図
にできます。そこで止まって、自分の呼吸を楽しむことを思い出すのです。同じよう
に、食後に皿を洗っているときも意識的な呼吸を実践すれば、皿洗いの時間が楽しい
有意義なものになります。

 

 

Do not feel you have to rush. If you hurry, you waste the time of dish washing. The time
you spend washing dishes and doing all your other everyday tasks is precious. It is
a time for being alive. When you practice mindful living, peace will bloom during your
daily activities.

ここで急いではいけません。急げば、せっかくの皿洗いの時間を無駄遣いすることに
なります。あなたが皿を洗ったり、その他さまざまな日常の雑事をこなしている時間
は、とても貴重なものです。その時間をしっかりと生きるべきです。気づきながら
生きることを実践すれば、毎日の生活に平和が芽生えます。

 

 

For instance, when you read a magazine you may encounter ideas and images that
water the seeds of hatred and fear in you. Or while you are conversing with someone,
the discussion may make you upset and you may feel anger rise up in you.

たとえば雑誌を読んでいて、自分の中の憎しみの種や恐怖の種に水をやるような考え方
や画像に出くわしたとしましょう。あるいは誰かと話しているうちに、心が落ち
着かなくなって、自分の中に怒りがわいてくるのを感じたとしましょう。

 

 

During these moments, your practice is to become aware that the inner seeds of anger,
fear, and hatred are being watered and that these emotions can lead to violence in your
thinking, in your speech, and in your actions. Please put away any reading material that
does not nurture love and understanding. Please avoid taking part in conversations that
water negative seeds in you. Let your beloved ones know how they can support you in
preventing irritation and anger from growing in you.

そんなときにあなたが実践するべきことは、自分の中の怒りや憎しみの種に水が
与えられ、それらの感情が自分に暴力的な考えや発言や行動をさせようとしているのを
認識することです。愛と理解を育まないようなものは読まないでください。自分の中の
悪い種に水をやるような会話には加わらないでください。そして自分の中にいらだちや
怒りを育てないために、あなたの愛する人がどれだけ支えとなれるかを、その本人に
知らせてください。

 

 

The spiritual teachings of all traditions help us cultivate the seeds of compassion,
nonviolence, inclusiveness, and reconciliation. They show us the way out of fear and
conflict. Hatred cannot be stopped by hatred. Violence should not be responded to with
violence.

どのような宗教も、心の中に哀れみや非暴力や無差別や和解の種を育むことを教えて
います。これらの教えには恐怖や対立からの出口が示されています。憎しみを憎しみで
止めることはできません。暴力に暴力で応じるべきではありません。

 

 

The only way out of violence and conflict is for us to embrace the practice of peace, to
think and act with compassion, love, and understanding. Yet many of us have lost faith in
these teachings and think that they are unrealistic and outdated. Instead, we invest
ourselves in the pursuit of fame and wealth, thinking that these will make us happy.

暴力と対立から抜け出す唯一の方法は、私たちが進んで平和を実践し、哀れみと愛と
理解をもって考え、行動することです。私たちの中には、こうした教えを信じなく
なっている人もたくさんいます。そんなものは非現実的で、時代遅れだと考えて
います。名声や富こそが自分を幸せにするのだと考えて、ひたすらそればかりを
追求しています。

 

 

When we are honest with ourselves and look deeply into our hearts, however, we will
see that even if we had unlimited wealth and power, we could still live in fear. The only
way out of violence and conflict is for us to embrace the practice of peace, to think and
act with compassion, love, and understanding.

しかし自分に正直になって心の奥底を見つめてみれば、きっと気づくはずです。たとえ
無尽蔵の富や権力があったとしても、自分はやはり恐怖を感じながら生きていると。
暴力と対立から抜け出す唯一の方法は、進んで平和を実践し、哀れみと愛と理解を
もって考え、行動することなのです。

 

 

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

  

 

 

 

 

 

「幸せがずっと続く12の行動習慣」その15。科学によって証明された、「宗教を実践すること」が「あなたの幸福度を高める行動」になる理由とは? “The How of Happiness” No.15――What are the reasons for why “practicing religion ” becomes “happiness activity” that has been shown to be successful through science.

 

f:id:englishforhappiness:20190214064209j:plain

スピリチュアル(精神的)なものや宗教に関わることを躊躇する日本人は多いでしょう。
事実、神や仏について研究室で調べることも、神聖なものを数値化することもできない
と言います。けれども、信仰心を持ち、宗教的なものが生活の一部となり、神聖なもの
を探し求めるということの結果については研究ができないわけではない。実際、
トラウマとなる出来事を経験したあと、信仰心のある人のほうが信仰心をもたない人
よりも回復状態がよく、健康で幸福を感じることが、進歩しつつある心理学によって
裏づけられている――解説をバイリンガルでお届けします。

Many people in Japan might be hesitant to get involved with spirituality and religion. In
fact, it is said that God and Buddha cannot be investigated in the laboratory, and the
sacred cannot be quantified. However, it doesn’t mean that the consequences of having
religious beliefs, practicing in religious life, or searching for the sacred cannot be studied.
Indeed, a growing body of psychological science is suggesting that religious people are
happier, healthier, and recover better after trauma than nonreligious people――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

Other studies have shown that relative to nonreligious folks, those active in their religions
lives longer with a variety of diseases and are healthier in general. For example, if you are having serious cardiac surgery and receive strength and comfort from your religious
faith, you’ll be almost three times more likely to be alive six months later. The trouble is
that we don’t really know why.

ほかの研究からも、信仰をもたない人と比べて、宗教活動を行なう人のほうがさまざま
な疾患をもちながらも長生きし、一般的に健康であることがわかりました。たとえば、
心臓病の大がかりな手術を受けた人が信仰から力や慰めを得ると、半年後の生存率が
ほぼ3倍になったそうです。ただし、その研究にも理由が明確にはわからない、という
問題がありますが。

 

 

But what about the fact that they’re happier, more satisfied with their lives, and cope
better with crises? For instance, 47 percent of people who report attending religious
services several times a week describe themselves as “very happy,” versus 28 percent
of those who attend less than once a month.

では、彼らが信仰心をもたない人よりも幸福で、人生に満足し、危機への対処が上手な
理由についてはどうでしょうか? たとえば、週に数回、礼拝に出席すると報告している
人の47%は自分が「とても幸せ」だと答えているのに対し、月に1回以下しか礼拝に
でない人の場合は28%という結果がでています。

 

 

The social support and sense of identity provided by belonging to a close-knit religious
organization (church, temple, or mosque) could be the operative mechanisms. This isn’t
surprising; religious services and the many activities associated with them (such as
charities, volunteer programs, and outreach initiatives) bring together people who have
a lot in common.

教会や寺社、モスクなど生活と結びつきの強い宗教的な組織に属することで、そこから
得られる社会的支援や一体感が効果をもたらすのでしょう。なぜなら、礼拝や、慈善
事業やボランティア活動、奉仕活動への取り組みなど、それにともなうさまざまな活動
によって、共通点の多い人々が1つにまとまるからです。

 

 

So it's possible that the fact that religious people are happier than the nonreligious has
nothing to do with the substance of their religious and spiritual beliefs――with God, with
living life in accordance to their holy texts, with the sanctity of life, or with the sense of
meaning that religious faith gives their lives――and everything to do with the simple fact
that their religions bring them into contact with other similarly minded and caring people.

そのような理由から、信仰の厚い人が信仰をもたない人より幸せなのは、宗教的な信念
聖典などの本質による影響というよりも、信仰によって同じような精神の持ち主や
思いやりがある人との交流が生まれるという単純な事実とおそらく関係がありそう
です。

 

 

So far I have been muddling a bit the words spiritual and religious. What’s the
difference? There is certainly a lot of overlap, but the overlap isn’t complete. Spirituality
is defined as a “search for the sacred” ――that is, a search for meaning in life through
something that is larger than the individual self (“self-transcendence” is a good label).
Spiritual individuals refer to God or to related concepts like divine power or ultimate truth.

では、「スピリチュアル(精神的)なもの」と「信仰」との違いは何でしょうか? この
2つには重なる部分も多くありますが、まったく同じものではありません。
「スピリチュアル」とは、「聖なるものを求めること」と定義されています。つまり、
人間よりも大きな存在を通じて、人生における意味を探し求めることといえます。
スピリチュアルなことを信じている人は、神や神に関した概念を、聖なる力とか究極の
真実ととらえています。

 

 

However, those of you who do not believe in God may still be able to sanctify ordinary
things on earth. If you think of your work as a calling (divine or not), if you perceive your
children as blessings, if you understand love as eternal, or if you believe that body is
holy, you are imbuing aspects of life with sacred or divine qualities. Sanctification, it turns
out, can provide motivation, meaning, and satisfaction.

また、神や神に関した概念を信じていない人でも、自分の身の回りにあるものを神聖化
していることがあるでしょう。たとえば、もしあなたがいまの自分の仕事を天職だと
思っているならば、わが子を恵みとみなすならば、愛を永遠のものと理解している
ならば、肉体を神聖なものと信じているならば、スピリチュアルな面を人生のある部分
に吹き込んでいるといえます。何かを神聖化することで、意欲や意義、満足感が
得られるのです。

 

 

Scientists can no longer ignore the powerful influences of spirituality and religion on
health and well-being. If nothing else, the statistics should compel them. In the United
States alone the vast majority of individuals, about 95%, believe in God. If you so
choose, and in your own way, you can harness the benefits of faith to improve your
happiness and your life.

スピリチュアルなものが健康や幸福度に与える強力な影響を、もはや科学者も無視
できなくなっています。統計の結果を見れば、うなずかざるを得ません。米国だけ
でも、約95%もの人が神を信じているのです。幸福度を高めるために、あなたが
「内面的なものを大切にする」という方法を選んだならば、自分なりのやり方でその
恩恵を活かして、人生をよりよいものにしていってください。

 

 

  

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

 

  

幸せがずっと続く12の行動習慣

幸せがずっと続く12の行動習慣

 

 

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

「幸せがずっと続く12の行動習慣」その14。科学によって証明された、今より幸せになるために、「あなたが追い求めるべき目標」とは? “The How of Happiness” No.14――”What kinds of goals should you pursue” to become happier, that have been shown to be successful through science?

 

f:id:englishforhappiness:20190212061010j:plain

 

「夢を追うことは、幸せになるための重要な秘訣だ」ということには、説得力のある
根拠があると言います。しかし、あなたが追い求めている夢や目標の種類しだいで、
幸せになれるかどうかが決定される――解説をバイリンガルでお届けします。

It is said that there is persuasive evidence that following your dreams is a critical
ingredient of happiness. But it turns out that the type of goal that you pursue determines
whether the pursuit will make you happy――more to come both in English and in
Japanese.

 

 

 

 

INSRINSIC GOALS

As self-evident as it may sound, working toward goals that are personally involving and
rewarding to you is more likely to bring you happiness than working toward goals that are
not freely chosen.

目標は自分で選ぶ

これはすでにわかりきったことに聞こえるかもしれませんが、自分にとって必要で、
努力に値すると思う目標の実現に懸命になれば、自分が選んでいない目標に取り組む
よりも幸せになれます。

 

 

Numerous psychological studies have shown that across a variety of cultures, people
whose primary life goals are intrinsically rewarding obtain more satisfaction and pleasure
from their pursuits. Intrinsic goals are those that you pursue because they are inherently
satisfying and meaningful to you, which allow you to grow as a person, to develop
emotional maturity, and to contribute to your community.

さまざまな文化における心理学の研究によると、最優先する人生の目標が本質的に
報われるものならば、それを追い求めることでさらに多くの満足感や喜びを得られる
ことがわかっています。もともと自分にとって満足感も意義もあるからこそ、夢や目標
を追い求めるわけですが、その夢や目標によって、人間として成長し、コミュニティに
貢献できるようになります。

 

 

By contrast, extrinsic goals reflect more what other people approve or desire for
you――for example, pursuing goals for such superficial reasons as making money,
boosting your ego, seeking power or fame, and bowing to manipulation or peer pressure.

これとは対照的に、他人にすすめられた目標は、他人があなたに求めるものを反映して
います。たとえば、お金を儲ける、うぬぼれ心を煽る、権力や名声を求める、ごまかし
や同僚の圧力に屈するなどのように、表面的な理由のために目標を追い求めること
です。

 

 

People usually aim for extrinsic goals as a means to an end――for example, working
hard to obtain a reward (e.g., wealth or social approval) or to avoid a punishment (e.g.,
shame or loss of income). Knocking the pursuit of money, beauty, and fame may smack
of a value judgment, but my argument is based squarely in research.

人は報酬 (富を得ることや社会的に認められること) を手に入れるためや、罰 (恥をかく
ことや、収入を失うこと) から逃れるために必死で努力するように、目標をしばしば
目的達成の手段にします。金銭や美しさ、名声などを追い求めることを非難するのは
価値観の問題であるともいえそうですが、ここでの私の意見は研究にのみ基づいたもの
です。

 

 

The truth is that following intrinsic goals makes us happier, in part because they are
relatively more inspiring and enjoyable; hence we are more likely to invest in them,
persevere at them, and succeed at them. Another reason is that personal goals that we
intrinsically value directly satisfy our most basic psychological needs in life. I'm not
talking about food and sex here but, rather, about our need for autonomy (i.e., feeling in
control of our behavior), for a sense of competence (i.e., feeling efficacious in dealing
with the world around us), and for relatedness (i.e., feeling satisfied with our
interpersonal relationships). Researchers have shown that the pursuit of intrinsic goals is
more likely to fulfill all these needs.

自分で選んだ目標を追うともっと幸福になれる、というのは事実です。なぜなら、
それが刺激的で楽しいものだからです。さらに、人生における基本的な生理的欲求が
直接満たされます。それは食べ物やセックスなどの欲求ではなく、自己決定への欲求
(自分の行動をコントロールできる感覚)、有能感の欲求 (まわりの出来事に対処できる
感覚)、そして関係性の欲求 (人間関係に満足している感覚) です。この本質的な目標を
追求すると、ほかの基本的欲求をすべて満たせると、研究者は示しています。

 

 

Just remember that happiness will come from pursuing goals, and not necessarily from
achieving them.

幸福とは、目標を追い求めることから生まれるのであって、必ずしも目標の達成から
生まれるものではない、ということを覚えておいてください。

 

 

  

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

 

  

幸せがずっと続く12の行動習慣

幸せがずっと続く12の行動習慣

 

 

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約