しあわせになる英語 English for Happiness

日曜更新。人生に役立つバイリンガルの学び。

「ディーパック・チョプラ : 人生の本質」 その5。あなたを不幸にする有毒な人間関係から解放する方法。“Deepak Chopra : The Book of secrets” No.5. How to be free from toxic relationships that make you unhappy.

多くの場合、あなたの苦悩は有毒な人間関係から来ている――バイリンガルで、どうぞ。 In many cases, your suffering comes from toxic relationships――more to come both in English and in Japanese. There are only three kinds of people in your life : …

「ディーパック・チョプラ : 人生の本質」 その4。スピリチュアルの答えは、すでにあなたの中にある。“Deepak Chopra : The Book of secrets” No.4. The spiritual answer you seek is already inside yourself.

スピリチュアルの答えを、あなたの外に探してはいけない?――バイリンガルで、どうぞ。 Shouldn’t you seek the spiritual answer outside yourself?――more to come both in English and in Japanese. The spiritual secret that applies here is this: What y…

「ディーパック・チョプラ : 人生の本質」 その3。どうすれば「五感に頼る生き方」を超えられるか? “Deepak Chopra : The Book of secrets” No.3. How can we transcend “depending on the five senses”?

「意識をもつこと」が、あなたを物理的な世界から「目覚めの世界」へと飛躍させる――バイリンガルで、どうぞ。 “Having consciousness” makes you leap from the physical world to “the world of awareness”――more to come both in English and in Japanese.…

「ディーパック・チョプラ : 人生の本質」 その2。「エゴ」を捨ててはいけない? “Deepak Chopra : The Book of secrets” No.2. Can’t “ego” be thrown out?

宗教にせよ、スピリチュアルにせよ、「エゴ」は悪であり、捨てるべきものという考えは一般的かも知れません。しかし、その著作が世界中の国々で翻訳されているディーパック・チョプラは、違う考えを持っているようです――バイリンガルで、どうぞ。 Be it reli…

「ディーパック・チョプラ : 人生の本質」 その1。「心の平和」を求める人へ。 “Deepak Chopra : The Book of secrets” No.1. For those who are seeking “peace of mind.”

「私は宗教的ではないけれど、スピリチュアルです」今、世界中でそういう人が増えています。本当に幸せになるために、「心の平和」を既存宗教の教義ではなく、スピリチュアルな智慧に求める人たちです。ディーパック・チョプラは、そういう方々に熱く支持さ…

全米ベストセラー「Attached」 で、人間関係の悩みを根本的に解決する。Solve your problems of human relations fundamentally through “Attached,” the U.S. best-seller.

5月4日放映のNHK番組のなかで紹介された「Attached」。最新のアタッチメント理論(愛着理論)で、人間関係とくに恋愛関係の悩みを劇的に解決する本として、今、アメリカの若者たちに熱狂的に支持されています――バイリンガルで、どうぞ。 “Attached” was introd…

「中村元 : 比較思想から見た仏教」 その4。ハイデガーが絶賛した親鸞と「歎異抄」。 “Hajime Nakamura : Buddhism in comparative light” No.4. Shinran and “Tannisho” that were highly praised by Heidegger.

「今日、歎異抄を読んだ。もし私が10年前に仏僧・親鸞のことを知っていたら、ギリシア語やラテン語を勉強するのではなく日本語を勉強して、生涯、彼の教えを学び、そして広めていただろう。しかし遅すぎた」 : 20世紀の最も偉大な哲学者ハイデガーが絶賛した…

「中村元 : 比較思想から見た仏教」 その3。日本を救った愛の精神。 “Hajime Nakamura : Buddhism in comparative light” No.3. The spirit of love that saved Japan.

「憎しみは憎しみによって止むことなく、愛によってのみ止む」 : このブッダの教えを引用した、1951年のサンフランシスコ講和会議での、スリランカ代表ジャヤワルダナ氏の演説が、4分割させられそうになっていた日本を救いました。各国の代表たちの気持ちを…

「中村元 : 比較思想から見た仏教」 その2。「無我」: 仏教では「自己」は全く存在しない? “Hajime Nakamura : Buddhism in comparative light” No.2_”Non-ego” : Is there no “self” at all according to Buddhism?

仏教の教えの中でも特に有名な「無我」。しかし、そこには重大な誤解があると言います――バイリンガルで、どうぞ。 “Non-ego” is the particularly famous teaching in Buddhism. However, there is said to be crucial misunderstanding――more to come both …

「中村元 : 比較思想から見た仏教」 その1。ブッダもイエスも”医者”だった。 “Hajime Nakamura : Buddhism in comparative light” No.1_Both the Buddha and Jesus Christ were “doctors”.

仏教の真実に迫る、中村元・仏教研究の集大成――バイリンガルで、どうぞ。 A culmination of Hajime Nakamura’s research of Buddhism that gets to the bottom of Buddhism――more to come both in English and in Japanese. The Buddha was often compared w…

「中村元 : 比較思想から見た仏教」 その1。ブッダもイエスも”医者”だった。 “Hajime Nakamura : Buddhism in comparative light” No.1_Both the Buddha and Jesus Christ were “doctors”.

仏教の真実に迫る、中村元・仏教研究の集大成――バイリンガルで、どうぞ。 A culmination of Hajime Nakamura’s research of Buddhism that gets to the bottom of Buddhism――more to come both in English and in Japanese. The Buddha was often compared w…

「グローバル時代の幸福と社会的責任: その3 ”尊敬”」日本人は何を「尊敬」しているのか? “Happiness and Virtue : No.3_ Respect” What do Japanese people “respect”?

そもそもは、西洋と東洋の枠組みを超え、グローバルな社会的責任を果たしうる幸福実現の在り方を探るために、英語で書かれた本。第三回は「尊敬」について――バイリンガルで、どうぞ。 This book is originally written in English, beyond West and East, in…

「グローバル時代の幸福と社会的責任: その2 ”慈愛”」 “Happiness and Virtue : No.2_ Benevolence”

そもそもは、西洋と東洋の枠組みを超え、グローバルな社会的責任を果たしうる幸福実現の在り方を探るために、英語で書かれた本。第二回は「慈愛」について――バイリンガルで、どうぞ。 This book is originally written in English, beyond West and East, in…

「グローバル時代の幸福と社会的責任: その1 ”感謝”」 “Happiness and Virtue : No.1_ Gratitude”

そもそもは、西洋と東洋の枠組みを超え、グローバルな社会的責任を果たしうる幸福実現の在り方を探るために、英語で書かれた本。まずは、「感謝」について――バイリンガルで、どうぞ。 This book is originally written in English, beyond West and East, in…

「西谷啓治 : 仏教とニヒリズム」。仏教とニーチェの関係とは? “Keiji Nishitani : Buddhism and Nihilism” What is relation between Buddhism and Nietzsche?

世界中で読まれている「宗教とは何か」(当ブログ2021年8月25日~9月2日収録。右の検索窓から読むことができます)を書いた西谷啓治の代表作「ニヒリズム」より抜粋――バイリンガルで、どうぞ。 An excerpt from “The self-overcoming of Nihilism”: the most i…

「金松賢諒 : 自然」。「愛」で説明された親鸞。 “Kenryo Kanamatsu: Naturalness” Shinran explained in terms of “love.”

親鸞が辿りついた境地「自然法爾(じねんほうに)」を英語で説明した名著。西洋人にもわかるように、「愛」で説明した記述は、目からウロコです――バイリンガルで、どうぞ。 An English masterpiece explaining the Shinran’s final state: Naturalness. The de…

「米沢英雄 : 信とは何か」。本当の自己に目覚める。 “Hideo Yonezawa: Awaken to your true self”

親鸞の教えをわかりやすい言葉で説明した名著――バイリンガルで、どうぞ。 A masterpiece explaining the teachings of Shinran through easy-to-understand terms――more to come both in English and in Japanese. Generally, when we speak of faith, we me…

「富と成功をもたらす7つの法則」。人生を豊かにするインド由来の智慧。 “The Seven Spiritual Laws of Success” ――An India-originated wisdom to enrich your life.

決して金儲けのハウツー本ではありません。前回ご紹介した、大谷翔平に影響を与えている、中村天風の著作と共通点の多い本です。日本語で読むよりも、英語で読んだほうが、その奥深い教えをつかむことができると思います。 This is definitely not a how-to …

「大谷翔平にも影響を与えた中村天風の教え」“The teachings of Tempu Nakamura who also influenced Shohei Otani”

大谷翔平の愛読書「運命を拓く」を書いた中村天風は、私の人生に最も影響を与えた人物のひとりです。彼の言葉ひとつひとつは、単に読んで知るというより人生に活かしてこそ意味があると思います。日本語の著書だけでなく、英語でも学んでいただければ幸いで…

「自力か他力か」“Self-Power or Other Power”

「自力か他力か」は、仏教に関心のある方、とくに親鸞や浄土真宗に興味がある方にとっては頭の痛い問題かも知れません。しかし、この問題をいわゆる「二項対立」で考えすぎるのは危険ではないか、と思います。五木寛之の「他力」という本の中に、この問題へ…

「情報の断捨離」“Tidying up information”

最近、「情報の断捨離」が必要だと強く感じます。――バイリンガルで、どうぞ。 Nowadays, I feel strongly that “Tidying up information" is necessary ――more to come both in English and in Japanese. 「勇気づけてくれる」情報をもっと取り入れる。 「ど…

「現代語訳 大乗起信論」。その2。大乗仏教が明かす、真実の心のあり方とは? “Translated by D.T. Suzuki: The Awakening of Faith” No.2――What is the soul as suchness revealed by Mahayana Buddhism?

私たちの「心」の真実に迫る大乗仏教――バイリンガルで、どうぞ。 Mahayana Buddhism is getting close to the truth of our “soul” ――more to come bothin English and in Japanese. What is meant by the soul as suchness, is the oneness of the totality…

「現代語訳 大乗起信論」。その1。大乗仏教の本質とは何か? “Translated by D.T. Suzuki: The Awakening of Faith” No.1――What is the essence of Mahayana Buddhism?

大乗仏教と言えば、この本。――バイリンガルで、どうぞ。 When it comes to Mahayana Buddhism, this book is the one you must read. ――more to come both in English and in Japanese. There are eight inducements to write this Discourse. A general obj…

「ボルヘス: 仏教~七つの夜」。世界的作家が、仏教が西欧で注目された最大の理由を語る。“J.L. Borges: Buddhism~Seven Nights” The world-famous novelist talks about the biggest reason why Buddhism has gained so much attention in the West.

アルゼンチンの世界的作家、J.L.ボルヘスによる講演録から、仏教への深い洞察をご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。 I would like to introduce the profound insight into Buddhism of the world-famousArgentina novelist in his lecture notes――more …

「鈴木大拙: 仏教における象徴主義」。マクルーハンと日本文化の深い関係。“D.T. Suzuki: Buddhist Symbolism” The deep relationship between McLuhan and Japanese culture.

マクルーハンは、1960年代当時、西洋が東洋を指向している事実に注目。日本文化にも並々ならぬ関心を寄せていました。日本文化を世界中に広めた鈴木大拙の論文が、マクルーハンの重要な書作「マクルーハン理論」に掲載されています――バイリンガルで、どうぞ…

「マクルーハン(ちくま学芸文庫)」。AI時代の生き残り戦略を、マクルーハンに学ぶ。 “McLuhan For Beginners” Learning the strategy for survival in the age of AI through McLuhan.

ついに、人間の「思考能力」まで代行できるようになった、チャットGPT。あなたのポジションをAI の侵攻から守るために、今、知っておくべきマクルーハンの知恵とは? ――バイリンガルで、どうぞ。 Chat GPT is finally acting for human “faculty of thinking.…

「マクルーハン: メディアはマッサージである」。Chat GPTの出現で、マクルーハンの言葉を思い出した: すべてのメディアは、人間のいずれかの能力の延長である。 “McLuhan: The Medium is the Massage” The advent of Chat GPT reminds me of what McLuhan says: All media are extensions of human faculty.

Chat GPTとは、つまり、人間の「思考能力」の延長。 今こそ、マクルーハンの言葉の重みをよく考えてみるべき時かも知れません。 Chat GPT is, in short, the extension of human “faculty of thinking.” Now might bethe time for us to contemplate the imp…

「お金があれば幸せになれるのか」。その3。他者の存在なくして幸福はありえない? “Frederic Lenoir: Happiness a Philosopher’s Guide” No.3――Can we be happy without other people?

他人の幸せこそが、あなたの幸せを生み出すもの?――バイリンガルで、どうぞ。Is others’ happiness the very thing that produces your happiness?――more to comeboth in English and in Japanese. Most modern thinkers have decided that human beings are …

「お金があれば幸せになれるのか」。その2。自分の人生に意味を与えることができた時、幸福への扉が開ける。 “Frederic Lenoir: Happiness a Philosopher’s Guide” No.2――The door to happiness will open when you are able to give meaning to your life..

あなたは、自分の人生に意味を与えることができていますか? それは、幸福への第一歩だと言います。――バイリンガルで、どうぞ。 Have you been able to give meaning to your own life? It is said that that is the first step to happiness――more to come b…

「お金があれば幸せになれるのか」。その1。幸福とは、自分の人生を愛せるということ。 “Frederic Lenoir: Happiness a Philosopher’s Guide” No.1――Loving the life you lead.

古代の哲学者たちが考えた「幸福の法則」をヒントにすることで、幸福についての理解が深まる。まずは、幸せになるためには、自分の幸福の自覚が不可欠。――バイリンガルで、どうぞ。 Through “The Law of Happiness” on which ancient philosophers had refle…