しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その19。瞑想における、いわゆる「超常感覚の体験」をどう考えるべきか? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.19――What should we think of so-called “extrasensory experiences” in meditation?

瞑想を実践するのは、普通とは違う不思議な感覚を得るため?――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 Is practicing meditation for attaining some extraordinary, mysterious sensation? ――more to come both in English and in Japanese. As concentration st…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その18。瞑想で「呼吸に集中する」と、心が純粋になる? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.18――Does “focusing on respiration” in meditation makes your mind purified?

呼吸はあなたの心の状態を知らせる警告信号?――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 Is respiration an alarm to let you know your mental state? ――more to come both in English and in Japanese. Yet another reason for developing awareness of respirat…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その17。瞑想で「呼吸に気づく」ことは、「幸せへと続く道」のために、「いまこの瞬間に気づく」こと? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.17――Is “to be aware of the breath” in meditation “to be aware of this present moment” for “the path leading to happiness”?

ブッダは言った、「幸せは、いまここにしか実現できない」。そのために、呼吸に気づく瞑想から始めよう――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 The Buddha said, “Happiness can only be possible in the here and now.” For this realization, let us begin wi…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その16。私たちは、何のために瞑想するのか? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.16――What do we practice meditation for?

実践して初めてわかる: 瞑想は、「心にしみついたくせ」を取り除くためのもの――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 It is not until having practiced meditation that we find it for removing “the ingrained habit of the mind”――more to come both in Eng…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その15。ブッダが実践した「心をコントロールする」本来のやり方「呼吸の気づき」とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.15――What is the original method, practiced by the Buddha, for control over our mind; “awareness of respiration”?

すべての問題は、「心をコントロール」できれば解決する? ブッダが実践した目からウロコのやり方を解説――バイリンガルで、どうぞ。 Will all problems be solved by being able to “control over our mind”? Here are commentaries on the eye-opener method…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その14。「幸せへと続く道」において、セックスは抑圧すべきもの、というのは、よくある誤解?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.14――Is it a common misunderstanding that we should forcibly suppress sex in “the path leading to happiness”?

「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏が、幸せへと続く道を求める人は、「セックス」をどう捉えたら良いか解説――バイリンガルで、どうぞ。 S.N.Goenka, who had the tremendous…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その13。「幸せへと続く道」の始まり、「正しい言葉」「正しい行為」「正しい生活」に関する留意点とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.13――What are the points of attention in terms of “Right Speech,” “Right Action,” and “Right Livelihood”; the beginning of “the path leading

苦を除き、幸せを求める、ブッダの教えの基本中の基本、「聖なる八つの道」は、ここから始まる――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 Here is where the “Noble Eightfold Path” begins; the most basic of basics in the Buddha’s teachings for eliminating …

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その12。「聖なる八つの道」で、「わるい行為をつつしむ」のは、実は、自分自身が傷つくのを防ぐため?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.12――Is “to abstain from committing unwholesome actions” in “the Noble Eightfold Path,” in fact, for preventing them from harming yourself?

「わるい行為をつつしむのは人を傷つけるだけでなく、自分も傷つくから」という真理を、ブッダがわかりやすく説明――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 The truth that “we abstain from unwholesome actions not only because they harm others but also the…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その11。ブッダが説く「幸せへと続く道」は、あっけないほどシンプル? ”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.11――Is “the path to happiness,” taught by the Buddha, disappointingly simple?

ブッダは「わたしの教えには裏も表もない。掌中にかくした秘密はない」と言う。だから、彼の説く「幸せへと続く道」を知ったあなたは、そのシンプルな内容に、がっかりするかも知れません。しかし、仏教において大切なのは、知識より実践。真理を直接体験す…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その10。よりよい暮らしを求めて物を欲しがることが、なぜいけないのか?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.10――What is wrong with wanting material things to make life more comfortable?

「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏が、「渇望」や「執着」のもたらす害について、わかりやすく解説――バイリンガルで、どうぞ。 S.N.Goenka, who had the tremendous influen…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その9。あなたが幸せになれない、最大の原因とは? ”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.9――What is the greatest cause for you to be unable to attain happiness?

ブッダによる、あなたが幸せになることを邪魔する、最大原因つまり「執着」についての解説――バイリンガルで、どうぞ。 The Buddha gives you commentaries on the greatest cause to prevent you from attaining happiness, that is “attachment”――more to c…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その8。あなたは、運命ではなく、今の行いによって、未来を変えることができる?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.8――Can you change your future by becoming master of your present action, not by your fate?

「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏が、あなたの未来を変える「カンマ(カルマ)」について解説――バイリンガルで、どうぞ。 S. N. Goenka, who had the tremendous influence o…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その7。瞑想の実践によって、怒りという感情を客観的に観察できるようになることの意味とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.7――What is the meaning of being able to observe the anger objectively by practicing meditation?

「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏が、瞑想の実践によって、怒りという感情を客観的に観察できるようになることの意味を解説――バイリンガルで、どうぞ。 S.N. Goenka, who h…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その6。苦から抜け出す道への第一歩は、あなたの「心の反応」について悟ることから始まる?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.6――Does the first step to the way of escaping from suffering begin with realizing your “mental reaction”?

自分の周りで起こることに、いちいち「反応」していませんか? 実は、ブッダによれば、それこそが、あなたに苦をもたらす原因――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 Don’t you mentally “react” to each of what is happening around you? In fact, according t…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その5。ブッダが悟った、「自分」というものの現実、究極の真理とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.5――What is the ultimate reality of “the self”, realized by the Buddha?

現代科学が証明している、人間存在の本質を、ブッダは2500年以上前に悟っていた――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 Over 2,500 years ago, the Buddha realized the essence of human being proven by modern science――more to come both in English and in…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その4。ブッダによる、本当に苦しみから解放される道とは何か?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.4―― What is the real path to be liberated from suffering according to the Buddha?

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による「ヴィパッサナー瞑想」の解説本。単にブッダやその教えを信じるだけでは、苦しみから解放されない?――…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その3。人生でたった一つ、本当に頼れることとは何か?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.3―― What is the only real refuge in life?

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による「ヴィパッサナー瞑想」の解説本。ブッダが最も重要視したことが説明されています――バイリンガルで、…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その2。そもそも、ブッダが説いたこととは何か?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.2―― What did the Buddha teach in the first place?

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による「ヴィパッサナー瞑想」の解説本。ブッダの教えが、とてもわかりやすく説明されています――バイリンガ…

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その1。効果抜群。ブッダの境地に最も近づく瞑想法とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.1――Exceptionally effective. What is the way of meditation through which you would be mostly close to the state of the Buddha?

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による「ヴィパッサナー瞑想」の解説本をご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。 I would like to introduc…

「シュライアマハー:宗教について」。その10。なぜ、宗教は、気軽に話題にすることができないのか?”Schleiermacher: On Religion” No.10――Why cannot religion be an ingredient of a light conversation?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、宗教を話題…

「シュライアマハー:宗教について」。その9。宗教に目覚めた人が、誰かにそれを伝えたくなる理由とは?”Schleiermacher: On Religion” No.9――What is the reason why one who has been awakened by religion would like to convey it to someone?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、宗教に目覚…

「シュライアマハー:宗教について」。その8。宗教は、「感じる」ものであり、「理解する」ものではない?”Schleiermacher: On Religion” No.8――Should you “feel” religion, not “understand” it?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、宗教にとっ…

「シュライアマハー:宗教について」。その7。宗教を持つのに、聖典は必要ない?”Schleiermacher: On Religion” No.7――Don’t you need a holy writing to have religion?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、宗教は、聖…

「シュライアマハー:宗教について」。その6。宗教は、あなたの心をどう変えるか?”Schleiermacher: On Religion” No.6――How does religion make your mind change?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、宗教があな…

「シュライアマハー:宗教について」。その5。なぜ人は誰かを愛したいと思うのか?”Schleiermacher: On Religion” No.5――What makes a person want to love someone?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、なぜ人は誰…

「シュライアマハー:宗教について」。その4。宗教の本質とは「宇宙を直観すること」?”Schleiermacher: On Religion” No.4――Is the essence of religion “intuition of the universe “ ?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、不朽の名著…

「シュライアマハー:宗教について」。その3。「死=自らを失う」は宇宙と融合するチャンス?”Schleiermacher: On Religion” No.3――Is “death=to lose oneself “ the opportunity to fuse with the universe?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、「不死」に…

「シュライアマハー:宗教について」。その2。「神という理念」は何から生まれ、「真に宗教的な人」とはどのような人か?”Schleiermacher: On Religion” No.2――From where does “the idea of God” come and what kind of person “the truly religious one” is?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?「近代神学の父」と呼ばれるフリードリヒ・シュライアマハーが、「神という…

「シュライアマハー:宗教について」。その1。この困難な時期に考えたい「宗教」そして「知性を超えた何かを信じること」の本当の意味とは?”Schleiermacher: On Religion” No.1――What is the true meaning of “religion” and “belief in something beyond intellect,” which we should think of in this difficult time?

「アフター・コロナ(コロナ以後)」と言われるほど、今までの価値観の変革を求められる今。何か知性を超えたものを信じたい気持ちを、多くの人が抱いているのではないでしょうか?私自身は、浄土真宗の信者であり、仏教を勉強している身ですが、今回から、…

「悟りを生きる」。その19。「すべてのものは、それ以外のものとの関係性がなければ存在しない」という「空(くう)」の考え方を理解すれば、あなたの人生の苦しみは劇的に減る? “Living Realization” No.19―Will the suffering of your life be dramatically diminished, when you understand “emptiness,” ; “Everything only exists in relationship to other

あなたの人生の苦しみを劇的に減らすと言う空(くう)の教え;「あなた自身を含めて、あらゆるものは空であり、独立性もない」――解説を、バイリンガルで、どうぞ。 The teaching of emptiness is said to dramatically diminish the suffering of your life; “T…