しあわせになる英語 English for Happiness

仏教、哲学、心理学をバイリンガルで学ぶ。

「ブッダのサイコセラピー」。その6。私たちを不幸にしている夢想から目覚めよと説く、ブッダのメッセージとは? “Thoughts Without A Thinker” No.6――What is the message in which the Buddha preaches us to wake up from the daydream to make us unhappy?

私たちが幸せになるためには、「目覚める」必要がある、とブッダは説きます。では、何から目覚める?――バイリンガルで、どうぞ。 The Buddha preaches that we need to “wake up” for happiness. Then from what to wake up?―― more to come both in English …

「ブッダのサイコセラピー」。その5。ブッダと西洋心理学が解き明かした、「人生の苦しみ」の正体とは? “Thoughts Without A Thinker” No.5――What is the true character of “suffering” that the Buddha and Western psychology made clear?

誰もが感じている「人生の苦しみ」。その正体とは?――バイリンガルで、どうぞ。Everyone feels “suffering.” What is its true character?―― more to come both in English and in Japanese. While “suffering” is the conventional translation for the Budd…

「ブッダのサイコセラピー」。その4。ブッダの教えは、決して悲観主義ではなく、すべての人に人生の苦しみを乗り越える具体的な方法を示す、楽観主義? “Thoughts Without A Thinker” No.4――Are the Buddha’s teachings optimism, none of pessimism, to show the concrete method to overcome suffering for all the people?

人生が苦しみに満ちていることを説く、四聖諦などブッダの教えは、しばしば「悲観主義」と見なされます。しかし、事実はその真逆なのだと言います――バイリンガルで、どうぞ。 The Buddha’s teachings, such as Four Noble Truths, tell us that life is full…

「ブッダのサイコセラピー」。その3。精神分析も仏教も「ナルシシズム (自己愛) からの解放」を目指している? “Thoughts Without A Thinker” No.3――Is “freedom from narcissism” the goal both for psychoanalysis and for Buddhism?

私たちを不幸にしている元凶、それは「ナルシシズム (自己愛) 」。そして、ブッダは、それを取り除く具体的な方法を教えています――バイリンガルで、どうぞ。 The cause to make us unhappy is “narcissism.” And the Buddha teaches us the concrete method …

「ブッダのサイコセラピー」。その2。「自己」は、どのように作り上げられるか? “Thoughts Without A Thinker” No.2――How is “self” constructed?

私たちの「自己」は、思い出したくない経験の記憶など、私たちの思いもよらないプロセスを経て作り上げられていると言います――バイリンガルで、どうぞ。 It is said that our “selves” are constructed through an unexpected process, such as a memory of …

「ブッダのサイコセラピー」。その1。キイワードは「本当の自己」。西洋心理療法と仏教瞑想が出会う時。 “Thoughts Without A Thinker” No.1――The keyword is “true self.” When Western psychotherapy meets Buddhist meditation.

西洋心理学と心理療法の行き詰まりを、東洋の智慧で解消しようとする試みで、世界的ベストセラーになった本書は、心理学に興味がある人にも、仏教を学ぶ人にも、目からウロコの内容が満載です――バイリンガルで、どうぞ。 This world bestseller tries to res…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その13。「悟りを得る」。その後、あなたはどう変わるのか? “What Makes You Not A Buddhist” No.13――“Achieving enlightenment.” How will you change after that?

「悟りを得る前」と「その後」とでは、人はどう変わるのか?――バイリンガルで、どうぞ。 How will one change, comparing “before achieving enlightenment” with “after that” ?―― more to come both in English and in Japanese. If we are serious about a…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その12。ブッダが到達した、すべての執着を捨てた「悟り」とは? “What Makes You Not A Buddhist” No.12――What is “enlightenment” to which the Buddha reached, abandoning all attachments?

そもそも「悟り」とは何でしょうか? 世界的ベストセラーが、その正体をわかりやすい言葉で説き明かします――バイリンガルで、どうぞ。 What is “enlightenment” in the first place? The world best-seller explains and unveils it in easy-to-understand wo…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その11。闇の中にいる私たちが、ひと筋の光を見つける方法とは? “What Makes You Not A Buddhist” No.11――What is the method for us to find a beam of light in the midst of darkness?

私たちを闇から解放する光は、外側ではなく、私たちの内側にある。これこそ「仏性」なのです――バイリンガルで、どうぞ。 The light which will liberate us from the darkness is inside us, not outside us. That is just what “Buddha nature” is―― more t…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その10。ブッダが最終的に目指したものは、幸福というより、苦しみからの解放による「心の安らぎ」? “What Makes You Not A Buddhist” No.10――Was the final goal of the Buddha “peace of mind” through freedom from suffering, rather than happiness?

ギリシアの哲学者エピクロスによれば、人生の究極の目的は「アタラクシア=ataraxia」つまり何事にも乱されない心の平静な状態を獲得すること、だと言います。ブッダが目指したものも、これと同じ?――バイリンガルで、どうぞ。 It is said that, according to …

「ブッダが見つけた四つの真実」。その9。あなたを不幸にしている「思い込み」から自由になる方法とは? “What Makes You Not A Buddhist” No.9――What is the method for you to be liberated from “delusions,” which make you unhappy?

「悟り」とは「目を覚ますこと」。そして、どのように目覚めるかで、あなたが幸せになれるかどうかが決まると言います――バイリンガルで、どうぞ。 “Enlightenment” is “waking up.” And it is said that how you wake up determines whether you can be happ…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その8。「悟り」とは、すなわち、「目を覚ますこと」? “What Makes You Not A Buddhist” No.8――Is “enlightenment” no other than “waking up”?

「悟り」は、しばしば、「目を覚ますこと」に喩えられます。では、何から目覚める?――バイリンガルで、どうぞ。 “Enlightenment” is often compared to “waking up.” Then, from what? ―― more to come both in English and in Japanese. Things appear to ex…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その7。「愛」も、人生の苦しみをもたらす感情のひとつ? “What Makes You Not A Buddhist” No.7――Is “love,” too, one of the emotions that give rise to suffering?

人生の苦しみをもたらすものが、私たちの感情だとすれば、「愛」はどうなのでしょうか?――バイリンガルで、どうぞ。 If our emotions give rise to suffering, what about “love”? ―― more to come both in English and in Japanese. One might think that no…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その6。人生の苦しみを根本から断ち切るには、苦しみの原因である感情に「気づくこと」が大切。 “What Makes You Not A Buddhist” No.6――In order to cut suffering at its root, it is important for us “to be aware of” the emotions; the cause of our suffering.

ブッダは人々の苦しみを取り除くために、修行し、瞑想し、悟りを得ました。そもそも私たちの苦しみの原因とは何か? それは、私たちの「感情」だと言うのです――バイリンガルで、どうぞ。 To eliminate people’s suffering, the Buddha practiced, meditated, …

「ブッダが見つけた四つの真実」。その5。すべては変化している。だからこそ、絶望する必要はない。 “What Makes You Not A Buddhist” No.5――Everything is changing. That’s why we do not have to feel hopeless.

「無常=すべては変化している」という真実は、私たちにとって必ずしも悲観的なものではない。むしろ、良いニュースなのです――バイリンガルで、どうぞ。 “Impermanence=Everything is changing”: This is not necessarily pessimistic truth for us. Instead,…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その4。ブッダが見つけた「恐れをなくす方法」とは? “What Makes You Not A Buddhist” No.4――What is “the method to be fearless,” which the Buddha found?

ブッダは、私たち恐れや不安の根本原因を見つけました――バイリンガルで、どうぞ。The Buddha found the root cause that generates our fear and anxiety―― more to come both in English and in Japanese. Fear and anxiety are the dominant psychological…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その3。「無常」という真実を理解すれば、恋愛についても悩まない? “What Makes You Not A Buddhist” No.3――Will you not worry about love, if you understand “impermanence”?

「物事は100パーセント思い通りにならない」それが「無常」を理解するということ――バイリンガルで、どうぞ。 “Things are not entirely under our control.” That’s what we understand “impermanence”―― more to come both in English and in Japanese. At …

「ブッダが見つけた四つの真実」。その2。「死ぬべき運命にあることの苦しみ」を回避する方法とは? “What Makes You Not A Buddhist” No.2――What is a way around “the suffering of mortality”?

ブッダは、悟りによって、すべての人がもつ苦しみの原因に気づき、そして、その苦しみを回避する方法を見つけた――バイリンガルで、どうぞ。 The Buddha realized the cause of everyone’s suffering through enlightenment, and found a way around it―― mor…

「ブッダが見つけた四つの真実」。その1。ブッダの教えの何が特別なのか? “What Makes You Not A Buddhist” No.1――What are special about the teachings of the Buddha?

仏教に関心を持つ人が、どんどん増えている、今。わかりやすい言葉で、仏教の本質を語った、世界的ベストセラーを紹介――バイリンガルで、どうぞ。 Now more and more people are getting interested in Buddhism. I would like to introduce the world-bests…

「新渡戸稲造: 武士道」。その12。明治維新以降の日本の急速な発展は、武士道のおかげ? “Nitobe Inazo: Bushido” No.12――Was it thanks to Bushido that Japan developed rapidly since the Meiji Restoration?

伊藤博文、大隈重信、そして現在話題の渋沢栄一など、明治維新の偉人たちは、ほとんどが武士道の影響を受けていると言います。日本が、海外からの圧力というより、自発的に発展していくことができたのは、武士道が欠かせなかった――バイリンガルで、どうぞ。 …

「新渡戸稲造: 武士道」。その11。日本人が忘れてはならない「大和魂(やまとだましい)」とは何か? “Nitobe Inazo: Bushido” No.11――What is “Yamato Damashi; The Soul of Japan” which the Japanese must not forget?

武士道から受け継ぎ、今でも日本人の心の根本に流れ続ける「大和魂」――バイリンガルで、どうぞ。 “Yamato Damashi; The Soul of Japan” has been handed down from Bushido and is an underlying current of the Japanese heart now―― more to come both in …

「新渡戸稲造: 武士道」。その11。「セルフ・コントロール(克己)」を、武士道に学ぶ。 “Nitobe Inazo: Bushido” No.11――Learning “Self-control” in Bushido.

日本人は、外国人に比べて、自分の感情を顔に出さない傾向があるかも知れません。これも、武士道から?――バイリンガルで、どうぞ。 A Japanese might have a tendency not to betray his emotions on his face, compared with a foreigner. Does this come fr…

「新渡戸稲造: 武士道」。その10。 武士になるための教育とは、どのようなものだったか? “Nitobe Inazo: Bushido” No.10――What was the education to become a samurai?

武士は経済を勉強しなかった? 真のサムライになるための教育について――バイリンガルで、どうぞ。 Did samurai not learn economy? About the education to become a true samurai―― more to come both in English and in Japanese. The first point to obser…

「新渡戸稲造: 武士道」。その9。 「ラストサムライ」のモデルと言われる、西郷隆盛が遺した最後の教えとは? “Nitobe Inazo: Bushido” No.9――What are the dying instructions of Takamori Saigo who is said to be the model for “The Last Samurai” ?

最後の最後まで「サムライの中のサムライ」であり続けた西郷隆盛。その遺訓には「自分を愛する心をもって人を愛するべきである」という、世界に通じる教えが含まれています――バイリンガルで、どうぞ。 Takamori Saigo continued to be “the best of samurai”…

「新渡戸稲造: 武士道」。その8。 武士道から学ぶ「名誉を大切にする心」。“Nitobe Inazo: Bushido” No.8――Learning “the heart to value honour” from Bushido.

「名誉」という言葉を聞いて、現代の私たち日本人は、何を感じるでしょうか? かつて日本には、「名誉」のために、当たり前のように自らの命を捧げたサムライたちがいたのです――バイリンガルで、どうぞ。 How do we, the Japanese, feel to hear the word “ho…

「新渡戸稲造: 武士道」。その7。 武士道から学ぶ「誠実の心」。“Nitobe Inazo: Bushido” No.7――Learning “sincerity” from Bushido.

新選組が持つ旗に記してあったという「誠」は、武士にとって欠かせない資質です――バイリンガルで、どうぞ。 “Makoto=sincerity” is said to have been marked in a flag carried by Shinsengumi, and is an indispensable quality of samurai―― more to come…

「新渡戸稲造: 武士道」。その6。 日本人の礼儀正しさには、実は、深い意味がある? “Nitobe Inazo: Bushido” No.6――Does the politeness of Japanese people, in fact, have profound meaning?

外国人の誰もが称賛する、日本人の礼儀正しさ。これには、たんに外面的な形だけでなく、深い意味があります――バイリンガルで、どうぞ。 Every foreigner admires the politeness of Japanese people, which has not only its external form, but profound me…

「新渡戸稲造: 武士道」。その5。 生死を争う戦いに関わりながらも、決して「詩を愛する心」を忘れなかった、日本のサムライ。“Nitobe Inazo: Bushido” No.5――Japanese samurai never forgot ”the love for poem” while they were involved with life-or-death battles.

日本のサムライは、その武勇伝に加えて、ほとんどが詩歌をたしなんだと言われていますが、これは世界的にも非常に稀なことです。――バイリンガルで、どうぞ。 Most Japanese samurai are said to have been fond of poem, in addition to their heroic tales.…

「新渡戸稲造: 武士道」。その4。 「武士の情 (なさけ)」。 苦しむ者への思いやりを忘れなかった日本人。“Nitobe Inazo: Bushido” No.4――”The tenderness of a warrior.” The Japanese were ever mindful of those who were suffering.

武士道が、武士たちに浸透させた「仁=人を愛すること」。それは、苦しむ者たちを常に思いやる心でもあったと言います――バイリンガルで、どうぞ。 Bushido permeated samurai with “benevolence=loving people,” which is said to have been the heart always…

「新渡戸稲造: 武士道」。その3。 人の上に立つ人間にとって最も大切なのは「仁=人を愛すること」。 “Nitobe Inazo: Bushido” No.3――”Benevolence=To Love People” is the most important thing for those who are rulers of people.

キリスト教のメインテーマ「愛」、仏教が重視する「慈悲」、そして孔子が説く「仁」。それぞれ言葉と内容は違っていても、人の上に立つ人間にとって決して忘れてはいけないもの。日本では、儒教の影響を受けた武士道が、この「人を愛すること」の大切さを武…