しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その14。「幸せへと続く道」において、セックスは抑圧すべきもの、というのは、よくある誤解?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.14――Is it a common misunderstanding that we should forcibly suppress sex in “the path leading to happiness”?

 

f:id:englishforhappiness:20200624072751p:plain

「サピエンス全史」など全世界2000万以上のベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な
影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏が、幸せへと続く道を求める人は、「セックス」を
どう捉えたら良いか解説――バイリンガルで、どうぞ。

S.N.Goenka, who had the tremendous influence on Yuval Noah Harari, who is the author
of world best-sellers of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of
Humankind,” gives us commentaries on how “sex” should be grasped for the seeker of
the path leading to happiness ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Q&A

What is the difference between right and wrong sexual conduct? Is it a question of
volition?

 

No. Sex has a proper place in the life of a householder. It should not be forcibly
suppressed, because a forceful celibacy produces tensions which create more problems,
more difficulties.

Q&A

――正しい性と間違った性があるということですが、その違いは何ですか? 意思が問題
なのですか?

 

そうではありません。生活の中で、性というのは正しい位置付けをされるべきです。
それを抑圧してはなりません。むりに抑えれば緊張が高まり、むしろ問題を引き起こし
ます。

 

 

However, if you give free license to the sexual urge, and allow yourself to have sexual
relations with anyone whenever passion arises, then you can never free your mind of
passion. Avoiding these two equally dangerous extremes, Dhamma offers a middle path,
a healthy expression of sexuality which still permits spiritual development, and that is
sexual relations between two people who are committed to each other.

しかし一方で、衝動のおもむくまま、誰かれかまわず交渉をもつことは、欲望を野放し
にすることです。それでは欲望から解放されることはありません。抑圧でも放縦でも
ない、中道をダンマは教えます。魂の成長を妨げない健全な性の姿、それは、ひとりの
男性とひとりの女性が互いに相手だけを生涯のパートナーとする関係です。

 

 

And if your partner is also a Vipassana meditator, whenever passion arises you both
observe it. This is neither suppression nor free license. By observing you can easily free
yourself of passion.

あなたのパートナーもヴィパッサナー瞑想者であれば、性衝動が起きたとき、その衝動
を観察しなさい。これは性欲の抑圧でも放縦でもありません。観察することによって、
その衝動から容易に離れられるでしょう。

 

 

 At times a couple will still have sexual relations, but gradually they develop toward the
stage in which sex has no meaning at all. This is the stage of real, natural celibacy, when
not even a thought of passion arises in the mind. This celibacy gives a joy far beyond any
sexual satisfaction. Always one feels so contended, so harmonious. One must learn to
experience this real happiness.

ときにはまだ、性交渉をもつことがあるかもしれない。けれども少しずつダンマを育む
ことで、性がなんの意味も持たなくなる段階に到ります。それは自然な純潔です。心に
性欲の思いのかけらも起こらないのです。この純潔は、性的快楽などはるかに及ばない
喜びを与えます。心はいつも満ち足り、調和がとれています。この真の幸福を手に
入れてください。

 

 

In the West, many think that sexual relations between any two consenting adults
are permissible.

 

That view is far away from Dhamma. Someone who has sex with one person, then
another, and then someone else, is multiplying his passion, his misery. You must be either
committed to one person or living in celibacy.

――西洋では大人の男女が同意して性的関係を持つのはわるいことではない、と考えて
いる人が多いのですが。

 

それはダンマからはほど遠い考えです。つぎつぎに相手を変えて性交渉することは性欲
を焚き付け、苦しみを大きくします。相手をひとりに決めるか、それとも純潔を貫く
か、どちらかにすべきです。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約