しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その4。ブッダによる、本当に苦しみから解放される道とは何か?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.4―― What is the real path to be liberated from suffering according to the Buddha?

 

f:id:englishforhappiness:20200604070849j:plain

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上の
ベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による
ヴィパッサナー瞑想」の解説本。単にブッダやその教えを信じるだけでは、苦しみ
から解放されない?――解説を、バイリンガルで、どうぞ。

This is the commentary book of “Vipassana Meditation” taught by S. N. Goenka, who had
the tremendous influence on Yuval Noah Harari, who is the author of world best-sellers
of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind.” Won’t simply
having  faith in the Buddha or his teachings help to free you from suffering?――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

Above all, it is a teaching to be practiced. Simply having faith in the Buddha or his
teachings will not help to free us from suffering; neither will a merely intellectual
understanding of the path. Both of these are of value only if they inspire us to put the
teachings into practice. Only the actual practice of what the Buddha taught will give
concrete results and change our lives for the better. The Buddha said,

ブッダの教えはなによりも実践行である。ブッダやダンマに帰依しただけで、あるいは
真理を頭で理解しただけで苦から解放されるわけではない。そういうことは本気で教え
を修行するときに、はじめて役に立つようになる。ブッダの教えは実際に修行してこそ
具体的な効果があらわれ、人生が好転してゆくのだ。ブッダはつぎのように説く。

 

 

Someone may recite much of the text, but if he does not practice them, such a heedless
person is like a herdsman who only counts the cows of others; he does not enjoy the
rewards of the life of a truth-seeker. Another may be able to recite only a few words from
the text, but if he lives the life of Dhamma, taking steps on the path from its beginning to
the goal, then he enjoys the rewards of the life of a truth-seeker.

経文をそらんじながら、それを実行しない人がいる。そのような横着な人は他人の
牛ばかり数えている牛飼いのようなもので、求道者が得る人生の喜びを味わうことが
できない。経文のほんの一部しか暗唱できなくても、最初の一歩から最終ゴールまで
ダンマにそって暮らしてゆけば、求道者が得る人生の喜びを味わうことができる。

 

 

The path must be followed, the teaching must be implemented, otherwise it is
a meaningless exercise. It is not necessary to call oneself a Buddhist in order to practice
this teaching. Labels are irrelevant. Suffering makes no distinctions, but is common to all;
therefore the remedy, to be useful, must be equally applicable to all.

道は歩くもの、教えは実行するもの、そうでなければ意味がない。ブッダの教えを修行
するためには、かならずしも仏教徒になる必要はない。呼び名などどうでもいいので
ある。苦は人を選ばず、万人を襲う。だから、苦の治療も万人に等しく有効なもので
なければならない。

 

 

Neither is the practice reserved only for recluses who are divorced from ordinary life.
Certainly a period must be given in which to devote oneself exclusively to the task of
learning how to practice, but having done so must apply the teaching in daily life.
Someone who forsakes home and worldly responsibility in order to follow the path has
the opportunity to work more intensively, to assimilate the teaching more deeply, and
therefore to progress more quickly.

修行は世俗の暮らしを捨てた出家僧だけにあたえられる特権ではない。たしかに、ある
時期、きちんと修行法を学ぶ必要はある。だが、そのあとは教えを日常生活に生かして
ゆけばいい。出家し、俗世間から離れて道をきわめようとすれば、それだけ集中的に
修行ができる。教えがしっかり身につき、進歩もはやいだろう。

 

 

On the other hand, someone involved in worldly life, juggling the claims of many
different responsibilities, can give only limited time to the practice. But whether homeless
or householder, one must apply Dhamma.

他方、俗世間にかかわっていれば雑事に振りまわされることが多く、修行の時間も
かぎられてしまう。しかし、出家しようとしまいとダンマを実践しなければならない
のは同じである。

 

 

It is only applied Dhamma that gives results. If this is truly a way from suffering to peace,
then as we progress in the practice we should become more happy in our daily lives,
more harmonious, more at peace with ourselves. At the same time our relations with
others should become more peaceful and more harmonious. Instead of adding to the
tensions of society, we should be able to make a positive contribution that will increase
the happiness and welfare of all.

ダンマは実践してはじめて結果が出る。この道がほんとうに苦から自由になる道で
あれば、瞑想を重ねるにしたがって、かならず毎日の暮らしがより幸福で、おだやか
で、平和なものになるだろう。他者と争うことがなくなり、いままで以上にうまく
やってゆけるだろう。社会の緊張を増大させるのではなく人類の幸福と福利を増大
させ、社会にプラスの貢献ができるだろう。

 

 

To follow the path we must live the life of Dhamma, of truth, of purity. This is the proper
way to implement the teaching. Dhamma, practiced correctly, is the art of living.

ブッダの説いた道を行くには、ダンマに、真実にそった人生を、きよらかな人生を
生きてゆかなければならない。それが教えを実践する正しい道である。ダンマを正しく
実践すること、それが「人生の技法」なのである。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約