しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その11。ブッダが説く「幸せへと続く道」は、あっけないほどシンプル? ”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.11――Is “the path to happiness,” taught by the Buddha, disappointingly simple?

 

f:id:englishforhappiness:20200618075552j:plain

ブッダは「わたしの教えには裏も表もない。掌中にかくした秘密はない」と言う。
だから、彼の説く「幸せへと続く道」を知ったあなたは、そのシンプルな内容に、
がっかりするかも知れません。しかし、仏教において大切なのは、知識より実践。真理
を直接体験することが、なにより意味のあること――解説を、バイリンガルで、
どうぞ。

The Buddha said, “The teaching I have presented does not have separate outward and
inward versions. Nothing has been kept hidden in the fist of the teacher.” So when you
know “the path to happiness,” taught by him, you might feel disappointed at its simple
content. But in Buddhism, practice is more important than knowledge. Whether you
directly experience the truth or not has the highest meaning――more to come both in
English and in Japanese.

 

 

 

Our task is to eradicate suffering by eradicating its causes: ignorance, craving, and
aversion. To achieve this goal the Buddha discovered, followed, and taught a practical
way to this attainable end. He called this way the Noble Eightfold Path.

わたしたちのつとめは、苦の原因である無知、渇望、嫌悪を消滅させ、それによって苦
そのものを消滅させることである。ブッダはこの目標を達成するための現実的な方法を
発見し、それをみずから修行し、人々に説いた。その道を「聖なる八つの道」と呼ぶ。

 

 

Once, when asked to explain the path in simple words, the Buddha said,

Abstain from all unwholesome deeds,

 perform wholesome ones,

 purify your mind” ――

 this is the teaching of enlightened persons.

あるとき、その道をやさしく説明してほしいと言われ、ブッダはこう述べた。

「わるいことをしないで、

 よいことをしなさい、

 心をきれいにしなさい」

 これがさとりを開いた人々の教えである.

 

 

This is a very clear exposition which appears acceptable to all. Everyone agrees that we
should avoid actions that are harmful and perform those that are beneficial. But how
does one define what is beneficial or harmful, what is wholesome or unwholesome?

これは非常にわかりやすい表現で、だれにでも理解できる。害になることをせず、役に
立つことをせよ、ということにはだれもが賛同するだろう。しかし,なにがよいこと
で、なにがわるいことなのか。それはどのように定義すべきだろう。

 

 

When we try to do this we rely on our views, our traditional beliefs, our preferences and
prejudices, and consequently we produce narrow, sectarian definition that are acceptable
to some but unacceptable to others. Instead of such narrow interpretations the Buddha
offered a universal definitions of wholesome and unwholesome, of piety and sin,

いきおい、わたしたちは自分の考えや通念、好みなどによってその判断をくだし、
結果的にはかぎられた人にしか受け入れられない偏った定義をしてしまう。そのような
狭い解釈のかわりに、ブッダは、善悪、正邪の普遍的な定義を提供した。

 

 

Any actions that harms others, that disturbs their peace and harmony, is a sinful action,
an unwholesome action. Any action that helps others, that contributes to their peace and
harmony, is a pious action, a wholesome action. Further, the mind is truly purified not by
performing religious ceremonies or intellectual exercises, but by experiencing directly the
reality of oneself and working systematically to remove the conditioning that gives rise to
suffering.

人を傷つける行為、人の心のやすらぎと調和を乱す行為、それがわるい行為である。人
を助ける行為、人の心のやすらぎと調和を高める行為、それがよい行為である。
そして、宗教儀式や教義の理解によって心が浄化されるのではなく、自分のほんとうの
現実をありのまま体験し、苦をもたらす心のくせを段階的に取り除いてゆくことに
よって、心は真に浄化される、というのである。

 

 

The Noble Eightfold Path can be divided into three stages of training: sǐla, samădhi, and
paňňã
. Sǐla is moral practice, abstention from all unwholesome actions of body and
speech. Samădhi is the practice of concentration, developing the ability to consciously
direct and control one’s own mental processes. Paňňã is wisdom, the development of
purifying insight into one’s own nature.

「聖なる八つの道」は、シーラ、サマーディ、パンニャーの三つの修行段階に分ける
ことができる。シーラは道徳の訓練であり、からだや言葉によるわるい行為をつつしむ
こと。サマーディは精神集中の訓練であり、自分の意思で心の方向を定め、自分の心を
コントロールする力をつけること。パンニャーは知恵であり、自分の心を浄化し、自己
の本質を見抜く力をつけることである。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約