しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

A life-or-death evacuation from Hiroshima (ヒロシマからの生死をかけた脱出)

f:id:englishforhappiness:20180806061024p:plain

On 3 August 1945, my father left Hiroshima for evacuation to Kumamoto, his parent’s
homeland. Then he was a high-school student and left alone by his parents because of
his attendance to school. He said that something inside him had told him to run away
and on the day he arrived at the destination, “death fell from the sky” in Hiroshima
as the ex-president Obama described in his historical speech.

1945年8月3日、私の父は広島の地を離れて、両親の故郷である熊本への疎開
向かいました。当時彼は旧制中学の学生で、学業のため一人残されていたのです。父の
言葉によれば、心の中で「逃げろ」と告げる声があり、目的地に到着したその日に、
広島には「死が空から降ってきた」のです。まさに、オバマ米大統領が歴史的な
スピーチの中で描写したように。

 

My father lost the precious things in his life――his house, his friends, and his dream of
entering university. This experience made my father an atheist. He has become to have
no faith in any religion which could not prevent this tragedy from happening. He only
believes in himself. One day he told me that he has no regret in his life, because he has
fully lived his life.

父は、人生において大切な数々を失いました。住んでいた家、友達、そして大学進学の
夢。この経験のおかげで、彼は無神論者になりました。この悲劇を食い止められ
なかった宗教が信じられなくなったのです。彼にとって信じられるものは自分しか
いません。ある日、私に言いました。「人生に悔いはない。俺は、充分に生きた」

 

Two years ago, he suffered brain infarction and has been hospitalized since then. I have
to admit that his days are numbered. I cannot tell the meaning of his life, but all I can tell
is that if he did not obey his inner voice in 1945, I would not be here in this world.
In a sense, my life has been a journey to search for the meaning of my life.

2年前に、父は脳梗塞にかかり、それ以来病院生活を送っています。もう先は長くない
と言わざるを得ません。父の人生の意味が何なのか、私にはわかりません。私にわかる
ことは、1945年のあの日、父が内なる声に従っていなかったら、私はこの世界に存在
していない、ということです。ある意味、私の人生は、自分が生きていることの意味を
探し続ける旅だったのです。

 

Since my father fell ill, I have become to read Buddhist books in English as much as
possible. I might expect that some answer would be surely given to me through the
teachings of Buddhism. One day, in a book entitled “no death, no fear” I learned that I am
made of my parents, put another way, I am a continuation of my father. This realization
really eases my mind anticipating my father’s departure. His element will be alive in me
and my element will be alive in my children on and on.

父が病気になってから、私はできるだけ多くの仏教関係の本を読むようになりました。
仏教の教えを通して、何らかの答えがきっと見つかるはずだと思っていたのです。
ある日、「死もなく、怖れもなく」という題名の本を読んで、自分という存在は両親が
形作っている、言い換えれば、私は父の連続体である、ということを知りました。この
悟りが、父の死を予感している私の心を楽にしてくれています。父は私の中で
生き続け、そして私は私の子どもたちの中でずっと生き続けるのです。