しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 続・禅と日本文化」その9。日本人の想像力に強く訴える、「朝顔の美しさ」とは? “Daisetz Suzuki: Zen and Japanese culture (rev.)” No.9――What is” the beauty of morning-glory,” which appeals very much to the Japanese imagination?

 

f:id:englishforhappiness:20191013065313j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。世界中で手に入れる
ことができる彼の名著(改訂版)をご紹介します。日本人の想像力に強く訴える、「朝顔
の美しさ」について解説――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world. I
introduce his masterpiece (revised version) which is available around the world. He gives
us commentaries on “the beauty of morning-glory,” which appeals very much to the
Japanese imagination――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

The morning-glory is one of the most common flowering plants in Japan. It is quite an art
in the cultivators to make the plant yield to their artistic treatment, and competitive
exhibitions take place early in summer everywhere in Japan. There are so many
changing conditions to be taken into consideration when one hopes for fine large flowers
on the vine.

朝顔は誰も知るように、日本で最も普通の花弁の一つである。この植物を技巧的な扱い
によって育てるのは、栽培者側から見ればまさに一つの芸術であって、初夏になると
日本のいたるところで、共進会が開かれる。見事な大輪の花を望む場合には、多くの
条件の変化を十分考慮に入れなければならぬ。

 

 

But ordinarily it will bloom profusely throughout the summer, over the country fences,
walls, hedges, and anywhere. The one peculiarity is that it blooms fresh every morning,
and there are never any of yesterday’s flowers. However splendid the flowers are this
morning, they fade even before noon of the same day. This evanescent glory has
appealed very much to the Japanese imagination.

だが、普通いたるところの田舎の垣根・土塀・生垣など一面におびただしく夏中咲く。
その一つの特異な点は、毎朝新しく開いて、昨日の花は一輪もないということだ。今朝
の花がいかに綺麗であっても、その日の午前には、もう凋(しぼ)んでいる。この
つかの間の美しさが、日本人の想像力に痛く訴えるのである。

 

 

I do not know whether this momentaristic tendency in Japanese psychology is in their
native blood or is due in some measure to the Buddhist Weltanschauung; but the fact is,
beauty is something momentary and ever-fleeting, and if it is not appreciated while it is
fully charged with life, it becomes a memory, and its liveliness is entirely lost. This is
exemplified in the morning-glory:

日本人の心理における、この瞬間的傾向が本来の血にあるのか、ある程度、仏教徒
世界観にもとづくものかは、自分にはわからないが、美は何か瞬間にして飛び去りゆく
ものであり、十分生命に充たされている間にそれを味わわなければ、ただの記憶と
なり、その生気はまったく失われる、というのは事実だ。このことが朝顔の花に例示
されるのである。

 

 

Each morn as the sun rises,

The flowers are newly fashioned,

Glorious in the first awakening to life;

Who says the creeper is short-lived?

It keeps on blooming so long.

朝顔

朝な朝なに

咲きかへて

盛り久しき

花にぞありけり

 

 

Beauty is ever alive, because for it there is no past, no future, but the present. You
hesitate, turn your head, and it is no more. The morning-glory must be admired at its first
awakening as the sun rises; so it is with the lotus. This is the way the Japanese people
have learned from Zen teaching how to love Nature, how to be in touch with the life
running through all objects including human beings.

美は過去も未来もなく、ただ、現在があるがゆえに、いつも生きているのだ。諸君が
ぐずぐずしていて、頭を他に転じると、もう美はない。朝顔は、陽の出るとともに
目覚める、最初のその姿を愛(め)でなければならぬ。蓮の花もそうである。こういう風
にして、日本人は禅の教えから、自然の愛し方を、人間をふくめた一切のものを貫く
生命との接触の仕方を、学んできた。

 

 

Zen and Japanese Culture (Bollingen Series (General) Book 334) (English Edition)

Zen and Japanese Culture (Bollingen Series (General) Book 334) (English Edition)

 

 

 

 

Japanese Buddhism

Japanese Buddhism

 

  

 

Zen and Japanese Culture (Audio Cassette)

Zen and Japanese Culture (Audio Cassette)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約