しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ホモ・デウス」の幸せになる読み方。その6。「間違いだらけの書物=聖書」を、なぜ多くの人々は信じているのか? Reading “Homo Deus: A Brief History of Tomorrow” for Happiness. No.6―Why do numerous people believe in “the Bible, the book which is full of errors”?

 

f:id:englishforhappiness:20200310051833j:plain

ここまで言っていいのか?という厳しい聖書批判。ユヴァル・ノア・ハラリの著書、
『サピエンス全史」「ホモ・デウス」などが、2000万部以上の世界的ベストセラーに
なっている理由の一つかも知れません――バイリンガルで、どうぞ。

A severe criticism of the Bible; Can it go this far? It might be one of the reasons why
Yuval Noah Harari’s books such as “Sapiens: A Brief History of Humankind” “Homo Deus:
A Brief History of Tomorrow,” have become the world best-sellers of over 20 million
copies――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

The religious establishment proclaims that the holy book contains the answers to all our
questions. It simultaneously presses courts, governments and businesses to behave
according to what the holy book says. When a wise person reads scriptures and then
looks at the world, he sees that there is indeed a good match.

既成宗教は、聖典には私たちのあらゆる疑問に対する答えが記されている、と宣言
する。そして、裁判所と政府と企業に同時に圧力をかけ、聖典の内容に沿って行動
させる。賢明な人が聖典を読み、それから世の中を眺めると、聖典と世の中が現に一致
しているのが見て取れる。

 

 

‘Scriptures say that you must pay tithes to God――and look, everybody pays. Scriptures
say that women are inferior to men and cannot serve as judges or even give testimony in
court――and look, there are indeed no women judges and the courts reject their
testimony. Scriptures say that whoever studies the word of God will succeed in
life――and look, all the good jobs are indeed held by people who know the holy book
by heart.’

聖典には、神に10分の1税を払わなければならないと書いてある。そして、ほら、
誰もが払っている。聖典には、女性は男性に劣り、裁判官を務めることはできず、法廷
で証言することさえできないと書いてある。そして、ほら、本当に女性の裁判官は
いないし、法廷は女性の証言を認めない。聖典には、神の御言葉を学ぶものは誰もが
人生で成功を収めると書いてある。そして、ほら、良い仕事はみな、本当に聖典
そらんじている人が占めている」

 

 

Such a wise person will naturally begin to study the holy book and because he is wise, he
will become a scriptural pundit and be appointed a judge. When he becomes a judge, he
will not allow women to bear witness in court, and when he chooses his successor, he will
obviously pick somebody who knows the holy book well. If someone protests that ‘This
book is just paper!’ and behaves accordingly, such a heretic will not get very far in life.

そのような賢人は、当然ながら聖典を学び始め、賢いから聖典の権威となり、裁判官に
任命される。そして、裁判官になると、女性が法廷で証言することを許さず、後任を
決めるときには、もちろん聖典に適している人を選ぶ。「この本はただの紙に
すぎない!」と抗議し、その言葉どおりに振る舞う人がいたとしたら、たちまち
行き詰るだろう。

 

 

Even when scriptures mislead people about the true nature of reality, they can
nevertheless retain their authority for thousands of years. For instance, the biblical
perception of history is fundamentally flawed, yet it managed to spread throughout the
world, and many millions still believe in it. The Bible peddled a monotheistic theory of
history, claiming that the world is governed by a single all-powerful deity who cares
above all else about me and my doings. If something good happens, it must be a reward
for my good deeds. Any catastrophe must surely be punishment for my sins.

たとえ聖典が現実の本質を偽るものだったとしても、何千年にもわたって権威を保つ
ことができる。たとえば、聖書の歴史観は根本的に間違っているが、それでも首尾良く
世界中に広まり、厖大な数の人が今なおそれを信じている。聖書は一神教の歴史理論を
信じ込ませようとし、世界は単一の全能の神によって支配されている、その神は私と私
の行ないを他の何よりも気遣う、と主張した。何か良いことが起これば、それは私の
善行に対する報いに違いない。どんな大惨事も、私の罪に対する罰と思って間違い
なかった。

 

 

Thus the ancient Jews believed that if they suffered from drought, or if King
Nebuchadnezzar of Babylonia invaded and exiled its people, surely these were divine
punishment for their own sins. And if King Cyrus of Persia defeated the Babylonians and
allowed the Jewish exiles to return home and rebuild Jerusalem, God in his mercy must
have heard their remorseful prayers.

だから古代のユダヤ人は、旱魃に苦しめられたり、バビロニアネブカドネザル
ユダヤに攻め込み、人々を連れ去ったりしたときには、自分たちの罪に対する神の罰に
違いないと考えた。そして、ペルシア王キュロスがバビロニア人を打ち負かし、
ユダヤ人たちが帰国してエルサレムを再建するのを許したのは、悔恨の祈りを神が
憐れんで聞き届けてくれたからに違いないと思った。

 

 

The Bible doesn’t recognize the possibility that perhaps the drought resulted from
a volcanic eruption in the Philippines, that Nebuchadnezzar invaded in pursuit of
Babylonian commercial interests and that King Cyrus had his own political reasons to
favor the Jews. The Bible accordingly shows no interest whatsoever in understanding the
global ecology, the Babylonian economy or the Persian political system.

聖書は、ひょっとしたらその旱魃フィリピン諸島の火山爆発によって引き起こされた
可能性や、ネブカドネザルバビロニアの商業的利益を追い求めて攻め込んできた
可能性、キュロス王が自らの政治的理由からユダヤ人に恩恵を施した可能性は
認めない。したがって聖書は、グローバルな生態環境やバビロニアの経済やペルシアの
政治制度を理解することには、いっさい関心を見せない。

 

 

Such self-absorption characterizes all humans in childhood. Children of all religions and
cultures think they are the center of the world, and therefore show little genuine interest
in the conditions and feelings of other people.

そのような自己陶酔は、幼少期の人間全員に共通する特徴だ。どんな宗教や文化の中で
育った子供も、自分が世界の中心だと考え、その結果、他の人々の境遇や心情に
関しては心からの関心をほとんど示さない。

 

 

That’s why divorce is so traumatic for children. A five-year-old cannot understand that
something important is happening for reasons unrelated to him. No matter how many
times mommy and daddy tell him that they are independent people with their own
problems and wishes, and that they didn’t divorce because of him――the child cannot
absorb it. He is convinced that everything happens because of him.

だから子供は親の離婚に深く傷つく。5歳児は、自分と無関係の理由で何か重大なこと
が起こっているのが理解できない。両親が、二人ともそれぞれ自分の問題や願望を持つ
独自の人間であることや、子供のせいで離婚したのではないことを何度説明しても、
その子には理解できない。彼は何事も自分のせいで起こると固く信じている。

 

 

Most people grow out of this infantile delusion. Monotheists hold on to it till the day
they die. Like a child thinking that his parents are fighting because of him, the
monotheist is convinced that the Persians are fighting the Babylonians because of him.

ほとんどの人は、この子供じみた妄想から抜け出す。だが、一神教の信者は死ぬまで
その妄想にしがみついている。自分のせいで両親が争っているのだと考えている子供と
同じで、一神教の信者は自分のせいでペルシア人バビロニア人と戦っていると確信
しているのだ。

 

 

Indeed, even today when US presidents take their oath of office, they put their hand on
a bible. Similarly in many countries around the world, including the USA and the UK,
witnesses in courts put their hand on a bible when swearing to tell the truth, the whole
truth, and nothing but the truth. It’s ironic that they swear to tell the truth on a book
brimming with so many fictions, myths and errors.

それどころか今日でさえ、アメリカの大統領が就任の宣誓を行うときには、片手を聖書
の上に置く。同様に、アメリカとイギリスを含め、世界の多くの国では法廷の証人は、
真実を、すべての真実を、そして真実だけを述べることを誓うときに、片手を聖書の上
に置く。これほど多くの虚構と神話と誤りに満ちた書物にかけて真実を述べると誓う
とは、なんと皮肉なことだろう。

 

  

 

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

 

 

 

 

 

 

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2015/04/30
  • メディア: ペーパーバック
 

  

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Audiobooks
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: CD
 

  

 

※ His latest work(最新作)

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約