しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

AIに私たちの人生を乗っ取られる前に知っておくべきこと。PartⅣ。「データ至上主義」で、人間は幸福になれるか?What we should know about before AI hijacks our lives. PartⅣ――Can humans become happy through “Dataism”?

f:id:englishforhappiness:20200326073832j:plain

「サピエンス全史」「ホモ・デウス」など、2000万部以上の世界的ベストセラーの
著者・ユヴァル・ノア・ハラリが、人間至上主義の代りに、現代科学の主流になった
「データ至上主義」の落とし穴について解説――バイリンガルで、どうぞ。

Yuval Noah Harari, who is the author of world best-sellers of over 20 million copies such
as “Sapiens: A Brief History of Humankind” “Homo Deus: A Brief History of Tomorrow,”
gives us commentaries on a pitfall of “Dataismt”, which has become the main stream of
modern science instead of humanism――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

A critical examination of Dataist dogma is likely to be not only the greatest scientific
challenge of the twenty-first century, but also the most urgent political and economic
project. Scholars in the life sciences and social sciences should ask themselves whether
we miss anything when we understand life as data processing and decision-making.

データ至上主義の教義を批判的に考察することは、21世紀最大の科学的課題であるだけ
でなく、最も火急の政治的・経済的プロジェクトにもなりそうだ。生命をデータ処理と
意思決定として理解してしまうと、何か見落とすことになるのではないか、と
生命科学者や社会科学者は自問するべきだ。

 

 

Is there perhaps something in the universe that cannot be reduced to data? Suppose
non-conscious algorithms could eventually outperform conscious intelligence in all
known data-processing tasks――what, if anything, would be lost by replacing conscious
intelligence with superior non-conscious algorithms?

この世界にはデータに還元できないものがあるのではないだろうか?意識を持たない
アルゴリズムが、既知のデータ処理課題のすべてにおいて、意識を持つ知能をいずれ
凌ぐことができるとしよう。その場合、意識を持つ知能を、意識を持たない優れた
アルゴリズムに取り替えることによって、失われるものがあるとしたらそれは
何だろうか?

 

 

Of course, even if Dataism is wrong and organisms aren’t just algorithms, it won’t
necessarily prevent Dataism from taking over the world. Many previous religions gained
enormous popularity and power despite their factual inaccuracies. If Christianity and
communism could do it, why not Dataism?

もちろん、たとえデータ至上主義が間違っていて、生き物がただのアルゴリズムでは
ないとしても、データ至上主義が世界を乗っ取ることを必ずしも防げるわけではない。
これまで多くの宗教は、事実に関して不正確だったにもかかわらず、途方もない人気と
力を得た。キリスト教共産主義にそれができたのなら、データ至上主義にできない
はずがあるだろうか?

 

 

If Dataism succeeds in conquering the world, what will happen to us humans? Dataism
will probably accelerate the humanist pursuit of health, happiness and power. Dataism
spreads itself by promising to fulfil these humanist aspirations. In order to achieve
immortality, bliss and divine powers of creation, we need to process immense amounts
of data, far beyond the capacity of the human brain. So the algorithms will do it for us.

データ至上主義が世界を征服することに成功したら、私たち人間はどうなるのか?
最初は、データ至上主義は人間至上主義に基づく健康と幸福と力の追求を加速させる
だろう。人間至上主義のこうした願望の充足を約束することによって、データ至上主義
は広まる。不死と至福と神のような創造の力を得るためには、人間の脳の容量を
はるかに超えた、途方もない量のデータを処理しなければならない。だから、
アルゴリズムが私たちに代わってそれをしてくれる。

 

 

Yet once authority shifts from humans to algorithms, the humanist projects may become
irrelevant. Once we abandon the homo-centric world view in favor of a data-centric
world view, human health and happiness may seem far less important. Why bother so
much about obsolete data-processing machines when far superior models are already in
existence?

ところが、人間からアルゴリズムへと権限がいったん移ってしまえば、人間至上主義の
プロジェクトは意味を失うかもしれない。人間中心の世界観を捨てて、データ中心の
世界観をいったん受け容れたなら、人間の健康や幸福の重要性は霞んでしまうかも
しれないからだ。はるかに優れたモデルがすでに存在するのだから、旧式のデータ処理
マシンなどどうでもいいではないか。

 

 

We are striving to engineer the Internet-of-All-Things in the hope that it will make us
healthy, happy and powerful. Yet once the Internet-of-All-Things is up and running,
humans might be reduced from engineers to chips, then to data, and eventually we
might dissolve within the torrent of data like a clump of earth within a gushing river.

私たちは健康と幸福と力を与えてくれることを願って「すべてのモノの
インターネット」の構築に励んでいる。それなのに、「すべてのモノの
インターネット」がうまく軌道に乗った暁には、人間はその構築者からチップへ、
さらにはデータへと落ちぶれ、ついには急流に呑まれた土塊(つちくれ)のように、
データの奔流に溶けて消えかねない。

 

 

Dataism thereby threatens to do to Homo sapiens what Homo sapiens has do to all other
animals. Over the course of history humans created a global network and evaluated
everything according to its function within the network. For thousands of years this
inflated human pride and prejudices.

そうなるとデータ至上主義は、ホモ・サピエンスが他のすべての動物にしてきたこと
を、ホモ・サピエンスに対してする恐れがある。歴史を通して、人間はグローバルな
ネットワークを創り出し、そのネットワーク内で果たす機能に応じてあらゆるものを
評価して来た。何千年もそうしているうちに、人間は高慢と偏見を募らせた。

 

 

Since humans fulfilled the most important functions in the network, it was easy for us to
take credit for the network’s achievements, and to see ourselves as the apex of creation. The lives and experiences of all other animals were undervalued because they fulfilled far
less important functions, and whenever an animal ceased to fulfil any function at all, it
went extinct.

人間はそのネットワークの中で最も重要な機能を果たしていたので、ネットワークの
功績を自分の手柄にして、自らを森羅万象の頂点と見なした。残りの動物たちが果たす
機能は重要性の点ではるかに劣っていたので、彼らの生命と経験は過少評価され、何の
機能も果たさなくなった動物は絶滅した。

 

 

However, once we humans lose our functional importance to the network, we will
discover that we are not the apex of creation after all. The yardsticks that we ourselves
have enshrined will condemn us to join the mammoths and Chinese river dolphins in
oblivion. Looking back, humanity will turn out to have been just a ripple within the
cosmic dataflow.

ところが、私たち人間が自らの機能の重要性をネットワークに譲り渡したときには、
私たちはけっきょく森羅万象の頂点ではないことを思い知らされるだろう。そして、
私たち自身が神聖視して来た基準によって、マンモスやヨウスコカワイルカと同じ運命
をたどる羽目になる。振り返って見れば、人類など広大無辺なデータフローの中の小波
にすぎなかったということになるだろう。

 


 

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

 

 

 

 

 

 

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus Low Price CD: A Brief History of Tomorrow

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2015/04/30
  • メディア: ペーパーバック
 

  

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Audiobooks
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: CD
 

  

 

※ His latest work(最新作)

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約