しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その1。効果抜群。ブッダの境地に最も近づく瞑想法とは?”The Art of Living: Vipassana Meditation” No.1――Exceptionally effective. What is the way of meditation through which you would be mostly close to the state of the Buddha?

f:id:englishforhappiness:20200529082147j:plain

以前このブログでご紹介した、「サピエンス全史」など全世界2000万以上の
ベストセラー作家、ハラル氏にも、絶大な影響をもたらした、S.N.ゴエンカ氏による
ヴィパッサナー瞑想」の解説本をご紹介します――バイリンガルで、どうぞ。

I would like to introduce the commentary book of “Vipassana Meditation” taught by S. N.
Goenka, who had the tremendous influence on Yuval Noah Harari, who is the author of
world best-sellers of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of
Humankind,” which I have already introduced in this weblog――more to come both in
English and in Japanese..

 

 

 

Whether the connotation is negative or positive, the common impression of meditation
is that it is a withdrawal from the world. Of course there are techniques that function in
this way. But meditation need not be an escape. It can also be a means to encounter the
world in order to understand it and ourselves.

瞑想については肯定的な見方と否定的な見方があるが、いずれにしても「俗世間から
離れる」というイメージがつよい。もちろん、出家という形もある。しかし、瞑想が
「逃げ」になるとはかぎらない。俗世間に立ち向かい、その現実と自分自身を理解する
ためのりっぱな手段ともなりうるのである。

 

 

Every human being is conditioned to assume that the real world is outside, that the way
to live life is by contact with the external reality, by seeking input, physical and mental,
from without. Most of us have never considered severing outward contact in order to see
what happens inside. The idea of doing so probably sounds like choosing to spend hours
staring at the test pattern on a television screen. We would rather explore the far side of
the moon or the bottom of the ocean than the hidden depth within ourselves.

人はみな、実世界は自分の外にあると考えがちである。外の世界とかかわって生き、
外の世界から物質的、精神的なものを自分の中に入力する、という考えがしみついて
いる。外の世界とのかかわりを絶って自分のなかで起こっていることを見つめる、などということはまずやらない。そういうことはテレビ画面に映るテストパターンを何時間
もながめるようなものだ、とでも思うのだろう。自分の奥底にかくれた部分を探索する
より、月の裏側や海底を探検したほうがましだと考えている。

 

 

But in fact the universe exists for each of us only when we experience it with body and
mind. It is never elsewhere, it is always here and now. By exploring the here-and-now of
ourselves we can explore the world. Unless we investigate the world within we can never
know reality――we will only know our beliefs about it, or our intellectual conceptions of
it. By observing ourselves, however, we can come to know reality directly and can learn to
deal with it in a positive, creative way.

しかし現実には、宇宙は自分のからだと自分の心でそれを実体験したときのみ存在
しうる。それ以外には存在しようがない。宇宙はいつも「いま、ここに」存在している
のである。「いま、ここに」存在する自分を深く見つめてゆくと、そこにありありと
宇宙を実体験することができる。自己の内なる世界をじかに感じ取らなければ、
ほんとうの現実を知ることはできない。現実はこうだと思うだけ、ただ頭でわかる
というだけである。自分自身を見つめてゆけば、現実をまるごと、あるがまま感じ取る
ことができる。そして、その現実に対して前向きに、思いのままに対処してゆけるよう
になる。

 

 

Vipassanã means “insight” in the ancient Pãli language of India. It is the essence of the
teaching of the Buddha, the actual experience of the truths of which he spoke. The
Buddha himself attained that experience by the practice of meditation, and therefore
meditation is what he primarily taught. His words are records of his experience in
meditation, as well as detailed instructions on how to practice in order to reach the goal
he had attained, the experience of truth.

ヴィパッサナーとはインドの古語であるパーリ語で「洞察」という意味をもつ。
ヴィパッサナーはブッダの教えの真髄、ブッダが説く「真理の実体験」である。ブッダ
自身、瞑想をおこなって真理を体験しており、瞑想こそがその教えの根幹といえる
だろう。ブッダの言葉は瞑想体験の記録であり、真理の体験というゴールに到達する
ための修行方法をくわしく説いたものである。

 

 

At a certain point meditators learn to make effortless efforts, to maintain a relaxed
alertness, a detached involvement. Instead of struggling, they become engrossed in the
practice.

瞑想をつづけていると、あるときから力まずに精神集中ができるようになる。
リラックスしながらも心をとぎすまし、すこし離れたところから自分を観察できるよう
になる。それまでは四苦八苦していたのに、しだいに瞑想にのめり込んでゆく。

 

 

The hours pass quickly, unnoticed. The mind becomes as calm as a mountain lake at
dawn, perfectly mirroring its surroundings and at the same time revealing its depths to
those who look more closely. When this clarity comes, every moment is full of
affirmation, beauty, and peace.

あっという間に時間が流れてゆく。心は夜明けの山奥の湖のように静まりかえり、周囲
の景色をあますところなく映す鏡のようになる。近づいて湖をのぞき込むと、深い底
まで見える。ここまで心が澄んでくると、一瞬一瞬がじつにたしかなものになり、
美しく、やすらいで感じられる。

 

 

The meditator finds that whatever mental strength was gained during the course,
whatever was learned, can be applied in daily life for one’s own benefit and for the good
of others. Life becomes more harmonious, fruitful, and happy.

心はつよく、かしこくなる。それを自分の幸福のためだけでなく他の人々の幸福のため
にも、日々の暮らしに生かすことができる。人生はよりおだやかで、満ち足り、幸福な
ものになるだろう。

 

 

Certainly the technique agrees with the instructions of the Buddha on meditation, with
the simplest, most literal meaning of his words. And most important, it provides results
that are good, personal, tangible, and immediate.

ヴィパッサナー瞑想方はブッダの説く瞑想法とたしかに合致する。ブッダの言葉が原義
のまま、文字どおり当てはまる。そして、いちばん重要なことだが、実際にすばらしい
結果が得られるのである。瞑想の効果は、それぞれの人によって内容はちがうが、
たしかに、すばやい。

 

 

This book is not a do-it-yourself manual for the practice of Vipassana meditation, and
people who use it this way proceed entirely at their own risk. The technique should be
learned only in a course where there is a proper environment to support the meditator
and a properly trained guide. Meditation is a serious matter, especially the Vipassana
technique, which deals with the depths of mind. It should never be approached lightly or
casually.

この本はヴィパッサナー瞑想法の独習書ではない。読者がそのように使っても責任は
負えない。この瞑想法を学びたければ、それなりの環境がととのい、きちんとした
指導者のいるコースに参加してほしい。瞑想はシリアスな行である。とくに
ヴィパッサナー瞑想法は心の奥底に触れるので慎重におこなわなければならない。
なまはんかな気持ちや、遊び心でやるべきではない。

 

 

If reading this book inspires you to try to Vipassana, you can contact the addresses listed
at the back to find out when and where courses are given. The purpose here is merely to
give an outline of the Vipassana method as it is taught by S. N. Goenka, in the hope that
this will widen the understanding of the Buddha’s teachings and of the meditation
technique that is their essence.

この本を読んでヴィパッサナー瞑想法をやってみようと思われたならば、巻末に紹介
した日本ヴィパッサナー協会に連絡をとり、コースの場所や日程などについてたずねて
ほしい。この本の目的は、S・N・ゴエンカが指導するヴィパッサナー瞑想法の
あらましを紹介し、ブッダの教えとその真髄である瞑想行をできるだけ多くの人に理解
してもらうことにある

 

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約