しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その3。その場にいたキリスト教徒を驚かせた、ダライ・ラマの宗教間対話へのアプローチとは? “Dalai Lama: The Good Heart” No.3――What was the Dalai Lama’s approach to the interfaith dialogue, which surprised the Christians there?

 

f:id:englishforhappiness:20200902004121p:plain

f:id:englishforhappiness:20200902004147p:plain

仏教徒によってキリスト教徒の信仰が深められる――ダライ・ラマの宗教間対話への
アプローチから私たちが学べることとは?――解説を、バイリンカルで、どうぞ。

A Buddhist could help Christians deepen their faith――What could we learn from the
Dalai Lama’s approach to the interfaith dialogue?.――more to come both in English and
in Japanese.

 

 

 

Another aspect of modesty in regard to the Dalai Lama’s approach was his saying that he
knew little about Christian Scriptures or theology, but that he was eager to learn. He
hoped he would give no offense, and he certainly did not want to shake the faith of the
Christians taking part in the Seminar.

ダライ・ラマのアプローチにはさらにもう一つ、謙虚な側面があった。それは、
ダライ・ラマが最初に、自分はキリスト教の聖書や神学はほとんど知らないが、
学びたいと思っている、と発言したことだった。だれの感情も害さないといいが、とも
言い、セミナーに参加しているクリスチャンたちの信仰を揺るがすことはしたくない
とも言った。

 

 

It is not easy to admit a lack of knowledge because it makes us seem vulnerable, less
interesting or less powerful. If knowledge is power, ignorance is weakness. But when we
do admit the limitations of our knowledge at the beginning of a dialogue, several things
are set free.

知識がないことを認めるのはたやすいことではない。認めれば、弱く見られる。面白い
と思われなくなる、力も失う。知識が力だとするならば、無知は弱さだ。だが、自分の
知識の限界を対話の最初に認めれば、得られることもいくつかある。

 

 

One of them is trust. People are not afraid of being manipulated or persuaded; they can
begin to let down their defenses. An admission of inexperience must, therefore, be one
of the first steps in nonviolence.

一つは、信頼だ。聞く側に、巧みな話者に操縦されてしまうのではないか、説得されて
しまうのではないかという怖れがなくなり、身構えて話を聞く人もいなくなる。
つまり、経験のないことを認めることは、非暴力の最初のステップの一つであるに
違いない。

 

 

Another quality liberated by this humility in dialogue is spontaneity. If you are free from
the need to show how clever or learned you are――the temptation of scholars in
dialogue――then you are free to respond immediately and freshly to what is before you.

さらにもう一つ、対話においてどこまでも謙虚であることによって、自発性の力が
解き放たれる。自分はどれだけ賢いか、どれほどの博識があるかを見せる必要が
なければ――学者は対話に臨むとついこういう態度をとりがちなのである――自分の前
にあるものについて即座に、そして新鮮な気持ちで反応できるようになる。

 

 

This is precisely what happened at The Good Heart. The Dalai Lama did not know much
“about” the Gospels. But he did know a great deal through his Buddhist learning, his
monastic training, and his own spiritual evolution. And this knowledge allowed him to
respond to Christian symbols and ideas as if he actually knew them very well indeed.

これこそまさに、『善き心』で起こったことだった。ダライ・ラマは『福音書
そのものについてはあまり知らなかった。だが、彼は仏教徒としての勉学や、寺院に
おける修行や、自分自身の霊的な成長を通して、すでにそこに書かれていることに
ついて、たくさんのことを知っていた。そして、この知識をもって、まるで前から
とてもよく知っていたことに対するかのように、キリスト教の象徴や観念に反応したの
だった。

 

 

As a result of this, the Christians at the Seminar were surprised to discover that
a Buddhist was helping them understand and discover in new ways the stories and texts
that had been familiar to them perhaps since childhood. The Dalai Lama has often made
it clear that he does not advise anyone to change their religion――although he does
respect an individual’s right to make his choice. Better, he says, to rediscover the deeper
meaning and power of your own religious tradition.

この結果、セミナーに参加したクリスチャンは、仏教徒によって、子どもの頃から
親しんだ物語やテキストの理解が深められ、新しい方法で発見できたことに驚いた。
ダライ・ラマは何度も、自分の宗教は変えない方がいい――変える権利はもちろん
認めるが――と明言した。それよりも、自分の育った伝統にある宗教のより深い意味と
力を再発見する方がいい、と彼は言う。

 

 

It was surprising to find that a Buddhist could help Christians deepen their faith, and
clarify it in the very process of contrasting it with Buddhist belief――even when there
were clear conflicts or untranslatable ideas between the two. This was only possible
because the dialogue was exploratory, not declamatory.

仏教徒によってキリスト教徒の信仰が深められるとは、驚きだった。そして、仏教の
信仰と比べるというまさにその過程において――仏教徒キリスト教の間に明らかな
対立や置き換え不能な観念があることがわかったときでさえ――クリスチャンとしての
信仰がより明らかになった。これは、対話が演説口調の大げさなものではなく、探究的
なものだったからこそ、可能になったことだった。

 

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

  

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約