しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その23。仏教の教えの核心を一言でいうと? “Dalai Lama: The Good Heart” No.23―How do you summarize the essence of the Buddhist teachings?

 

f:id:englishforhappiness:20201012082521p:plain

ダライ・ラマの通訳、トゥプテン・ジンパ氏が、さらに深く仏教を理解するための解説
をしています。まずは、「仏教の教えの核心」に関するダライ・ラマの言葉から――
バイリンガルで、どうぞ。

Thupten Jinpa, Dalai Lama’s translator, gives us commentaries for deeper understanding
of Buddhism. First, on Dalai Lama’s words in terms of the “essence of Buddhist
teachings.” ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

When asked to summarize the essence of the Buddhist teachings, His Holiness the Dalai
Lama always has a simple answer: “Help others if you can; but if you cannot, at least
refrain from harming others.” This, of course, is the central teachings of the Buddha.

仏教の教えの核心を一言で教えてほしいと請われると、ダライ・ラマはいつでもこう
答えています。「他人のために尽くしなさい。もし、それができないのなら、
少なくとも他人を害してはいけません」。これこそが、ブッダの中心的な教えです。

 

 

Needless to say, at this level there is no real difference between the teachings of the
Buddha and those of Jesus Christ. Both teach a path to salvation through compassionate
service to others; both expound a way of transcending the narrow confines of
self-centered existence; and both acknowledge the presence of a seed of spiritual
awakening within us all.

言うまでもないことですが、ここには、ブッダの教えもイエス・キリストの教えも違い
はないのです。お二人とも、他人に慈悲の心をもって尽くすことが救いへの道であると
説いています。また、お二人とも、自己中心的な人生の狭さや限界を超える方法を
説き、私たちすべての中に、すでに霊性への目覚めへの種子が蒔かれている、と教えて
います。

 

 

Yet, in another sense, there is a need for an appreciation of the distinctness of each path.
If nothing else the differences of language, imageries, and underlying cultural and
historical conditions demand a recognition of their separate identity. We must not let
diversity alienate us from the common core, nor must we allow similarities to obliterate
the distinct lines.

しかし、同時にそれとは別の意味で、たがいの道の違いにも目を向けなければならない
でしょう。言語やイメージや土台となっている文化や歴史的条件の違いだけを見ても、
それぞれが別のものであると認識しなければならない必要を教えています。つまり、
一方で違いがあるといってそこに共通の核があることを忘れてはならないと同時に、
似た点があるからといって明確な違いをおおい隠してしまってはならないのです。

 

 

So, what is Buddhism? Of course, we could simply state the obvious: Buddhism is the
religion of the Buddha. It is, however, important that by doing so we do not give the false
notion that there is a homogeneous tradition called “Buddhism” with a unitary system of
beliefs and practice.

では、一体、この仏教とは何なのでしょうか? もちろん、仏教をブッダの宗教である、
と一言で言い切ることも可能でしょう。しかし、単一の信仰とシステムをもつ、
「仏教」という均質な宗教などがあるわけではありません。

 

 

Like any major spiritual tradition of the world, Buddhism has over time evolved into many
different lineages――all of which share the same banner of “the teachings of the
Buddha.” All of these schools trace their evolution to the teachings of Gautama Buddha,
who is also known as Buddha Shakyamuni, the so-called historical Buddha who lived
sometime around the sixth century B.C.

世界のほかの主要な宗教と同じように、仏教も「ブッダの教え」を同じ旗印に
しながらも、長い間にはたくさんの異なる流れに、分裂をしてきました。しかし、どの
派もすべて、紀元前六世紀頃に生きていた、いわゆる歴史上のブッダである
シャカムニ・ブッダまたはゴータマ・ブッダの教えをその源としていることに、かわり
はありません。

 

 

The Buddha taught a path to freedom from suffering that involves a deep understanding
of the nature of existence. He saw the condition of existence in terms of a perpetual cycle
of dissatisfaction and believed that the key to ending this cycle lies in an insight into its
true nature.

ブッダは、生存の本性を深く理解することによって、苦しみから解放される道を
教えました。ブッダは、生存は永遠に満足が得られることのない循環の中におかれて
いると見抜き、そこから逃れる鍵は生存の本性への洞察以外にはない、と確信したの
でした。

 

 

For the Buddha, an understanding of the dynamics of cause, condition, and effects is
critical to an individual’s spiritual quest. Nothing comes into being without a cause, and
when all the conditions are created, there is nothing that can prevent the consequence.

ブッダにとっては、原因と条件と結果の力学を理解することが、一人一人の霊性の探求
に、きわめて重要な意味を持っていました。原因なしには何ものも存在しません。
そして、すべての条件が整えば、その結果として起きることを阻むことなどは、誰にも
できません。

 

 

According to the Buddha, the principal cause of our own perpetual cycle of suffering is
our deeply ingrained clinging to the sense of a permanent “self.” This grasping gives rise
to a host of defilements――especially attachment, hatred, and ignorance――creating
the basis for a confused psychological and emotional life.

ブッダによれば、私たちの永遠の苦しみの循環をもたらしている主な原因は、私たちが
永続する「自己」の感覚に、深く執着し、しがみついていることからもたらされます。
こういうしがみつきから、執着や憎しみや愚かさのような、さまざまな汚染が発生し、
そのために私たちは、心理的・感情的に、混乱した人生を送ることになって
しまいます。

 

 

Attachment toward those whom we perceive to be close to this “true me” and aversion
toward those whom we think threaten the well-being of this “self” become the mode of
our interaction with fellow beings. This, in turn, leads to deeds that are detrimental to
both self and others. The true path to freedom lies in the development of insight into the
absence of such a permanent “self.”

そして、「本当の私」なるものにとって親密だと思う人たちに執着し、この「私」の
幸福を脅かすと思う人たちを嫌悪することが、他人との関係の基本姿勢となってしまう
のです。これがひいては、自分にとっても他人にとっても有害な行為へと、私たちを
導くことになります。自由への真実の道は、そのような永続する「私」などというもの
はない、という洞察を深めていくことから、もたらされます。

 

 

 

My first anthology will be published soon.
Please pre-order it from Amazon if you are interested in.

私の初めての詩集がまもなく出版されます。
興味のある方は、アマゾンで予約して下さい。

 

 

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

   

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約