しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その6。ブッダにとって「神」とは何か? “Dalai Lama: The Good Heart” No.6――What was “God” for the Buddha?

 

f:id:englishforhappiness:20200908110800j:plain

ブッダは「神」について、どのように考え、感じていたか?――解説を、バイリンカル
で、どうぞ。

What did the Buddha think of “God,” and how did he feel about it? ――more to come
both in English and in Japanese.

 

 

 

God was not a part of the Buddha’s idea of liberation. He felt that questioning and
pondering the existence and nature of God did not help the practical work of freeing
oneself from ignorance. Like Jesus, he attacked ritualism and the empty religiosity that
requires intense belief and polemic about God for its survival.

ブッダの説いた解脱の観念には、神は関係していなかった。ブッダは、神の存在やその
性質を問い、いくら神について思索してみても、人を無知から解放する助けには
ならないと感じていた。イエスのように、ブッダは、儀式偏重主義や、頑固な信念と神
をめぐる論争がつきものの狂信的信仰を批判した。

 

 

Still, the Buddha did not reject the concept of God. He was simply silent about it. His
silence was neither agnostic nor atheistic. It is a significant approach to the question, the
mystery of God.

ブッダは神の概念を拒否はしなかった。ただ沈黙を守りとおしただけだ。ブッダの沈黙
は、不可知論的でもなければ、無神論的でもない。神の神秘という問題への、これは
豊かな意味にあふれたアプローチであったのだ。

 

 

The Buddha’s approach may be somewhat different from that of many Christian saints,
mystics, and theologians, but it would certainly understandable to many of them. Saint
Augustine doubtlessly believed in God, but he was also sure that God is unknowable to
the thinking mind alone. “If you can understand it,” he said, “then it is not God.”

ブッダのアプローチは、キリスト教の聖者や神秘家や神学者たちの多くのアプローチ
とは異質なものだったが、彼らにも理解はされるものだっただろう。
アウグスティヌスが神を信じていたことは疑いもないことであるが、神は思考する
知性だけでは知られるものではないことを確信していた。「もし理解できるので
あれば、それは神ではない」と、聖アウグスティヌスは語っている。

 

 

The most systematic and cataphatic of theologians, the great Thomas Aquinas said that
all we can say about God is that God is, not what God is. Toward the end of his life, after
a transforming mystical experience, Aquinas dismissed all he had thought and written as
straw.

もっとも体系的でカタファティック(※宗教体験を言葉で表現できるとする派)な神学者
であるトマス・アクィナスは、神について私たちが言語で言えることは、神が「存在
する」ことだけであり、神が「何である」かではないとしている。アクィナスは生涯の
終わりに神秘的な変容体験をして、それまでに自分が考えたこと、書いたものを、
とるに足りないものとして捨て去った。

 

 

The eightfold path and the Ten Commandments or the Beatitudes illuminate the path of
daily practice we all tread toward this time-devouring and thought-transcending
experience. As the Dalai Lama frequently points out, it is the nature of these paths to
require deep personal commitment and concentration.

私たちはみな、多大なる時間を注いで、思考を超えたこの体験に向かって歩いている。
そのとき、「八正道」と「十戒」と「八福」が、その道を照らしてくれるのだ。
ダライ・ラマがよく言うように、全身で深く関わること、集中することが必要なのは、
これらの道そのものの性質によるものなのである。

 

 

The paths themselves are the external training required for an even deeper
commitment――that of the practice of meditation itself. While each path can help to
illuminate the other, and while each leads to the silence inherent in a mind whose
activities have been stilled, they are still separate ways to be followed with dedication,
fidelity, and single-mindedness.

これらの道はそれ自体、より深い関わり方――瞑想修行という関わり方そのもの――に
必要な訓練なのだ。どの道もたがいを啓発することができ、どれも活動が静まった心に
内在している沈黙へと導いてくれるが、それでもそれらは別々の道であり、それぞれ
献身と忠実と集中をもって歩まなければならない。

 

 

To love one’s own tradition and religion is perhaps a requirement of the spiritual life, and
it is certainly a prerequisite for loving other paths and traditions. It is no more fanatical to
love your own Christian or Buddhist tradition than it is to love the place where you were
born or the home in which you live,

自分自身の伝統や宗教を愛することが、たぶん霊的生活には必要なものであり、他の道
や伝統を愛するためにも、それが前提条件となっていることは、たしかだ。自分自身が
そのなかで育てられてきたキリスト教の伝統や、仏教の伝統を愛することは、自分の
生まれた場所や住んでいる家を愛することとかわりなく、いささかも狂信的などでは
ない。

 

 

However, love of country can become a jealous and exclusive nationalism, fearful of
foreigners. And love of religion can create bigotry. But neither has to degenerate in this
direction The serious inner practice of silence and stillness, overcoming the egotistical
forces of self-centeredness, allows us to remain deeply rooted in the soil of our tradition,
while openly branching outward and upward into the great spaces of truth.

しかし、国への愛情は、外国人に対する怖れの感情を生み、嫉妬にみちた排他的な
ナショナリズムになりうる。そして、宗教への愛情は、偏狭さをも生み出しうる。
だが、そのどちらも、このやり方でなら防ぐことができる。沈黙と平静を真剣に内的な
修行として実行すれば、自己中心的な考えを克服して、自分の伝統という土壌に
しっかり根ざしながら、真理という大きな空間に向かって、枝を思いきり広く高く
伸ばすこともできるのだ。

 

 

 

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

  

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約