しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その22。宗教と「幸福」の関係について。“Dalai Lama: The Good Heart” No.22― About relationship between religion and “happiness.”

 

f:id:englishforhappiness:20201010142628j:plain

 

たとえば仏教など宗教の修行を実践することが、「幸福」につながるのでしょうか?
このブログの最大の関心事でもある、この問題に関して、ダライ・ラマが解説して
います――バイリンカルで、どうぞ。

Will conducting religious practice such as Buddhist one lead to “happiness”? This issue,
which is also the prime concern of this weblog, is given commentaries on by Dalai
Lama――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

There are just over five billion people on this planet; generally speaking, we could divide
this vast humanity into three categories: those who are believers and spiritual
practitioners: those who are not only non-believers, but are actually anti-religious; and in
third category, those who are not necessarily religious practitioners, yet they have no
particular antagonism toward religion. They are in a state of indifference. However, all
three types of people are fundamentally equal in that everyone has the natural instinct
and desire to be happy and to overcome suffering.

地球には五十億を超える人々がいます。おおまかにいって、これだけたくさんの人たち
を、三つのカテゴリーに分けることができるでしょう。信仰を持って、霊性の修行に
励んでいる人々。信仰を持たないだけでなく、宗教に否定的な人々。三つ目は、宗教を
信じているということでもないが、宗教というものに反感を抱いているのでもない、
という人々です。ようするに無関心なのですね。しかし、この三種類の人々は、根本的
にはみな同じで、誰もが幸せを求め、苦しみを克服したいという本能を持っています。

 

 

If a practitioner or a believer needs a point of contrast, he or she should not compare
themselves with the third group. Instead, they should compare themselves with the
second category, the people who are antireligious――those who not only do not believe
but think religion is irrelevant and false. You should compare your life with those in the
second category and see whose life reflects more contentment and happiness.

もし、宗教を信じ、修行している人が、自分のことをだれかと比べたいというのなら、
三番目のグループと比べてはなりません。比べてみるのなら、二番目のアンチ宗教
という人々です。この人たちは信じないだけでなく、宗教は時代遅れで偽りだと思って
います。その人たちのことを思って、どちらの人生がより満足できる、幸福なものか
考えてみるのです。

 

 

Of course, in certain aspects, those people who will do anything in order to achieve their
goal may appear to be more successful. But, in the long run, one should judge the
success of a lifestyle by the quality of life and the individual’s peace of mind. A life bereft
of a spiritual dimension generally leaves less room for inner tranquility.

もちろん、ある面では、目標を達成するためには「何でも」するという人たちの方が、
成功したように見えるかもしれません。しかし、結局のところ、成功したかどうか
なんて、その人が実現している生活の質や、その人が実現できている心の平和で、判断
するものです。霊的な側面のない人生には、心の平安は少ないものです。

 

 

Look at the leaders of the former Soviet Union and China. Of course both leaders want to
be happy, as we all do! But everyone adopts a certain method, and according to the
method of these leaders, they feel religion is poison. In the other category, the first
category, people also have the desire to seek happiness but have adopted religion as
their method. Here we see the true practitioners――not those who merely claim to
believe and practice a religion, for whom religion does not actually play an important
role in life.

以前のソ連や中国の指導者たちを見てごらんなさい。もちろん、あの指導者たちも、
わたしたち全員と同じように、幸福を望んでいました。でも、彼らのとった方法は
私たちのものとは違っていました。彼らの方法にとって、宗教は毒です。さて、最初の
カテゴリーの人たちも幸福を求めますが、宗教をその実現のための方法として選択
しました。この人たちこそ、真の修行者です。ここで注意しなければいけないのは、
信じて修行している人たちでも、宗教が実際にその人の生活の重要な部分となって
いない人たちは、真の修行者とは申せません。

 

 

When we compare the two categories, we will definitely find that the life of the true
practitioner reflects greater happiness, tranquility, and peace. And even in society in
general, I am sure these people will be accorded greater trust and respect.

こうして、二つのカテゴリーを比べると、真の修行者の生活の方がより幸福で、
穏やかで、平和だと気づくに違いありません。一般の社会の中でも、この人たちの方が
信頼と尊敬を受けていると思います。

 

 

Thinking along these lines will help you see how worthwhile it is to include religion and
some form of spirituality in your life. This is like a point of comparison that you make
with others to strengthen your conviction. It is also helpful occasionally to compare your
own experiences with scriptures. In this way, gradually and slowly, you will eventually be
able to see the deeper value of spirituality. The greater the conviction, the greater
enthusiasm you will have, and also the greater force in “moving forward.”

こう考えると、宗教や何らかのかたちの霊性を自分の生活に取り入れることが、
どれほど価値のあることか、わかるのではありませんか。自分の確信を深めるために、
他人と比べてみるのです。また、ときどきは自分の体験を経典と比べてみることも
ためになるでしょう。こうして、少しずつ、ゆっくりと、霊性の深い価値が見えるよう
になっていくのです。確信が深ければ深いほど、熱意を持つことができるでしょうし、
「前に進もう」とする力も大きくなります。

 

 

 

My first anthology will be published soon.
Please pre-order it from Amazon if you are interested in.

私の初めての詩集がまもなく出版されます。
興味のある方は、アマゾンで予約して下さい。

 

 

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

   

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約