しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ティク・ナット・ハン:生けるブッダ、生けるキリスト」。その2。仏教徒とキリスト教徒が、おたがいにわかり合うための前提条件とは? “Thich Nhat Hanh: Living Buddha, Living Christ” No.2―What is a prerequisite for mutual understanding between Buddhists and Christians?

f:id:englishforhappiness:20201018082740j:plain

ティク・ナット・ハンの著作に、たびたび登場する言葉「インタービーイング
(相互共存)」。これこそが、仏教徒キリスト教徒が、おたがいにわかり合うための
前提条件――解説を、バイリンガルで、どうぞ。

Thich Nhat Hanh often refers to the word “interbeing” in his books. This is just
a prerequisite for mutual understanding between Buddhists and Christians――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

When we look into the heart of a flower, we see clouds, sunshine, minerals, time, the
earth, and everything else in the cosmos in it. Without clouds, there could be no rain, and
there would be no flower. Without time, the flower could not bloom. In fact, the flower is
made entirely of non-flower elements; it has no independent, individual existence. It
“inter-is” with everything else in the universe.

一輪の花を深く見つめてみたら、雲や陽光、鉱物、時間、大地、そして宇宙のなかに
あるすべてのものさえ見えてきます。雲がなければ、雨は降らず、雨が降らなければ、
花は咲かないでしょう。もしも時間というものがなければ、花は開花することが
できません。実際、花は花以外のすべてからできているのです。この世にそれ自体で
独立して個として存在しているものはひとつもありません。この花は宇宙に存在する
他のすべてのものと「インタービー(相互共存する)」しているのです。

 

 

Interbeing is a new term, but I believe it will be in the dictionary soon because it is such
an important word. When we see the nature of interbeing, barriers between ourselves
and others are dissolved, and peace, love, and understanding are possible. Whenever
there is understanding, compassion is born.

インタービーイングとは最近の造語ですが、すぐに新語として辞書にとり入れられると
私は信じています。この言葉は本当に大切な言葉だと私は思うからです。
インタービーイングの本当の意味を理解できたならば、私たち自身と他者とのあいだに
立ちはだかる障壁は消え、平和と愛と理解が可能になります。理解する心が
芽生えたら、慈愛が生まれます。

 

 

Just as a flower is made only of non-flower elements, Buddhism is made only of
non-Buddhist elements, including Christian ones, and Christianity is made of
non-Christian elements, including Buddhist ones. We have different roots, traditions, and
ways of seeing, but we share the common qualities of love, understanding, and
acceptance. For our dialogue to be open, we need to open our hearts, set aside our
prejudices, listen deeply, and represent truthfully what we know and understand.

ちょうど一輪の花が花でないすべての要素からできているように、仏教もまた、
キリスト教の要素も含めた仏教以外のすべての要素からできているのです。私たちは
ルーツや伝統、そして物の見方もみな違っていますが、同時に愛や理解、受容の心
といった共通する資質も持っています。対話の扉を開くためには、まず心を開き、偏見
を脇において、深く相手の言葉を聞き、そこから了解したこと、理解したことを心を
こめて現わしてみることです。

 

 

To do this, we need a certain amount of faith. In Buddhism, faith means confidence in our
and others’ abilities to wake up to our deepest capacity of loving and understanding. In
Christianity, faith means trust in God, the One who represents love, understanding,
dignity, and truth.

これを実行するためには、ある程度の信 (仰) が必要です。仏教でいう信とは、自己の
なかにも他者のなかにも、愛と理解をめざめさせる大きな力が秘められているという
ことへの深い信頼を意味します。キリスト教における信仰とは、愛と理解、荘厳にして
真実なるものを代表する大いなる一者の存在を信じることを意味しています。

 

 

When we are still, looking deeply, and touching the source of our true wisdom, we touch
the living Buddha and the living Christ in ourselves and in each person we meet.

私たちが鎮まり、深く見つめて、真実の叡智の源に触れるならば、生きて、いま、ここ
にある仏陀、私たちのなかで息づくキリストをみずからのなかにも、私たちが出会う
すべての他者のなかにも見いだし、それと触れあうことができるのです。

 

 

My first anthology will be published soon.

Please pre-order it from Amazon if you are interested in.

私の初めての詩集がまもなく出版されます。

興味のある方は、アマゾンで予約をお願いいたします。

 


 

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

Yet The Sky Is Blue それでも空は青い

  • 作者:本田つよし
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

Living Buddha, Living Christ (English Edition)

Living Buddha, Living Christ (English Edition)

 

 

  

生けるブッダ、生けるキリスト

生けるブッダ、生けるキリスト

 

 

Living Buddha, Living Christ

Living Buddha, Living Christ

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約