しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 実践の書」その8。今日からできる。心の平和を得るためのヒント。

f:id:englishforhappiness:20180612065251j:plain

仏教では、人生における苦しみから解放され、心の平和を獲得するための実践方法が
いくつも説かれています。その中でも有名なのが瞑想ですが、最近では「マインドフル
ネス(気づき)」につながるノウハウとして解説本が数多く出版されていることは
ご承知のとおりです。「ダライ・ラマ 実践の書」でも、瞑想に関する詳しい記述が
あるのですが、あまりに本格的すぎて、正直に言って、とっつきやすいものでは
ありません。興味のある方は、ご自分で一読されることをおすすめしますが、この
ブログでは、瞑想以外に、ストレスを取り除いて心の平和を獲得するためのやり方を
ご紹介しておきます。

 

■Consider trouble from a broader perspective. If someone accuses you, rather than
lashing out, imagine that this accusation loosens the chains of your own self-cherishing,
and thereby enhances your ability to care for others.

■広い視野から悩み事を考えてみることです。もし誰かに何かのことで、悪口を
いわれたというよりも、きつく責められたとします。そこでくよくよ悩むのではなく、
この叱責は自分の自己中心的な鎖をゆるめ、それによって他者に気づかいをすることの
できる能力を高めてくれる絶好の機会なのだ、と考えてみるのです。

 

Reframe bad circumstances as forces assisting your spiritual development.
This technique is difficult to implement but very powerful when you succeed.

自分の置かれた悪しき環境をただ嘆くのではなく、それを自らの精神的発達を促して
くれる力のもとなのだ、と考え方を変えてみるのです。この技法を実行するのは
むずかしいかもしれませんが、うまくいくとたいへん力強い成果が得られます。

 

■When you are jealous or wish harm on an enemy, instead of stewing over that person’s
bad qualities, reflect on his or her attributes. Most people are a mixture of good and bad
qualities――it is hard to find anyone who is bad in all respects.

■敵に警戒心を抱き、あるいは害を与えてやろうと思うとき、その人の悪しき素行に
気をもむかわりに、その人のもつ特質をじっくりと観察してみることです。ほとんどの
人間は良い性質と悪い性質を併せもっています。あらゆる面からみて悪のみという人は
見出しがたいものです。

 

How To Practise: The Way to a Meaningful Life

How To Practise: The Way to a Meaningful Life

 

  

ダライ・ラマ実践の書

ダライ・ラマ実践の書

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約