しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「幸福優位7つの法則」その5。職場で、家庭で。「幸福感が生じやすい」環境づくりとは?

 

f:id:englishforhappiness:20180913062521j:plain

幸福感が成功をもたらすとすれば、毎日、多くの時間を過ごす職場や家庭で
「ポジティブな感情が生じやすい」あるいは「ネガティブな感情が起きない」環境を
整えることは、とても大切になってくるはずです。科学によって証明された、幸福度が
高まる環境づくりへのヒント――バイリンガルでご紹介します。

 

Think about your office: What feelings does it inspire? People who flank their computers
with pictures of loved ones aren’t just decorating――they’re ensuring a hit of positive
emotions each time they glance in that direction.

たとえば、オフィスは自分をどんな気持ちにさせるだろうと考えてみよう。パソコンの
隣に愛する者の写真を置いている人は、デスクを飾っているのではない。そちらを見る
たびにボジティブな感情がわくことを知っているからだ。

 

Making time to go outside on a nice day also delivers a huge advantage; one study
found that spending 20 minutes outside in a good weather not only boosted positive
mood, but broadened thinking and improved working memory. The smartest bosses
encourage employees to get a breath of fresh air at least once a day, and they reap the
benefits in heightened team performance.

天気のよい日に外へ出ることも、非常に効果が高い。ある研究によれば、いい天気の日
に20分間外で過ごすと、ポジティブな気分が高まるだけでなく、思考の幅が広がり、
作業記憶が改善されるという。賢明な上司は、社員に少なくとも1日に1回は戸外の
新鮮な空気を吸わせるようにしている。それによってチームの業績が高まるのである。

 

We can also change our surroundings to keep negative emotions at bay. If stock tickers
send your mood into a tailspin every time you glance their way, turn off CNBC. For that
matter, you might also try watching less TV in general; studies have shown that the less
negative TV we watch, specifically violent media, the happier we are.

また、ネガティブな感情が起きないように環境を整えることもできる。株式相場の
ティッカーを見るたびに気持ちが落ち込むのであれば、テレビを消せばいい。
あるいは、見る時間全体を減らせばさらにいい。ネガティブな内容のテレビ、特に
暴力的な番組を見ないようにすると、幸福度が高まるという研究結果もある。

 

This doesn’t mean shutting ourselves off from the real world or ignoring problems.
Psychologists have found that people who watch less TV are actually more accurate
judges of life’s risks and rewards than those who subject themselves to the tales of
crime, tragedy, and death that appear night after night on the ten o’clock news. That’s
because these people are less likely to see sensationalized or one-sided sources of
information, and thus see reality more clearly.

これは、現実世界から自分を切り離すということではないし、現実の問題を見て見ない
ふりをするということでもない。心理学者によれば、テレビを見る時間が少ない人は、
犯罪や悲劇や人の死が報道されることの多い夜10時のニュースを見ている人に比べ、
我々の暮らしがどれくらい危険でどれくらいよいことが起きるかという判断を、より
正確にできるという。センセーショナルで情報源の偏った報道に接することが少ない
ので、現実を明確に認識できるのである。

 

 

 

 

The Happiness Advantage: The Seven Principles of Positive Psychology that Fuel Success and Performance at Work

The Happiness Advantage: The Seven Principles of Positive Psychology that Fuel Success and Performance at Work

 

  

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約